ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 生涯学習課 > 地域で家庭教育や子育てを支援する家庭教育支援者を養成する講座を開催します

地域で家庭教育や子育てを支援する家庭教育支援者を養成する講座を開催します

 近年、核家族化や共働き家庭やひとり親家庭の増加、地域のつながりの希薄化など、家庭を取り巻く環境が変化をしてきています。また、子育ての悩みや不安をもつ家庭が増加をしています。このような状況に対して、地域全体で子育て中の保護者や家庭教育を支援することが必要となってきています。
 そのような、地域で子育て中の保護者や家庭教育(子育て)を支える立場となるための講座を開催します。
 「子育ての中の家族の相談相手になりたい。」「子育ての応援をしたい。」「子育てや家庭教育支援の勉強をしたい。」「ボランティアをしたい。」と考えている方、気軽に参加してみませんか。

[top]

令和3年度「親の育ち」家庭教育支援者養成講座 【募集を終了しました】

○令和3年度の募集は8月20日(金曜日)に終了しました。多数の申込み、ありがとうございました。

本年度から、令和2年度までの講座と内容等を変更して開催します。
  ★詳細はこちら(令和3年度「親の育ち」家庭教育支援者養成講座 ちらし) >>
  ★「親の育ち」家庭教育支援者養成講座 Q&Aはこちら >>

 ○令和2年度までの「親の育ち」子育てネットワーカー養成講座と「親の育ち」「家庭教育支援者スキルアップ講座」を一本化します。

   ・令和2年度までの講座についてはこちら
       「親の育ち」子育てネットワーカー養成講座   >>
       「親の育ち」家庭教育支援者スキルアップ講座 >>

 

1 開催場所

  尾張会場:「愛知県生涯学習推進センター」 研修室A
          (愛知県東大手庁舎2階 名古屋市中区三の丸3-2-1)
  三河会場:「愛知県西三河総合庁舎」10階 大会議室 
          (岡崎市明大寺本町1-4)

2 修了条件について

  • 講座内容にあるAからFの全ての単位(計6単位)を取得した方に修了証を交付します。
  • 単位の取得は、複数年にわたっても構いません。(詳細はこちら Q&A

3 講座内容及び開催日時について

講座内容及び開催日時
単位講座内容開催日時
尾張会場
※オンライン対応
三河会場
【単位A】
 子供の特性と保護者支援(乳幼児期編)
乳幼児期の子供の特徴と保護者への支援について
 講師:NPO法人子育て支援を考える会TKOTOKO
                理事長 坂  鏡子 氏
9月21日(火曜日)
午前10時から正午
9月28日(火曜日)
午前10時から正午
【単位B】
 子供の特性と保護者支援(幼児期編)
幼児期の子供の特徴と保護者への支援について
 講師:名古屋学芸大学 教 授 渡辺  桜 氏
9月21日(火曜日)
午後1時から3時
9月28日(火曜日)
午後1時から3時
【単位C】
 子供の特性と保護者支援(児童期編)
児童期の子供の特徴と保護者への支援について
 講師:愛知教育大学  教 授 野平 慎二 氏
10月1日(金曜日)
午前10時から正午
9月22日(水曜日)
午前10時から正午
【単位D】
 子供の特性と保護者支援(思春期編)
思春期の子供の特徴と保護者への支援について
 講師:愛知教育大学  准教授 高橋 靖子 氏
10月1日(金曜日)
午後1時から3時
10月5日(火曜日)
午前10時から正午
【単位E】
 講座運営
地域における子育てネットワーカーとしての家庭教育支援について
 講師:子育てネットワーカー  宮崎 初美 氏
 講師:子育てネットワーカー  志村 貴子 氏
9月14日(火曜日)
午後1時から3時
10月5日(火曜日)
午後1時から3時
【単位F】
 一般教養
オンライン会議システム(Zoom等)の運用方法について
 講師:いぬやまe-コミュニティネットワーク
9月14日(火曜日)
午前10時から正午
9月22日(水曜日)
午後1時から3時
  •  【単位F】一般教養:「オンライン会議システムの運用方法」では、体験型の研修内容とします。普段お使いのパソコンやタブレット、スマートフォン等の準備への御協力をお願いします。
  • 2会場に分けての受講となっても構いません。
  • 新型コロナウイルス感染症の拡大状況によって、変更となる場合があります。
  • 尾張会場の開催日では、オンラインでの参加も可能です。

4 定員

 各会場30名

5 募集期間 ※募集は終了しました。

 令和3年6月21日(月曜日)~令和3年8月20日(金曜日)

6 申込方法

  • チラシの裏面にある受講申込に必要事項を記入し、ファックス又は電子メール等で送付
  • 以下にある申込様式をダウンロード、必要事項を記入し、ファックス又は電子メール等で送付
  • 必要事項を電子メールの本文欄に記載し、送付

  申込様式はこちらからダウンロード(Excel) >>

「親の育ち」家庭教育支援者養成講座 Q&A

 家庭教育支援者養成講座について、Q&A形式で御紹介します。
 

 Q 今回の講座は、どのような人が受講できるの?

