ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 観光・文化・スポーツ > 文化芸術の振興 > 文化財 > 朝日遺跡考古学講座の参加者を募集します

朝日遺跡考古学講座の参加者を募集します

朝日遺跡考古学講座の参加者を募集します

全国最大規模の弥生集落「朝日遺跡」。そこには、現代へと続く人々の営みがありました。
朝日遺跡考古学講座は、弥生時代と朝日遺跡の最新の研究成果を学ぶとともに、弥生時代の知識や技術を体験・体感することで、歴史・遺跡への理解を深める新しい試みです。
いっしょに弥生時代の「知」を探究してみませんか。

講座の概要

講座1

講座1 「朝日遺跡と弥生時代研究最前線」

朝日遺跡の最新の研究成果を学ぶとともに、史跡貝殻山貝塚、朝日遺跡の現地をめぐります。

内容

日程・場所

講師

講義

「朝日遺跡と弥生時代研究最前線」

10月13日(土曜日)午前10時~正午

キリンビール名古屋工場・ゲストホール

石黒立人(県埋蔵文化財センター専門委員)

宮腰健司(県埋蔵文化財センター副センター長)

実習

「貝塚資料館と朝日遺跡見学ツアー」 ※小雨決行、徒歩で朝日遺跡をめぐります(1時間程度)。

10月14日(日曜日)午前10時~正午

県清洲貝殻山貝塚資料館他

宮腰健司(県埋蔵文化財センター副センター長)

原田幹(県教育委員会文化財保護室主査)

申込等

全2回  定員30人 申込期限9月14日(金曜日)必着

 

講座2

講座2 「朝日遺跡と弥生時代の木材利用」

弥生時代の木材利用と木工技術について学び、復元した弥生時代の斧を用いて木の加工に挑戦します。

内容

日程・場所

講師

講義

「朝日遺跡と弥生時代の木材利用」

11月3日(土曜日)午後1時~4時

場所 清洲市民センター・302視聴覚室

村上由美子(京都大学総合博物館准教授)

樋上昇(県埋蔵文化財センター調査研究専門員)

実習

「石斧・鉄斧による木材伐採・加工体験」 ※小雨決行

11月4日(日曜日)午後1時~4時

県清洲貝殻山貝塚資料館

樋上昇(県埋蔵文化財センター調査研究専門員)

原田幹(県教育委員会文化財保護室主査)

申込等

全2回  定員30人 申込期限10月12日(金曜日)必着

 

講座3

講座3 「大人のための土器づくり入門」

弥生土器はどのように作られ用いられたのか、土器を製作し当時の技術を復元して焼成します。

内容

日程・場所

講師

講義

「大人のための土器づくり入門」

12月15日(土曜日)午後1時~4時

清洲市民センター・302視聴覚室

小林正史(北陸学院大学教授)

永井宏幸(県埋蔵文化財センター調査研究専門員)

実習

「土器を作る」

 

12月16日(日曜日)午後1時~4時

清洲市民センター・201集会室

岡安雅彦(安城市青少年の家所長)

原田幹(県教育委員会文化財保護室主査)

実習

「土器を焼く」 ※小雨決行

1月26日(土曜日)午前10時~午後4時

県清洲貝殻山貝塚資料館

永井宏幸(県埋蔵文化財センター調査研究専門員)

原田幹(県教育委員会文化財保護室主査)

申込等

全3回  定員30人 申込期限11月16日(金曜日)必着

申込み方法

往復はがきまたはメールでお申し込みください。
定員は各講座30人となっています。
申込者多数の場合は抽選にて決定します。
受講決定は、往復はがき申込みの場合は本人用返信はがきで、メール申込みの場合はメールで通知します。
受講決定は、各講座申込期限後1週間を目処に通知します。結果が届かない場合は、県教育委員会文化財保護室にお問い合わせください。
※申込み方法の詳細は添付のチラシをご覧ください。

講座チラシ

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)