ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 愛知県図書館 > 愛知県図書館 リベラルアーツカフェ(第2~4回)を開催します

愛知県図書館 リベラルアーツカフェ(第2~4回)を開催します

愛知県図書館 リベラルアーツカフェ(第2~4回)を開催します

愛知県図書館では、学問や技芸の専門家をお招きし、県民の皆様を新たな「知」の世界へ誘(いざな)う「リベラルアーツ※カフェ」を開催しています。(今年度第1回については6月13日(木曜日)記者発表済み)

今年度の第2回は「あいちトリエンナーレから見る四(し)間道(けみち)・円(えん)頓寺(どうじ)」、第3回は「日記からたどる 新美南吉と音楽」、最終回の第4回は「イプセンの『幽霊』を読んでみよう!」のテーマで開催します。あわせて、テーマに沿った関連展示も実施します。

是非、御来場、御参加ください。

※ リベラルアーツ:一般教養を目的とした諸学科(『広辞苑』より)

1 会 場

 

愛知県図書館 1階 エントランス Yotteko(ヨッテコ)

(所在地:名古屋市中区三の丸一丁目9番3号 電話:052-212-2323)

 

2 開催概要

 

 

 開催概要

テーマ

開催日

講 師

 

<第2回>

 

「あいちトリエンナーレから見る四間道・円頓寺」

2019年

8月23日(金曜日)

あいちトリエンナーレ2019

アシスタントキュレーター(四間道・円頓寺担当)

小林(こばやし) 麻衣子(まいこ) 氏 

 

8月1日から10月14日まで開催される、あいちトリエンナーレ2019では、愛知県図書館に程近い円頓寺商店街も会場となっていることから、あいちトリエンナーレ2019のみどころや、四間道・円頓寺の魅力などを紹介します。

 

<第3回>

 

「日記からたどる 新美南吉と音楽」

2019年

10月18日(金曜日)

ピアニスト・大学非常勤講師

加藤(かとう) 希(き)央(お) 氏

 

「ごん狐」で知られる新美南吉の日記には、西洋音楽に関する記述が残されています。ベートーヴェンやショパンなど作曲家の名前や曲名、また音楽用語について勉強した様子もみられます。29歳7ヶ月の生涯、南吉はどこで、誰と、どのような音楽を聴いていたのでしょう。南吉に縁ある当時の音源等も紹介しながら、南吉と音楽との関わりについてお話します。

 

 

 

 

<第4回>

 

「イプセンの『幽霊』を読んでみよう!」

2019年

12月6日(金曜日)

愛知県芸術劇場 プロデューサー

山本(やまもと) 麦子(むぎこ) 氏

イプセンの戯曲『幽霊』を、一緒に声を出して読んでみませんか。ふだん読みづらい戯曲も、声に出すと生き生きと立ち上がってきます。楽しく戯曲の世界を体験してみましょう!

 

 

 

  • 開催時間:午後6時から午後7時(第4回のみ午後7時30分)まで

        (開場時間は午後5時30分)

 

  • 下記の期間において、1階エントランスYotteko(ヨッテコ)で、各回のテーマに関連する資料の展示も行います。

 

<第2回> 2019年7月12日(金曜日)~10月 9日(水曜日)

<第3回> 2019年10月11日(金曜日)~11月13日(水曜日)

<第4回> 2019年11月15日(金曜日)~12月19日(木曜日)

 

3 参加費・申込み

 参加費無料・申込不要 

  • どなたでも御参加いただけます。ただし、第4回については、定員30名・先着順

 

  • 図書館で開催される各種イベントの詳細については、Webサイトを御覧ください。

https://www.aichi-pref-library.jp/

 

4 お問合せ

愛知芸術文化センター愛知県図書館 総務課企画グループ

〒460-0001 名古屋市中区三の丸一丁目9番3号

電話 052-212-2323 内線216・218

FAX 052-212-3674