ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 社会活動推進課 > 「平成30年度少年の主張愛知県大会」の入賞者が決まりました

「平成30年度少年の主張愛知県大会」の入賞者が決まりました

平成30年8月29日(水曜日)発表 

「平成30年度少年の主張愛知県大会」の入賞者が決まりました

 本日、「平成30年度少年の主張愛知県大会」を、碧南市芸術文化ホールで開催しました。14名の中学生が、自らの生き方、家族、社会問題などをテーマに、それぞれの主張を力強く発表しました。

 審査の結果、別紙1のとおり、最優秀賞(愛知県知事賞)豊田市立井郷中学校の富田真亜玖さんを始めとする入賞者が、決定しました。

 

1 大会の概要

(1)趣 旨
   本年度で40回目を迎える「少年の主張愛知県大会」は、中学生が、日頃の生活を通じて考えていること、実践して  
  いることを広く訴えることにより、中学生自身の社会性と自主性を培うとともに、青少年の健全育成に対する一般県
  民の理解を深めていただくことを目的としています。

(2)日 時
   平成30年8月29日(水曜日) 午後1時から午後4時30分まで

(3)場 所
   碧南市芸術文化ホール エメラルドホール
   碧南市鶴見町1-70-1 (電話 0566-48-3731)

(4)入賞者
     平成30年度少年の主張愛知県大会入賞者 [PDFファイル/158KB]        

(5)応募状況及び発表者の選考
   県内303校、50,572名の作文応募があり、学校選考、地区ブロック審査を経て、14名の発表者を決定
    平成30年度少年の主張愛知県大会応募状況 [PDFファイル/88KB]

(6)審査委員
    平成30年度少年の主張愛知県大会審査委員 [PDFファイル/84KB]

(7)主 催
   愛知県、愛知県青少年育成県民会議、独立行政法人国立青少年教育振興機構

(8)共 催
   愛知県教育委員会、碧南市、碧南市教育委員会

2 全国大会への推薦

 最優秀賞受賞者は、中部・近畿ブロック代表候補者として推薦され、さらに代表に選定された場合は、平成30年11月11日(日曜日)に、国立オリンピック記念青少年総合センター(東京都)において開催される全国大会へ出場します。
 なお、全国大会では、全国5ブロックから選ばれた12名が発表を行います。

問合せ

愛知県 県民文化部 社会活動推進課
青少年グループ
担当 風岡、大谷
内線 2483・2534
ダイヤルイン 052-954-6175

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)