ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 観光・文化・スポーツ > 文化芸術の振興 > 文化・芸術 > 愛知県陶磁美術館 企画展 「煎茶―山本梅逸と尾張・三河の文人文化―」 を開催します

愛知県陶磁美術館 企画展 「煎茶―山本梅逸と尾張・三河の文人文化―」 を開催します

愛知県陶磁美術館 企画展 「煎茶―山本梅逸と尾張・三河の文人文化―」 を開催します

日本における煎茶は、黄檗僧(おうばくそう)であった売茶翁(ばいさおう)・高遊外(こうゆうがい)(1675-1763)によって、京都を中心とした知識人の間に広められました。そして、江戸時代後期に、抹茶を喫する伝統的な「茶の湯」の形式化が進んでいたことへの反発に加え、同時代の中国文化への憧れを基調とした文人趣味の勃興によって急速に普及し、明治時代前期頃までは煎茶文化の大流行が続きました。

 本展覧会は、売茶翁・高遊外所持を含む数々の煎茶具を紹介するとともに、江戸時代後期から明治に華開いた尾張・三河の煎茶文化を、名古屋出身の文人画家・山本梅逸(ばいいつ)(1783-1856)と三河の八橋売茶翁・方巌(ほうげん)(1760-1828)、中国から渡来し常滑に朱泥急須の技術を伝えた金士恒(きんしこう)(生没年不詳)などにスポットを当てて紹介します。

 

みどころ

■《朱泥茶銚(しゅでいちゃちょう) 銘紅顔少年(こうがんしょうねん)》をはじめとする煎茶具の数々を一堂に紹介します。

中国の文人文化と密接に関係する煎茶では、茶銚(急須)や煎茶碗のほか、火をおこすための涼(りょう)炉(ろ)、香炉、香盆、棚などの様々な工芸品が用いられます。本展覧会では、明治時代を代表する文人として知られた奥蘭田(おくらんでん)が美少年の趣があるとして高く評価した《朱泥茶銚 銘紅顔少年》や、煎茶中興の祖として知られる売茶翁・高遊外所持の道具など、魅力的な煎茶具の数々を紹介します。

■名古屋出身の文人画家・山本梅逸の作品などを通じて、愛知の文人文化を紹介します。

山本梅逸は、画家としての名声はもちろんのこと、煎茶を嗜んだ文人としてもよく知られています。本展では、山本梅逸、愛知の煎茶文化形成に大きな役割を果たした八橋売茶翁、常滑の朱泥急須作りに影響をもたらした金士恒のほかに、瀬戸や常滑で制作された煎茶具、渡辺崋山ら愛知にゆかりのある文人の作品を紹介します。

1 会  期

平成28年1月16日(土)から3月27日(日)まで

 *休館日:毎週月曜日(ただし3月21日(月・祝)は開館、3月22日(火)は休館)

 

2 開会式

日時:平成28年1月16日(土)午前10時30分から午前11時まで

場所:愛知県陶磁美術館 本館1階ロビー

 

3 開館時間

午前9時30分から午後4時30分まで(入館は午後4時まで)

4 会場

愛知県陶磁美術館 本館 第1・第2展示室

5 主催

愛知県陶磁美術館

6 共  催

中日新聞社

7 後援

愛知県教育委員会、愛知高速交通株式会社(リニモ)、一般社団法人全日本煎茶道連盟

8 主な展示作品等

(※高解像度の広報用画像がございます。担当まで問合せください。)

1.朱泥茶銚 銘紅顔少年


1.朱泥茶銚 銘紅顔少年
  中国・宜興窯(ぎこうよう)(玉川珍(ぎょくせんちん)銘)
  清時代 
  個人蔵
 明治時代を代表する文人の奥蘭田が自身の著『茗壺図録』において紹介した中国・宜興窯の作品。たたずまいの美しさから、美少年になぞらえて紅顔少年と名付けられている。

2.竹編提梁式提籃

2.竹編提梁式提籃(たけあみていりょうしきていらん)
  伝・売茶翁・高遊外所持
  個人蔵
 煎茶中興の祖として、今日の煎茶道の礎を築いた売茶翁・高遊外が所持していたとされる提籃。この中に種々の煎茶具を入れて持ち歩き、煎茶の手前に用いた。非常に精巧な造りであり、さりげなさの中に工芸の粋が凝縮されている。

3.桐蔭(とういん)煎茶図

3.桐蔭煎茶図(とういんせんちゃず) 山本梅逸
  江戸時代
  個人蔵
 名古屋出身の文人画家・山本梅逸の画。梅逸は、その絵が煎茶界の中で高く評価されただけでなく、自らも煎茶に造詣が深く、煎茶を語る上で欠かせない人物の一人。本図は、煎茶を嗜む中国の文人の姿が描かれたもので、梅逸の煎茶趣味を窺い知ることのできる一点。

4.涼炉 霞(か)傾(けい)宝(ほう)鼎(てい)

4.涼炉 霞傾宝鼎(かけいほうてい)
 八橋売茶翁遺愛
 江戸時代
 個人蔵 
 八橋売茶翁・方巌は、福岡に生まれ、京都で参禅、売茶流煎茶の奥義を相国寺の大典禅師から伝授された。その後、江戸に出たのち、三河の八橋で在原寺を再興、次いで無量寿寺を再建した。
 この涼炉は、八橋売茶翁・方巌が愛用したもので、舌のように突き出た灰受は、煎茶が屋外から屋内で嗜まれるようになったために設けられたものである。

9 関連イベント

●煎茶会

・日時:①1月16日(土) 11時から

     ②3月27日(日) 11時から

・呈茶券500円 

・先着50名

  ・会場:①本館 展示説明室 

       ②本館 ロビー

*煎茶会は会期中に追加開催する予定です。日時等、詳細が決まり次第、当館公式Webサイトにてご案内いたします。


 

●記念講演会①「煎茶文化の展開-幕末~明治初期を中心に-」

・日時:1月23日(土) 13時30分から15時まで

・会場:本館 地下講堂

・講師:守屋雅史氏(大阪市立美術館学芸課長)

・参加:無料、事前申込不要

 

 

●記念講演会②「時代の煎茶器」

・日時:2月6日(土) 13時30分から15時まで

・会場:本館 地下講堂

・講師:高取友仙窟氏(煎茶道売茶流家元)

・参加:無料、事前申込不要

 

●記念講演会③「唐物煎茶器の展開」

・日時:3月5日(土) 13時30分から15時まで

・会場:本館 地下講堂

・講師:森 達也氏(沖縄県立芸術大学教授)

・参加:無料、事前申込不要

●担当学芸員による展示解説

・日程:1月30日(土)、2月20日(土)、3月12日(土)

 いずれも13時30分から1時間程度

・参加:無料(但し観覧券が必要) 当日自由参加

 

   ※関連イベントの詳細は当館公式WEBサイトをご覧ください。

 

toujicchi

問合せ

愛知県 陶磁美術館

電話: 0561-84-7474

E-mail: touji@pref.aichi.lg.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)