ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 陶磁美術館 > 愛知県陶磁美術館 開館40周年記念特別企画展 瀬戸―かく焼き繋ぎ 江戸時代の本業と新製を開催します。

愛知県陶磁美術館 開館40周年記念特別企画展 瀬戸―かく焼き繋ぎ 江戸時代の本業と新製を開催します。

愛知県陶磁美術館 開館40周年記念特別企画展

瀬戸―かく焼(や)き繋(つな)

江戸時代の本業と新製

会期:平成30年1027日(土曜日)~1216日(日曜日)

 

 

同時開催   愛知県陶磁美術館 開館40周年記念テーマ展示

『愛知県史別編 文化財5 工芸』刊行記念

愛知うつわ物語

―江戸・明治のやきもの―

会期:平成30年1027日(土曜日)~1216日(日曜日)

 瀬戸では、在地の窯屋(かまや)に加え江戸時代初期に尾張藩により美濃より召還された窯屋などにより陶器生産が盛んとなっています。その後、江戸時代後期に磁器生産が本格化しました。このため、従来より行ってきた陶器生産を本来の仕事という意味、さらに、それに対する自負を込めて、自らの仕事を「本業(ほんぎょう)」と呼び、磁器生産は「新製(しんせい)」と呼び分けることとなりました。明治時代には、工芸品の海外輸出が本格化する中で、瀬戸の磁器製品は世界を舞台に脚光を浴びました。瀬戸は、このように「焼き繋ぎ」ながら現在の姿を形作ったのです。
  本展は江戸時代を通して瀬戸の本業と新製を取り上げ、その代表的作品、記年銘(きねんめい)のある作品などを展示し、現在の窯業地・瀬戸の礎となったやきものづくりを紹介するものです。

 

1 会  期   平成30年10月27日(土曜日)から12月16日(日曜日)まで *休館日:毎週月曜日

 

開館時間  午前9時30分から午後4時30分まで(いずれも入館は閉館30分前まで)

            *ただし、10月27日(土曜日)は午前11時から午後4時30分まで

            (入館は午後4時まで)

 

3 会  場   愛知県陶磁美術館 本館 第1・第2展示室

 

4 主  催  愛知県陶磁美術館

 

5 共  催   中日新聞社

 

6 後  援  愛知県教育委員会、愛知高速交通株式会社(リニモ)

7 主な展示作品  別紙のとおり

みどころ

◆瀬戸―かく焼き繋ぎ 江戸時代の本業と新製

 瀬戸の「陶器」と「磁器」を一度に紹介する当館初の展覧会
碗、徳利、片口といった日用生活品から茶道具や花器、植木鉢といった特別注品まで江戸時代の生活と文化を担い、大きく発展した瀬戸の本業(ほんぎょう)(陶器)と新製(しんせい)(磁器)製作を初めて本格的に紹介する展覧会です。

◆愛知うつわ物語―江戸・明治のやきもの―

県史に登場するやきものの実物が見られます
『愛知県史 別編 文化財5 工芸』の刊行にあわせ、本書で取り上げる県内各地の陶磁生産地を概観します。

8 関連行事

(1)記念鼎談「瀬戸-かく焼き繋ぎ」

日時:11月4日(日曜日) 午後1時30分〜午後3時

会場:愛知県陶磁美術館 本館 地下講堂

   内容:重鎮三名が瀬戸のこれまでとこれからを語る

   講師:仲野泰裕(なかのやすひろ)氏(元・愛知県陶磁美術館副館長)

      服部文孝(はっとりふみたか)氏(瀬戸市美術館長)

      前田 博(まえだ ひろし)氏(尾張古陶磁研究家)

      *聴講無料、事前申込不要。定員200名。

 

(2)ふれる作品鑑賞会「ふれて楽しむ瀬戸」

   日時:12月1日(土曜日) 

【1回目】午前10時30分〜正午 【2回目】午後1時30分〜午後3時

   会場:愛知県陶磁美術館 本館内

   講師:仲野泰裕(なかのやすひろ)氏(元・愛知県陶磁美術館副館長)

