ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

家庭教育

家庭教育支援

3家庭教育は人間形成の土台をなすものであり、全ての教育の出発点です。愛知県では、家庭教育の担い手である保護者を始め社会の大人全体で子供を育む、総合的な家庭教育支援体制の充実を図るため、「相談活動の充実」、「学習機会の提供」、「指導者の育成」、「地域活動の推進」、「啓発活動」の5点を基本的な柱として、事業を展開しています。

1 相談活動の充実

子供の教育に関して悩みをもつ保護者に対し、家庭教育相談員(家庭教育コーディネーター)が訪問や電話による相談活動を行ったり、不登校児童生徒の話し相手や遊び相手となるホームフレンドの派遣を行ったりしています。

ホームフレンドの派遣

相談窓口一覧

2 学習機会の提供

幼稚園、保育所、小中学校、企業等に講師を派遣し、子供の発達段階に応キャリア教育じた研修会を開催するなど、学習機会の提供を行っています。

「親の育ち」家庭教育研修会

「あいちっこ家庭教育応援企業」

3 指導者の育成

地域において保護者からの子育てについての相談に気軽に応じたり、子育てサークルなどの活動を中心となって支援したりする家庭教育支援者の養成・育成を行っています。

家庭教育支援者を養成・育成する講座

 ○ 令和2年度「親の育ち」子育てネットワーカー養成講座を開催します。 New

  ※ 令和2年度「親の育ち」子育てネットワーカー養成講座開催案内 [PDFファイル/464KB]

  ※ 受講申込書 [Excelファイル/12KB]

  ※ 本年度は、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、定員を減らし、広い会場で開催します。

4 地域活動の推進

子育てネットワーカーを始めとする家庭教育支援者や行政関係者が市町村をこえた情報交換を通して、地域におけるきめ細かな家庭教育支援活動の充実に努めています。

地区家庭教育推進協議会

各地区で活躍する子育てネットワーカー

 ※ 子育てネットワーカー活動事例集  

5 啓発活動

家庭教育支援の充実に向けて県が実施したアンケートの調査結果や「保護者の学び」に役立つ資料の提供を行っています。

家庭教育に関する調査研究

 あいちっこ「親の学び」学習プログラム(H22年度版、H27年度版、H30年度資料編)

あいちっこ「親の学び」リーフレット(小学校入学編・中学校入学編

家庭教育手帳(文科省資料)

4

 

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)