ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 統計課 > 2018年漁業センサス結果速報

2018年漁業センサス結果速報

令和元年8月30日公表

 (過去のデータは、年報周期調査結果(農林水産業)にてご確認ください。)

この速報は、農林水産省所管のもとに実施した2018年漁業センサスのうち、海面漁業調査(漁業経営体調査)について愛知県分の集計結果をとりまとめたものです。

結果の特徴

  • 漁業経営体数は1,924経営体で、2013年調査(以下「前回」という。)に比べ424経営体(△18.1%)の減少となり、1963年から11回連続の減少。
  • 販売金額1位の漁業種類別経営体数は、採貝・採藻が536経営体(全体の27.9%)、小型底びき網が388経営体(同20.2%)、刺網(その他の刺網)が193経営体(同10.0%)の順。
  • 漁船隻数は3,154隻で、前回に比べ867隻(△21.6%)の減少となり、1963年から11回連続の減少。
  • 漁業就業者数は3,373人で、前回に比べ946人(△21.9%)の減少となり、調査項目に追加された1963年から11回連続の減少。また、年齢階層別では60歳以上が全体の49.5%。

      公表資料

      PDFファイルでデータがダウンロードできます。

      統計表

      調査結果データがエクセル形式でダウンロードできます。

      御利用に際して

      ● 漁業センサスとは ・・・・・ 漁業センサスの概要を掲載しています。

      ● 漁業センサス結果の御利用にあたって ・・・・・ 統計表の利用上の注意がわかります。

      結果の概要

      1 漁業経営体

       海面漁業の漁業経営体数は1,924経営体で、前回に比べ424経営体(△18.1%)の減少となり、1963年から11回連続の減少となっています。(図1)

       市町村別にみると、南知多町が757経営体(構成比39.3%)で最も多く、次いで西尾市が454経営体(同23.6%)、田原市が384経営体(同20.0%)の順となっており、この3市町で全体の8割以上を占めています。(図2)

      漁業経営体数の推移
      市町村別漁業経営体数

      2 漁業種類

       販売金額1位の漁業種類別にみると、採貝・採藻が536経営体(構成比27.9%)と最も多く、次いで小型底びき網が388経営体(同20.2%)、刺網(その他の刺網)が193経営体(同 10.0%)、のり類養殖が184経営体(同9.6%)、釣(その他の釣)が170経営体(同8.8%)、その他の漁業が126経営体(同6.5%)、潜水器漁業が125経営体(同6.5%)、船びき網が 110経営体(同5.7%)の順となっています。

      3 漁船

       漁船の総数は3,154隻で、前回に比べ867隻(△21.6%)の減少となり、1963年から11回連続の減少となっています。

       漁船種類別にみると、船外機付漁船が1,900隻(構成比60.2%)、動力漁船が1,253隻(同39.7%)、無動力漁船が1隻(同0.0%)で、前回に比べ動力漁船は464隻(△27.0%)、船外機付漁船が399隻(△17.4%)、無動力漁船は4隻(△80.0%)それぞれ減少となっています。(表1)

      表1 種類別漁船隻数 (単位:隻)
      区分2008年2013年2018年増減率(%)
      2018/2013
      構成比(%)
      総数4,4264,0213,154100.0△ 21.6
      無動力漁船17510.0△ 80.0
      船外機付漁船2,6212,2991,90060.2△ 17.4



      (小計)1,7881,7171,25339.7△ 27.0
      1トン未満48128511.6△60.2
      1~33583681976.2△46.5
      3~558152438212.1△27.1
      5~103823222718.6△ 15.8
      10~2041737235011.1△ 5.9
      20~30-----
      30~502210.0△50.0
      50~100-110.00.0
      100~200-----
      200トン以上-----
      1隻当たり
      平均トン数
      6.61トン6.21トン7.13トン 14.8

      4 漁業就業者

       漁業就業者数は3,373人で、前回に比べ946人(△21.9%)の減少となり、調査項目に追加された1963年から11回連続の減少となっています。

       年齢階層別構成をみると、70歳以上が953人(構成比28.3%)、60~69歳が718人(同21.3%)、50~59歳が620人(同18.4%)、40~49歳が519人(同15.4%)、30~39歳が342人(同10.1%)、15~29歳が221人(同6.6%)で、60歳以上が49.5%を占めています。(表2)

      表2 漁業就業者数 (単位:人)
      区分2008年構成比(%)2013年構成比(%)2018年構成比(%)増減率(%)
      2018/2013
      総数4,964100.04,319100.03,373100.0△21.9
      4,01580.93,55582.32,93787.1△17.4
      94919.176417.743612.9△42.9

      年齢階層別

      15~29歳3156.33107.22216.6△28.7
      30~3951110.346810.834210.1△26.9
      40~4969013.961414.251915.4△ 15.5
      50~5999019.974517.262018.4△16.8
      60~691,38727.91,11525.871821.3△35.6
      70歳以上1,07121.61,06724.795328.3△10.7
      (再掲)60歳以上2,45849.52,18250.51,67149.5△23.4
      全国総数221,908-180,985-152,082-△16.0
      統計調査にご協力をお願いします。

      関連コンテンツ

      問合せ

      愛知県県民文化局県民生活部統計課
      学事・農林統計グループ
      電話052-954-6102(ダイヤルイン)
      E-mail: toukei@pref.aichi.lg.jp

        Adobe Reader

        PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)