ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 社会活動推進課多文化共生推進室 > 2021年度「外国人県民による多文化共生日本語スピーチコンテスト」を開催します~本選出場者20名が決まりました!!~

2021年度「外国人県民による多文化共生日本語スピーチコンテスト」を開催します~本選出場者20名が決まりました!!~

2021年度「外国人県民による多文化共生日本語スピーチコンテスト」を開催します~本選出場者20名が決まりました!!~

★コンテスト当日は、関係者以外の方は会場に入場できませんので、御了承ください。また、会場付近での待機なども御遠慮いただきますので、御理解と御協力のほどよろしくお願いします。

 

 愛知県では、外国人県民が自分の思いや考えを日本語で伝えようとする意識の高揚を図るとともに、多文化共生に対する県民の理解を促進するため、2015年度から、「多文化共生日本語スピーチコンテスト」を開催しています。(※2021年度コンテストの出場者募集は、2021年4月6日に記者発表済み。)
 この度、第一次審査の結果、20名の本選出場者を決定しましたのでお知らせします。
 本選は、2021年8月21日(土曜日)に、愛知県図書館で行います。
 なお、当日は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、一般観覧者は入れず、本選出場者の関係者(保護者・学校教諭・職場関係者等)のみ、事前に人数を制限した上で入場いただき、実施します。

1 日時

2021年8月21日(土曜日)午後1時から午後4時40分まで (開場:午後0時30分)

2 会場

愛知県図書館 5階 大会議室(名古屋市中区三の丸一丁目9-3)
電話:052-212-2323

3 発表者

20名(小学生の部10名、中学生の部4名、高校生以上一般の部6名)

4 スケジュール

 

 
時間内容
13時00分開会
13時05分スピーチコンテスト
15時00分講演会

テーマ:「夢を持つことの大切さ」

講 師:Man to Man 株式会社 プロジェクト SORTEマネージャー

村山(むらやま) グスタボ 秀夫(ひでお) 氏

16時10分結果発表・表彰
16時30分講評
16時40分閉会

 

5 表 彰

(1)最優秀賞:1部門につき1名、計3名(副賞:図書カード 10,000円分)
(2)優秀賞:1部門につき1名、計3名(副賞:図書カード 5,000円分)
(3)特別賞:3部門合わせて計3名(副賞:図書カード 5,000円分)
(4)奨励賞:(1)~(3)以外のコンテスト本選出場者(副賞:図書カード 3,000円分)

6 結果の公表

審査の結果は、コンテスト当日(8月21日(土曜日))午後6時頃に、県多文化共生推進室Webページにて公開します。
URL:https://www.pref.aichi.jp/soshiki/tabunka/

7 講師プロフィール

講 師:Man to Man 株式会社 プロジェクト SORTEマネージャー 村山(むらやま) グスタボ 秀夫(ひでお) 氏

 ブラジル出身。6歳で来日し、千葉県から愛知県豊田市に移り住み、日本の小・中・高校に通い、専門学校を経て就職。地域の活動に積極的に関わるほか、外国人団体と日本人団体の橋渡し役としても活躍。
 現在、人材派遣会社「Man to Man 株式会社」にて、日系ブラジル人を対象とした「プロジェクトSORTE」のマネージャーを担当。ブラジルルーツを始め、様々な国にルーツを持つ社員の経験やマンパワーを活かした事業を展開している。
講師写真

8 その他

新型コロナウイルス感染症の影響等により、変更又は中止となる場合があります。(変更の際には、県多文化共生推進室Webページでお知らせします。)

<参考> 2021年度「外国人県民による多文化共生日本語スピーチコンテスト」について

1 募集対象

 愛知県内に在学、在勤又は在住する者かつ母語(※)が日本語以外の者で、次の(1)から(3)に示す部門別の年齢等の要件を満たす者。

 (※母語…個人が最初に接触、あるいは習得する言語)

(1)小学生の部

小学生又は2009年4月2日から2015年4月1日までに生まれた者

(2)中学生の部

中学生又は2006年4月2日から2009年4月1日までに生まれた者

(3)高校生以上一般の部

   2006年4月1日以前に生まれた者

2 募集期間

2021年4月6日(火曜日)から2021年6月22日(火曜日)まで

3 応募者数

146名(小学生の部75名、中学生の部30名、高校生以上一般の部41名)

4 審査方法

(1)第一次審査(2021年7月7日(水曜日))

   審査員がスピーチ原稿により本選出場者を選考

(2)最終審査

   審査員が出場者のスピーチを聞いて審査し、最優秀賞等を選考

(3)審査内容

 
 第一次・本選共通本選のみ
日本語能力言葉遣い流暢性
論旨・論調構成・展開、オリジナル性、効果表現力

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)