ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 教育・子育て > 子ども・青少年 > 青少年育成・団体活動 > 「クロスボウ」を有害がん具類に指定します

「クロスボウ」を有害がん具類に指定します

「クロスボウ」を有害がん具類に指定します

 愛知県では、県青少年保護育成条例(以下「条例」という。)に基づき、青少年の健全な育成を阻害するおそれのあるがん具類を有害がん具類に指定し、青少年への販売等を禁止しています。
 今回、クロスボウ(銃砲型近代洋弓)の有害性について、県青少年保護育成審議会に諮問したところ、「条例第10条第1項に定められた基準に該当し、青少年の健全な育成を阻害すると認められる」との答申がありましたので、2021年2月1日から有害がん具類に指定することとし、本日付けで告示しましたのでお知らせします。

1 有害がん具類の指定について

(1) 指定年月日
  2021年2月1日
(2) 指定内容

指定内容
品 名構 造機 能

クロスボウ
(銃砲型近代洋弓)

銃型の弓で、銃同様に引き金を引くことで、矢を発射させることができるもの当該クロスボウの矢を装塡し、発射した場合において、発射された矢の有する単位面積当たりのエネルギーが、発射直後で、0.49ジュール毎平方センチメートル*以上を有するもの

*『0.49ジュール毎平方センチメートル』とは、水平射角で矢を発射して、「おおむね発射される矢の先端から3メートル先にある新聞紙5枚以上を貫通する力」に相当する。

(3) 指定の効果
  がん具類取扱業者は、クロスボウを青少年に販売し、頒布し、贈与し、又は貸与することが禁止され、違反した場合は、6月以下の懲役又は50万円以下の罰金が科せられます。
  また、何人も青少年に所持させないようにしなければなりません。

2 その他

 今回の指定について、銃砲火薬店、サバイバルショップ等へ通知するとともに、ホームページ等を通じて県民の方々に広報します。