   *参加無料、要事前申込。各回定員15名。

     応募は、住所(メールでお申し込みの方はメールアドレス)・氏名・年齢・電話番号を御記入の上、

    「往復はがき」または「メール」にて陶磁美術館宛て送付・送信してください。

      応募締切:11月24日(土曜日)必着(応募多数の場合は抽選)

 

(3)スペシャルギャラリートーク

 日時:11月17日(土曜日) 午後1時30分〜午後2時30分

 会場:愛知県陶磁美術館 本館1階 第2展示室

 講師:宮内庁管理部庭園課職員

    *参加無料、事前申込不要。ただし本展観覧券が必要。

 

(4)ギャラリートーク

日時:【第1回】10月28日(日曜日)、【第2回】11月25日(日曜日)

【第3回】12月  9日(日曜日)、【第4回】12月15日(土曜日)

いずれも午後1時30分〜午後2時30分

   会場:愛知県陶磁美術館 本館1階 第1・第2展示室

   講師:当館学芸員(第1回、第3回)

      仲野泰裕(なかのやすひろ)氏(第2回、第4回)

      *参加無料、事前申込不要。ただし本展観覧券が必要。

 

(5)ワークショップ

  「やきものの技法から瀬戸を知る 染付 眞窯(しんがま)・加藤眞也(かとうしんや)」

   日時:11月18日(日曜日) 午後1時30分〜午後3時30分

   会場:愛知県陶磁美術館 陶芸館

   講師:加藤眞也(かとうしんや)氏(眞窯(しんがま))

   *参加料:大人1,160円、中学生以下1,040円。要事前申込。定員20名。

     応募は、住所(メールでお申し込みの方はメールアドレス)・氏名・年齢・電話番号を御記入の上、

    「往復はがき」または「メール」にて陶磁美術館宛て送付・送信してください。

      応募締切:11月6日(火曜日)必着(応募多数の場合は抽選)

 

 

※(2)(5)の申込方法など関連催事の詳細は公式WEBサイト(https://www.pref.aichi.jp/touji/)を参照

 

〈観覧料〉
一般900円(720円) 高校・大学生700円(560円) 中学生以下無料
*( )内は20名以上の団体料金
とうじっち

別紙 主な展示作品

(*高解像度の広報用画像がございます。担当までお問い合わせください。)
麦藁手片口
麦藁手(むぎわらで)片口(かたくち) [本業]
瀬戸  
江戸時代後期(18世紀後期~19世紀) 個人蔵

瀬戸は江戸時代をとおして、様々なくらしの器を作り続けた。麦藁手は、江戸時代後期に流行し、現在でも人気の高い文様で、縦方向に連続して線文を引いたものである。本品では鉄(2色)と呉須(ごす)(1色)の3種の線を交互に引いている。
瑠璃釉貼付稲穂雀文鉢
瑠璃釉(るりゆう)貼付(はりつけ)稲穂(いなほ)雀(すずめ)文(もん)鉢(はち) [新製]
瀬戸 瀧藤萬次郎(たきとうまんじろう) 
明治時代前期(19世紀) 宮内庁

明治期の新製(しんせい)(磁器)の大型植木鉢の優品。当時の皇居の宮殿内で実際に用いられていたと推測される。瑠璃釉と貼付文の精巧さは、瀬戸の優れた技術をうかがわせる。本作は名古屋の陶器商・瀧藤萬次郎が明治26(1923)年にシカゴ万国博覧会で配布した引札(ひきふだ)(広告)にも登場しており、同社が国内外に誇る最高級品であったことがわかる。
染付(そめつけ)太鼓(たいこ)胴(どう)花生(はないけ)
染付(そめつけ)太鼓(たいこ)胴(どう)花生(はないけ) [本業]
戸山焼(とやまやき)  
江戸時代前期(17世紀) 東京国立博物館

 戸山焼は、尾張藩江戸藩邸の戸山下屋敷で作らせた御庭焼(おにわやき)であり、瀬戸から陶工を招請し、また土を取り寄せて製作された。大きく開いた四方形の開口部や太鼓胴、猿の人形などの造形には緊張感があり、また染付で頸部に葵紋、太鼓胴には巴文を描いている。
染付(そめつけ)唐草(からくさ)文(もん)茶(ちゃ)臼(うす)
染付(そめつけ)唐草(からくさ)文(もん)茶(ちゃ)臼(うす) [新製]
瀬戸 加藤吉右衛門(かとうきちえもん) 
江戸時代後期(19世紀) 個人蔵

