ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 陶磁美術館 > 愛知県陶磁美術館 企画展 くらしをうつす―郷土の土人形展― を開催します

愛知県陶磁美術館 企画展 くらしをうつす―郷土の土人形展― を開催します

第31回国民文化祭・あいち2016分野別フェスティバル/企画展 くらしをうつす-郷土の土人形展- を開催します

 会期:平成28年11月3日(木・祝)~12月4日(日) 
陶磁美術館では、第31回国民文化祭・あいち2016分野別フェスティバルとして、愛知を中心に日本各地の土人形を紹介する展覧会を開催いたします。
 土人形は、江戸時代の中頃から昭和30年代頃まで日本各地で制作されていますが、愛知県内においても名古屋や三河、犬山などで趣向の異なる様々な作品を見ることができます。これら土人形には、親から子へ贈られる節句の人形、歌舞伎や芝居の華やかなヒーロー・ヒロイン、招福の神や動物など様々な題材があり、当時の庶民のくらしの中の願いや憧れが込められています。
表情豊かな土人形を通じて、日々の生活にある節目や出来事、愛知の郷土文化について思いをめぐらせる展覧会を開催いたします。

みどころ

■愛知を中心に日本各地の土人形を一堂に集めて紹介します。

 多種多様な土人形を「親から子へ」「ヒーロー・ヒロイン」「芝居・祭」「招福・厄除け」「動物」といったテーマごとに紹介していきます。大人が子どもの健やかな成長を願って買い求めた節句人形や、子どもだけでなく大人にも愛されていたヒーロー・ヒロインの組物、めでたい七福神や招き猫などバラエティに富んだ作品の数々を紹介します。

■土人形とともに庶民に愛された郷土玩具を紹介します。

 物があまり豊かでなかった時代の遊び道具からは、質素な中にも作り手の想像力の豊かさを感じ取ることができます。本展では、愛知を中心に、土鈴やからくり玩具、桜井の凧などを取り上げ、どこか懐かしくて温もりのある郷土玩具を紹介します。

1 開会式

平成28年11月3日(木・祝)午前10時30分から午前11時まで
愛知県陶磁美術館 本館1階ロビー
 (瀬戸市南山口町234番地)

2 会  期

平成28年11月3日(木・祝)から12月4日(日)まで
 *休館日:毎週月曜日

3 開館時間

午前9時30分から午後4時30分まで(入館は午後4時まで)
*ただし11月3日(木・祝)は開会式のため、観覧は午前11時から

4 会  場

愛知県陶磁美術館 本館 第1展示室・第2展示室

5 主  催

愛知県陶磁美術館、文化庁、第31回国民文化祭愛知県実行委員会

6 後  援 

愛知県教育委員会、愛知高速交通株式会社(リニモ)

7 協  力

KENJI TAKI GALLERY / ギャラリー顕美子

8 主な展示作品等

(※高解像度の広報用画像がございます。担当までお問い合わせください。)
賤ヶ岳(しずがたけ)

1.賤ヶ岳(しずがたけ)(四方田但馬守(よもだたじまのかみ)と加藤清正(かとうきよまさ)
  三河
  昭和
  個人蔵
 羽柴秀吉と柴田勝家(織田家重臣)の戦いである「賤ヶ岳」を題材とした大型の組物です。左は柴田側、明智光秀の武将四方田但馬守、右は秀吉側、賤ヶ岳の七本槍の一人と称される加藤清正です。刀の折れた清正に対し、四方田は有利を嫌い組み打ちに挑みます。組み勝った清正も止めを刺さなかったという正々堂々と戦った武士の姿をテーマとしています。
鯉抱時金(こいだききんとき)

2.鯉抱金時(こいだききんとき)
 名古屋
 明治~大正
 個人蔵
 相模足柄山に住む怪力無双の金太郎は、山姥を母に、熊、猿などを友として生活し、のちに源頼光に仕えて坂田金時の名を与えられます。端午の節句には子どもの健やかな成長を願って金時(金太郎)が飾られます。鯉のほかに鯛や鯱を抱いたもの、熊と相撲を取る熊金や、疱瘡除けに赤く塗られた肌のものなどがあります。
子守
3.子守
 豊橋 
 個人蔵
 土人形の中に数多くみられる題材として子守があります。艶やかな振り袖姿の女性の顔にはやさしさが、抱かれている子の顔には純真無垢さが見て取れます。また、傍らには愛らしい猫が鞠にじゃれており、何気ない平和な日常があらわれています。母親に代わって姉、祖母や乳母、子守を雇うなど、いろいろな人によって子育てが行われていたことがわかります。

9  関連イベント

(1)民俗芸能の披露
   ア 火縄銃と棒の手 
   日 時:11月3日(木・祝)正午~(約30分)
   場 所:本館正面駐車場
   講 師:山口警固祭り保存会
   *参加費無料、予約不要
   イ 凧作りと凧あげ
   日 時:11月12日(土)午前10時~正午
   場 所:本館展示説明室及び芝生広場
   講 師:桜井凧保存会
   参加者:高校生以下の子供20名(参加費無料、事前申込)
   ウ 三河万歳
   日 時:11月26日(土) (ア)午前10   時~(約30分) (イ)午後1時~(約30分)
   場 所:本館ロビー
   講 師:安城三河万歳保存会
   *参加費無料、予約不要
(2)瀬戸雛づくり
  日 時:11月6日(日)午前10時30分~午後3時
  場 所:本館展示説明室
  講 師:若杉スエ氏(瀬戸雛作成の会会長)
  参加者:10組20名(参加費無料、事前申込)
(3)記念講演会
  日 時:11月19日(土)午後1時30分~午後3時
  場 所:本館地下講堂
  講 師:長谷川洋一氏(名古屋市博物館学芸員)
  演 題:「名古屋めしと名古屋の食文化」
 *参加費無料、予約不要
○イベントの詳細、申込方法等につきましては、当館公式WEBサイトを御覧ください。
http://www.pref.aichi.jp/touji/exhibition/2016/t_tsuchinin/
<観覧料>
一般600円(480円) 高校・大学生500円(400円) 中学生以下無料
※( )内は20名以上の団体料金
とうじっち

お問い合わせ

愛知県陶磁美術館
担当:田畑、神崎、大長
電話:0561-84-7474
内線:353、332、358
メール:touji@pref.aichi.lg.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)