ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織からさがす > スタートアップ推進課 > シンガポールスタートアップエコシステム連携事業の参加者を決定しました~Aichi Smart Sustainable City Co-Creation Challenge~

本文

シンガポールスタートアップエコシステム連携事業の参加者を決定しました~Aichi Smart Sustainable City Co-Creation Challenge~

ページID:0376025 掲載日:2021年11月30日更新 印刷ページ表示

 愛知県は、先進的なスタートアップ支援の実績を持つシンガポール国立大学(NUS)と2019年9月に締結した「スタートアップ支援分野における連携協力に関する覚書」に基づき、“スマートサスティナブルシティ” ※1の実現を目的とした産官学共創型のグローバルプログラムを昨年度から実施しています。

 この度、プログラムの参加スタートアップを募集し、国内外から応募があった62社67件についてチャレンジオーナー※2による審査を実施した結果、3つのテーマに参加する9社を決定しました(募集については9月14日発表済み。)。

 また、併せて募集していた、県内外又は東南アジアのスタートアップとのネットワークを有し、本事業のPR等に協力いただく企業や団体「コミュニティパートナー」16社・団体を決定しました。

 今後、参加スタートアップはチャレンジオーナーとともに、各テーマの課題解決に取り組みます。

  ※1 AIやICT等の最先端技術を活用して作る持続可能な社会

  ※2 各テーマと密接な課題を有し、スタートアップ等との共創による課題解決を目指す県内の企業又は団体。今年度は3社・団体を決定(9月14日発表済み。)。

1 プログラム参加者【スタートアップ】

 愛知県、及び株式会社ICMG(アイシーエムジー)(県事業委託先)との協議を踏まえてチャレンジオーナーによる書類審査を実施した結果、以下の9社をプログラム参加スタートアップとして選定しました。

テーマ1「デジタルトランスフォーメーションによる愛知県の産業発展」
~自律モバイルロボット“AiR(エアー)”の活用を起点とした社会課題の解決~
チャレンジオーナー:
株式会社豊田自動織機 (刈谷市)

 
会社名 所在地 アイディア概要
OnClouds(オンクラウズ)株式会社

名古屋市
中村区

AiRを活用したロボット協働プラットフォームの検証

H3 Dynamics Holdings
(エイチスリー ダイナミクス
ホールディングス) Pte. Ltd.

シンガポール

建築物の内部点検作業へのAiRの活用

テーマ2「多様なプレーヤーによる、人口減少社会における持続可能な自治体政策モデルの共創」
~人口減少社会における、持続可能な自治体運営モデルの共創~
チャレンジオーナー:半田市

 
会社名 所在地 アイディア概要
株式会社yaotomi(ヤオトミ) 半田市

クラシティ半田を拠点に、食で彩る産業ブランディング

Lyves Hatcher

(ライブズ ハッチャー) Pte. Ltd.

シンガポール

学生の心理状態をAIによって可視化し、学習効率の向上・個別最適化の実施

ListenField(リッスンフィールド)株式会社

名古屋市
中村区

データを活用し、農作物の植え付けから収穫までを効率化

株式会社Hishab(ヒシャブ) Japan

北海道
札幌市

電話応対業務をAI会話エンジンで完全自動化

テーマ3「すべての人が生涯輝き、活躍できる『Well being(ウェルビーイング)な地域づくり』」
~ヤングケアラーの発見・支援をITで最適化し、愛知県民のWell being向上を実現~
チャレンジオーナー:日本特殊陶業株式会社(名古屋市瑞穂区)

 
会社名 所在地 アイディア概要
ユニロボット株式会社

東京都
渋谷区

AIとの音声対話でヤングケアラーのメンタル状態を把握し、不調予防・早期発見を実現

SoundEye(サウンドアイ) Pte. Ltd.

シンガポール

異常な音を検知する高齢者等の見守り機能により、ヤングケアラーの支援負担を軽減

Opsis(オプシス) Pte. Ltd.

シンガポール

表情分析により、認知症予備軍等の要支援者の早期発見及びヤングケアラーのメンタル状態を可視化

2 プログラム参加者【コミュニティパートナー】

応募のあった16社・団体全てを、コミュニティパートナーとして選定しました。

1 ローカルパートナー

・株式会社三菱UFJ銀行(東京都千代田区)

・NOBUNAGAキャピタルビレッジ株式会社(岐阜県岐阜市)

・株式会社名古屋銀行(名古屋市中区)

・株式会社MTG Ventures(名古屋市中区)

・ミッドランドインキュベーターズ(名古屋市中村区)

・サスティナブル・ストーリー株式会社(名古屋市中村区)

・Tongali(トンガリ)プロジェクト(名古屋市千種区)

・なごのキャンパス(名古屋市西区)

・株式会社スギ薬局(大府市)

・八洲建設株式会社(半田市)

2 グローバルパートナー

・National University of Singapore(シンガポール)

・BLOCK71 Singapore(シンガポール)

・One&Co(シンガポール)

・Sustainable Living Lab(シンガポール)

・e27(シンガポール)

・Action Community for Entrepreneurship(シンガポール)

3 今後のスケジュール

12月~2022年3月 コクリエーション(共創)

チャレンジオーナーとプログラム参加スタートアップ等によるビジネスモデルの作成を以下の手法で支援

・県事業委託先である株式会社ICMGによる共創型の事業モデル創造に向けたファシリテーション、愛知県による実証実験場所提供等の行政的支援

・NUSを始めとするシンガポールのイノベーション関連機関によるイノベ ーションに関する知見共有のためのワークショップ等を実施

2022年1月 中間Demo Day

プログラムを通じて共創中の事業アイデアの発表をすると共に、コミュニティパートナーを始めとする参加者との意見交換を実施し、事業アイデアを改善

2022年3月 Demo Day

   プログラムを通じて作り上げた事業アイデアを発表

4 問合せ先

  愛知県経済産業局スタートアップ推進課 海外連携グループ 辻本、金丸、深尾、戸田

  電話:052-954-7474  メール:startup@pref.aichi.lg.jp