瀬戸の新製(磁器)の名品。磁器製の実用の茶臼であり、大変珍しい。茶を挽くという性質から重い粘土の塊である茶臼を破損することなく焼成することは、非常に難しいが、本品は破損、変形もない。その上、器体全面に描かれた唐草文が繊細で見事である。
瀬戸陶業之図(せととうぎょうのず)
瀬戸陶業之図(せととうぎょうのず) [絵画資料]
亀井半二(かめいはんじ)  
天保十四(1843)年(19世紀) 個人蔵

 名古屋を中心に活躍した絵師の亀井半二が瀬戸の窯場の風景を詳細に描いたものである。そこにはまさに本業と新製の時代に生きた人々がそれぞれの役割に従って働く瀬戸ならではの姿がリアルに描かれている。

同時開催   愛知県陶磁美術館開館40周年記念テーマ展示

『愛知県史 別編・文化財5 工芸』刊行記念展示

愛知うつわ物語

―江戸・明治のやきもの―

 このたび愛知県は、『愛知県史 別編 文化財5 工芸』を刊行する運びとなりました。本書では愛知県ゆかりの金工、染織、木工・漆工などの工芸品とともに、近世・近代の陶磁工芸品を紹介します。本展ではこの刊行に併せ、本県の近世・近代陶磁を展示します。

1 会  期   平成30年10月27日(土曜日)から12月16日(日曜日)まで  *休館日:毎週月曜日

 

開館時間  午前9時30分から午後4時30分まで(いずれも入館は閉館30分前まで)

            *ただし、10月27日(土曜日)は午前11時から午後4時30分まで

            (入館は午後4時まで)

3 会  場   愛知県陶磁美術館 本館 特別展示室

 

4 主  催   愛知県陶磁美術館

 

5 共  催   愛知県総務部法務文書課 県史編さん室 
 

6 構    

 (1)名古屋のやきもの 名古屋城下諸窯、オールドノリタケ

 (2)尾張のやきもの  大高焼(おおたかやき)(名古屋市緑区)、瀬戸焼(瀬戸市)、今井焼・犬山焼(犬山市)

常滑焼(常滑市ほか)、内海焼(うつみやき)(南知多町)など

 (3)三河のやきもの  甲山焼(岡崎市)、弓(ゆ)月(げつ)焼(やき)・挙母(ころも)焼(やき)(豊田市)、

八(や)ツ面(つおもて)焼(やき)・楠(くすのき)焼(やき)・深喜亭(しんきてい)焼(やき)(西尾市)三州瓦(さんしゅうがわら)(高浜市ほか)など

 (4)狛犬       陶製、瓦製

 (5)七宝       磁胎七宝(じたいしっぽう)(瀬戸・名古屋)

 

7 関連行事

 (1)県史講演会「愛知の工芸・やきもの」

    日時:11月24日(土曜日) 午後1時30分〜午後4時

    会場:愛知県陶磁美術館 本館 地下講堂

 題目・講師(講師はすべて『愛知県史・工芸』の執筆者)

「愛知の工芸・やきもの」 赤羽一郎(あかばねいちろう)氏(愛知淑徳大学非常勤講師)

      「瀬戸焼の工芸的評価」  服部文孝(はっとりふみたか)氏(瀬戸市美術館長)

      「工芸品としての常滑焼」 中野晴久(なかのはるひさ)氏(愛知学院大学非常勤講師)

      「犬山のやきもの」    青木 修(あおき おさむ)氏(瀬戸市文化振興財団埋蔵文化財センター主任)

    *聴講無料、事前申込不要。定員200名。

 

 詳細は公式WEBサイト(https://www.pref.aichi.jp/touji/)を参照

 

〈観覧料〉 一般400円(320円) 高校・大学生300円(240円) 中学生以下無料
*( )内は20名以上の団体料金 
※特別企画展「瀬戸―かく焼き繋ぎ 江戸時代の本業と新製」の観覧券でも御覧いただけます。

お問い合わせ

愛知県陶磁美術館学芸課
担当 佐藤、小川、佐久間、入澤
電話 0561-84-7474
内線 357、358、360、361