  • 家庭教育支援や子育て支援に関心がある方
  • 市町村において家庭教育支援や子育て支援活動に現在従事している方
  • 子育てに関するグループに所属して活動している方、子ども会やPTA等の指導者として活動している方、またはこれらの経験のある方

Q 受講料はかかるの?

  • 無料です。ただし、会場までの交通費は自己負担をお願いします。また、講座によってはオンラインでの開催となる場合があります。その際の通信料は自己負担をお願いします。

Q 都合が悪く、受講できない講座がある場合はどうしたらよいの?

  • 修了証をお渡しすることはできませんが、ぜひ、興味がある講座だけでも受講をしてください。
  • 本講座は、今年度から「単位制」としました。来年度以降、今回、受講できなかった単位を取得することで修了証を受け取ることが可能となりました。
    (今年度、単位A・C・D・Eを取得した場合、来年度以降は単位B・Fを取得すれば修了となります。)

Q 受講の可否はどうやって決まるの?

  • 受講は先着順に30名を予定しています。30名を超えた場合、受講をお断りすることがあります。なお、申し込まれた方全員に、受講の可否をファックス、又は、電子メールでお知らせします。

Q 講座修了後はどうなるの?

  • 6つの単位を全て取得された方に修了証をお渡しします。
  • 各地域で活躍していただくために、希望される方は、「子育てネットワーカー名簿」に登録します。そして、その名簿を市町村教育委員会や子育て関係部局に配布します。
  • 各地域で活躍していただくために、希望される方は、県が行う「親の育ち」家庭教育研修会の講師として登録します。

Q  「子育てネットワーカー」って何?

  • この受講を修了し、乳幼児から小中学生の子をもつ親の家庭教育や子育てについての相談に気軽に応じたり、子育てグループのリーダーとして活動したりする方のことです。

Q 昼食はどうすればよいの?

  • 昼食休憩は1時間を確保します。会場周辺には飲食店やコンビニエンスストアがあります。また、会場で昼食をとっていただいても構いません。

Q オンラインで参加した場合の単位取得はどうなるの?

  • オンラインでの参加の場合、受講後、簡単なレポート(感想)を提出していただきます。そのレポートの提出により受講完了、単位取得とします。

Q オンラインで参加する場合、どうすればよいの?

  • オンラインで参加を希望される方には、申し込み後、後日、接続方法等について御連絡します。
  • オンラインでの参加にあたっては、受講申込書に、必ずメールアドレスを記載してください。
  • オンライン会議システムは「Cisco Webex Meetings」を使用します。
  • 自宅等で、安定してインターネットに接続できる環境を確保してください。
  • 通信料は参加者自身で御負担していただきます。
  • 事前に接続テストを行うなど、接続に向けたお手伝いをします。

Q 一般教養の「オンライン会議システムの運用方法について」はどのような内容なの?

  • Zoom等のオンライン会議システムを実際に体験しながら、参加や運営方法について学ぶ内容です。
  • 各地域でオンラインでの講座や研修会での活用を目指しています。
  • 普段お使いのパソコンやタブレット、スマートフォン等を御準備いただくと、充実した内容となります。

[topへ]

「親の育ち」家庭教育支援者スキルアップ講座


「あいちっこ『親の学び』学習プログラム」を活用した家庭教育研修会の講師を務めることができるよう、知識・技能の向上を図る講座を開催します。

   R1「親の育ち」家庭教育支援者スキルアップ講座 開催案内 ※終了しています。

    ◆ 「あいちっこ『親の学び』学習プログラム」とは >>

    ◆ 講座開催結果はこちら >>

[topへ]

「親の育ち」子育てネットワーカー養成講座


「子育ての中の家族の相談相手や子育ての応援をしたい。」と考えている人に、家庭教育支援や子育て支援の基礎を学ぶ講座を開催します。

   R2「親の育ち」子育てネットワーカー養成講座 開催案内  ※終了しています。

    ◆ 「子育てネットワーカー」とは >>

    ◆ 講座開催結果はこちら >>

[topへ]

親子

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)