ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 社会活動推進課 > 「第42回少年の主張全国大会」で愛知県代表の戸塚優羽さんが国立青少年教育振興機構理事長賞を受賞しました

「第42回少年の主張全国大会」で愛知県代表の戸塚優羽さんが国立青少年教育振興機構理事長賞を受賞しました

2020年11月8日(日曜日)発表 

「第42回少年の主張全国大会」で愛知県代表の戸塚優羽さんが国立青少年教育振興機構理事長賞を受賞しました

 本日、「第42回少年の主張全国大会~わたしの主張2020~」の審査結果が独立行政法人国立青少年教育振興機構から発表されました。

 その結果、愛知県が推薦した戸塚優羽(とつかゆう)さん(10月26日(月曜日)発表済み。)が、国立青少年教育振興機構理事長賞を受賞しました。

1 受賞の内容

・賞区分
  国立青少年教育振興機構理事長賞(賞状及び副賞が贈呈されます)

・氏 名
  戸塚 優羽(とつか ゆう)

・学校名、学年
  豊田市立末野原(すえのはら)中学校 3年

・タイトル
  目には見えないもの

・主張要旨
 吃音(きつおん)症という聞き慣れない障害に不安が募ったが、周囲の支えにより「吃音は個性」と捉えられるようになった。ありのままを認められたという経験から、障害を前向きに捉え、挑戦する勇気を得る事ができ、目に見えない悩みを持つ人に気づき、支えられる自分でありたいと決意している。

2 その他

 全国大会には、約25万人の応募者から選ばれた12名が出場し、全員に国立青少年教育振興機構理事長から「奨励賞」が贈られます。

   第42回少年の主張全国大会審査結果 [PDFファイル/151KB]

 主張発表の様子は、11月30日(月曜日)まで、下記Webページで動画により視聴できます。
 【少年の主張全国大会Webページ】
  https://www.niye.go.jp/services/plan/syutyou/

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)