トップページ>子ども文化芸術体験事業

特別陳列 作品展示替えのお知らせ

南館1階展示「愛知のやきもの「今」」では、 特別陳列コーナーで作品の展示替えを行っております。
今回は、「窯の不思議・やきものの不思議、最前線!」と題して、平成29年度復元古窯焼成「織部を焼こう」の速報展となっています(平成30年3月31日まで)

「窯」はやきものが誕生する場所で、「不思議」ともいえるやきものの魅力を知ることができます。
愛知県陶磁美術館では、館内にある復元古窯(江戸時代末期の瀬戸の登窯)を使い、復元古窯焼成を毎年実施しています。
復元古窯焼成では、窯の各所の温度や作品の焼き上がりを調べ、記録を行っています
本展では、今年度の焼き上がりの様子や様々な記録の他、使用した材料・制作工程の様子も紹介します。
また、期間限定で、復元古窯焼成特別講座「向付に迫る」で参加者の皆さんが作成した作品も展示します(平成30年1月21日まで)。
一つの窯で焼いたものでも、焼き上がりには様々な違いがあります。
一つのやきものが生まれることへの「不思議さ」「複雑さ」を楽しんでいただければと思います。


「窯の不思議・やきものの不思議、最前線!」(平成30年3月31日まで)


特別陳列
窯内各所で異なる焼き上がりを見せる試験体と窯内温度分布
(全く同じ材料・条件で作成した試験体が、焼きあがるとどこまで違うのか、見ていただけます)
特別陳列
特別講座「向付に迫る」参加者の作品
(向付に焦点をあて、「知る、見る、作る、そして使う」という連続講座を通して生まれた作品です)
(参加者作品の展示は平成30年1月21日まで)
特別陳列
平成29年度復元古窯焼成のさまざまな記録
(写真や実物資料を通して、今年度の様子をご紹介します)