ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 水産課 > 天然親うなぎの2回目の放流を行いました(平成31年2月5日)

天然親うなぎの2回目の放流を行いました(平成31年2月5日)

天然親うなぎを遠州灘へ放流しました(平成31年2月5日)

 愛知県では、ニホンウナギ資源の保護及び増大のため、今年度から愛知県養鰻(ようまん)漁業者協会(名古屋市)と協力して、伊勢、三河湾で漁獲された天然親うなぎを買取り、産卵場の海域へ向かう親うなぎを増やす天然親うなぎ放流事業に取り組んでいます。
 平成30年12月19日(水曜日)の放流に引き続き、平成31年2月5日(火曜日)に漁業調査船「海幸丸」を使い、天然親うなぎ(80尾,約45kg)を遠州灘(渥美半島伊良湖岬から南東約30km)へ放流しました。

放流の様子

放流の様子2
放流の様子2
放流の様子3

標識した天然親うなぎ

イラストマー標識後の親うなぎ
放流した天然親うなぎにはイラストマー蛍光タグ※による標識を行っています。
※イラストマー蛍光タグとはシリコーン状の樹脂を魚体の透明な組織に注入する標識です。

採捕報告のお願い

標識されたうなぎを採捕されましたら、再放流していただき、採捕年月日と採捕場所を下記のいずれかの連絡先まで御連絡下さい。
愛知県水産試験場 内水面漁業研究所 TEL(0563)72-7643(代)
〒444-0425 西尾市一色町細川大岡一の割56の6
愛知県農林水産部水産課 TEL(052)954-6461(ダイヤルイン)
〒460-8501 名古屋市中区三の丸三丁目1番地2号
愛知県養鰻漁業者協会 TEL(052)971-3501(代)
〒460-0002 名古屋市中区丸の内三丁目4番地31号(愛知県漁業協同組合連合会内)

天然親うなぎの放流実績

 
放流日尾数重量
平成30年12月19日(水曜日)120尾約51kg
平成31年 2月 5日(火曜日)80尾約45kg

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)