ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 教育・子育て > 子ども・青少年 > 青少年育成・団体活動 > 平成30年度「家庭の日」県民運動啓発ポスターの入賞者が決まりました

平成30年度「家庭の日」県民運動啓発ポスターの入賞者が決まりました

平成30年12月10日(月曜日)発表

平成30年度「家庭の日」県民運動啓発ポスターの入賞者が決まりました

 愛知県では、毎月第3日曜日を「家庭の日」とし、子どもの健やかな成長を願い、家族みんなが顔をそろえて、ふれあいを深めていくために県民運動を実施しています。

 この運動の一環として、県内の小・中・高等学校及び特別支援学校を対象に「家庭の日」県民運動啓発ポスターを募集したところ、24,279点の応募がありました。

 この度、特選(愛知県知事賞)2名を始め、入賞者を決定しましたのでお知らせします。

1 入賞者

  • 【特選】児童の部 : 杉本 京太(すぎもと きょうた) 南知多町立師崎(もろざき)小学校4年

  • 【特選】生徒の部 : 馬場 来夢(ばば らいむ) 小牧市立応時(おうじ)中学校3年

入賞者一覧

  平成30年度「家庭の日」県民運動啓発ポスター入賞者名簿

特選作品

  平成30年度「家庭の日」県民運動啓発ポスター特選作品

2 入賞作品数及び応募総数等

応募総数等

部門

特選

入選

佳作

努力賞

応募総数

学校数

児童(小学生)の部

1点

5点

38点

73点

19,369点

766校

生徒(中学生・高校生)の部

1点

5点

11点

27点

4,910

297校

合計

2点

10点

49点

100点

24,279

1,063校

<参考>

 「家庭の日」とは『家庭』が青少年を健全に育成するために「最も重要な場」であることを認識し、家庭が「いこいの場」となり、また「教育の場」であるとともに「家族の明日の力を生み出すような場」となるために、そのきっかけをつくる日として位置づけられています。愛知県では、子どもの健やかな成長を願い、家族みんなが顔をそろえてふれあいを深めていくための日として、毎月第3日曜日を「家庭の日」とし、また、その普及と啓発のため2月を「家庭の日」県民運動の強調月間としています。
  スローガン “ 親と子の 対話がつくる よい家庭 ”

問合せ

愛知県 県民文化部 社会活動推進課
青少年グループ
担当 風岡・大谷
内線 2483・2534
ダイヤルイン 052-954-6175