ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 生涯学習課 > 家庭教育に関する調査研究

家庭教育に関する調査研究

愛知県では、家庭教育に関する各種アンケート調査を実施し、その結果を基に今後の県における家庭教育支援の在り方についての検討を進めています。

令和元年度 家庭教育に関する調査研究

今回の調査は、家庭教育の状況や考え方、必要な家庭教育支援に関すること、また、家庭でのコミュニケーションやルールづくり、スマートフォン、インターネットに関することについて、保護者の意識を把握するために実施しました。

1 調査研究概要

 ○ テーマ    「家庭教育に関する保護者の意識の実態と今後の家庭教育支援の在り方」

            - 家庭教育支援の充実に向けた保護者の意識等実態調査より -

 ○ 調査対象  愛知県内の幼稚園・保育園年長児、小学校2年生、小学校6年生、中学校3年生をもつ保護者

 ○ 回収数     2,731人   ※ 対象者数 3,049人 (回収率:89.6%)

 ○ 調査期間  令和元年10月1日~10月8日

 ○ 調査方法  質問紙法(マークシートによる回答処理)

 ◆ 令和元年度 家庭教育に関する調査研究

3 調査結果と考察

(1) 回答者のプロフィール

 ◆ 回答者のプロフィール

(2)  家庭教育に関する状況や考え方について

 ◆ 子供と関われる時間の有無

 ◆ 子供に身に付けさせたいこと

 ◆ 家庭教育(子育て)で心掛けていること

 ◆ 家庭教育(子育て)の自己評価

 ◆ 家庭教育(子育て)に関する悩みや不安

平成29年度 家庭教育に関する実態調査

 県内の53市町村(名古屋市を除く)の家庭教育担当部局を対象に、「家庭教育支援者(子育てネットワーカーを含む)」に関するアンケート調査を実施しました。

 平成29年度 「家庭教育支援者」に関する実態調査 [PDFファイル/2.3MB]

平成28年度 家庭教育に関する調査研究

県内の幼稚園・こども園の年長児、小学校2年生、小学校6年生、中学校3年生の保護者を対象に、「家庭教育に関する保護者の意識と地域における家庭教育支援の在り方」に関するアンケート調査を実施しました。

 平成28年度 家庭教育に関する調査研究 [PDFファイル/4.77MB]

平成25年度 家庭教育に関する調査研究

県内の小学2年生、4年生、6年生の保護者対象に、「子供の成長に伴う、家庭生活の状況と家庭教育に関する保護者の意識変化」に関するアンケート調査を実施しました。

 平成25年度 家庭教育に関する調査研究 [PDFファイル/6.37MB]

自転車

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)