ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > スタートアップ推進課 > 【知事会見】A2(Aichi-Austin Innovation Kick-start Program)テキサス大学連携事業の成果について

【知事会見】A2(Aichi-Austin Innovation Kick-start Program)テキサス大学連携事業の成果について

愛知県は、2018年10月に「Aichi-Startup戦略」を策定し、この戦略に沿って、スタートアップ・エコシステムの形成・充実に努めています。

本取組の一環として、世界を代表するスタートアップ・エコシステム先進地の一つである米国・オースティン市において、成長の中心的役割を担ったテキサス大学オースティン校(以下「UTA」という。)と連携し、本県におけるスタートアップ・エコシステムの形成・充実を図る「A2(Aichi-Austin)Innovation Kick-start Program(あいち・オースティン・イノベーション・キックスタート・プログラム)」を2018年度から実施しています。

同プログラムでは、これまで北米展開を志向する県内スタートアップ企業等に対し、UTAの知見を生かした事業加速レポートの提供や、ハンズオン支援を行ってきました。また、先進地域におけるスタートアップ育成の知見を共有するため、インキュベーター・マネージャー(スタートアップ支援機関の責任者)等を対象とした、UTAの専門家による研修を、ワークショップ形式で開催してきました。

この度、昨年度(第2期)までに実施したテキサス大学連携事業支援の成果の概要について、添付ファイルのとおりお知らせします。

テキサス大学連携事業の成果レポート [PDFファイル/434KB]

 

(参考1)テキサス大学オースティン校について

  • 名   称   The University of Texas at Austin
  • 設   立   1883年
  • 組   織   18学部からなる州立総合大学
  • 学生数   51,000人
  • スタートアップ支援経験 :大学内のICスクエア研究所は大学の知識や技術に基づくイノベーション戦略の企画・立案、スタートアップ企業の創出・市場化を支援(3年~10年の長期支援)しており、25カ国(インド、韓国、メキシコ、フィリピン、シンガポール、スウェーデン、トルコ、オーストラリア、カナダなど)において企業支援を実施。アジアでは、韓国・京畿道において1,373の新技術から277を選択し、そのうち122の技術をマーケティングし、75%を成功させている。

(参考2)愛知県と海外の支援機関との連携一覧

海外連携先一覧 [PDFファイル/648KB]

海外連携先一覧サムネイル

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)