ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 統計課 > 2020年農林業センサスの実施について

2020年農林業センサスの実施について

 この度、農林水産省により統計法(平成19年法律第53号)に基づく「基幹統計」として、「2020年農林業センサス(2020年2月1日現在」が全国一斉に実施されます。 

 この調査は、農林業の実態を明らかにし、今後の農林業施策の企画・立案に活用するために、農林業を営んでいる全ての農家や林家、法人を対象に、5年ごとに実施される大切な調査です。

 愛知県でも、2019年12月中旬以降、調査員が農林業を営んでいる皆様のもとへ伺いますので、調査への御理解、御協力をよろしくお願いいたします。

1 調査の目的

 2020年農林業センサスは、我が国の農林業の生産構造や就業構造、農山村地域における土地資源などの農林業をとりまく実態を明らかにするとともに、我が国の農林行政の推進に必要な基礎資料を整備することを目的としています。

2 調査の流れ

 農林水産省ー都道府県ー市区町村ー指導員ー調査員ー調査対象者

3 調査の対象

 一定規模以上の農林産物の生産を行い、又は委託を受けて農林業作業を行う世帯や会社等の組織(「農林業経営体」)に対して調査を行います。

4 調査の方法

 2019年12月中旬から2020年2月中旬まで、都道府県知事が任命した調査員が調査対象者に調査票を配布し、回収することにより行います。なお、調査員は調査員証を携行しています。

また、オンラインによる回答も可能です。

「政府統計オンライン調査総合窓口」https://www.e-survey.go.jp/

5 調査の期日

 2020年2月1日現在で実施します。

6 調査事項

(1) 経営の態様

(2) 世帯の状況

(3) 農業労働力

(4) 経営耕地面積等

(5) 農作物の作付面積等及び家畜の飼養状況

(6) 農産物の販売金額等

(7) 農作業受託の状況

(8) 農業経営の特徴

(9) 農業生産関連事業

(10) 林業労働力

(11) 林業の販売金額等

(12) 林業作業の委託及び受託の状況

(13) 保有山林面積

(14) 育林面積等及び素材生産量

(15) その他農林業経営体の現況

7 調査結果の公表

 概数値が2020年11月末までに、確定値が2021年3末までに、それぞれ農林水産省のホームページで公表されます(それ以降、詳細の結果が順次公表されます。)。

8 調査結果の利用

 農林水産省だけでなく都道府県や市区町村など各方面にわたり、さまざまな農林行政施策の企画・立案に活用されます。

9 農林水産省のキャンペーンサイト

 2020年農林業センサス キャンペーンサイトのページへ http://www.maff.go.jp/j/tokei/census/afc/2020cp/index.html

問合せ

愛知県県民文化局 県民生活部 統計課
学事・農林統計グループ
担当:竹本、古田
電話:052-954-6102(ダイヤルイン)
内線:2339、2340
E-mail:toukei@pref.aichi.lg.jp