ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 統計課 > 令和3年社会生活基本調査の実施について

令和3年社会生活基本調査の実施について

1 調査の概要

総務省統計局(愛知県)では、2021年10月20日現在で「令和3年社会生活基本調査」を実施します。

この調査は、国民の生活時間の配分や自由時間における主な活動について調査し、国民の社会生活の実態を明らかにするための基礎資料を得ることを目的として実施する、国の重要な統計調査です。昭和51年以降5年ごとに実施され、今回が10回目の調査となります。

今回の調査では、男女共同参画の実態やワーク・ライフ・バランスの的確な把握に加え、今後の施策のニーズ等への対応の観点から、

  1. 健康上の問題や介護の状況による社会生活への影響の的確な把握
  2. 生活様式の変化に伴う生活時間等への影響のより的確な把握

を主なねらいとして実施します。

2 調査の期日

2021年10月20日現在で実施します。
ただし、生活時間の配分についての調査は、10月16日(土曜日)から10月24日(日曜日)までの9日間のうち、指定された連続する2日間について行います。

3 調査の対象

指定する調査区(県内で約300調査区)内にある世帯のうちから、無作為に選定された約3,300世帯(全国では約91,000世帯)

4 調査の方法

  1. 9月中旬から下旬まで
    調査員が、調査区内の全ての世帯を訪問し、調査実施に向けた聞き取り等による準備調査を行います。
    ※「調査員」は愛知県知事が任命しており、「調査員証」を携行しています。
  2. 10月上旬から下旬まで
    調査員が、調査区内の世帯のうち、調査対象に選ばれた世帯を訪問し、調査票の配布、回収を行います。
    調査の回答は、パソコンやスマートフォン等を使ってインターネットで回答することもできます。
    「政府統計オンライン調査総合窓口」はこちら

5 調査事項 

  1. 世帯や世帯員に関すること(男女の別、出生の年月、ふだんの就業状態など)
  2. 過去1年間の自由時間における活動(スポーツ、ボランティア活動など)
  3. 1日の生活時間配分 など

6 調査結果の公表

 調査の結果は、2022年9月から順次、総務省統計局のホームページで公表される予定

総務省統計局「令和3年社会生活基本調査」のサイトはこちら

7 調査結果の利用  

  1. 仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)の推進
  2. 子育てや介護の支援などの少子高齢化対策
  3. 男女共同参画社会の形成
  4. スポーツや文化振興、ボランティア活動の推進 など、各種施策に活用されます。

※ 近年、男女別の家事関連時間の状況など、少子化対策の施策に必要な基礎資料として特に注目されています。

8 問合せ

愛知県 県民文化局 県民生活部 統計課
人口統計グループ
電話052-954-6116(ダイヤルイン)
E-mail:toukei@pref.aichi.lg.jp