トップページイベント情報>やきもの講座「やきものラボ」

愛知県陶磁美術館 陶芸館 やきもの講座「やきものラボ」-瓶子とともに-

◎やきものラボ とは……


この地域で得ることが出来るやきものの原材料に直接触れる機会をつくり、それらを簡易に精製しやきものを制作します。
その過程を体験することでやきものを「より身近に」感じていただく講座です。
粘土の精土から、焼成までの過程を実験、体験を繰り返しながら解りやすく紹介していきます。
最終的には完成した作品などを使用し、使う楽しさを実感し、梱包など保管方法も体験することが出来ます。

今年は「灰釉瓶子」を中心に講座を展開します。「灰釉瓶子」の制作過程に伴い、土、釉薬等、各回テーマを絞って進行し、講座をひとつに繋げていきます。
好みの講座を一回限りでも、全回を通してでも参加して頂ける講座になっています。
出来上がった瓶子の焼成は、当館の復元古窯、連房式登窯にて行います。

※要事前申込


2018年2月24日(土)は…
「 やきものラボ(10) 見る 」
瓶子とともに講座を進めてきたやきものラボ。
最終回は常設展の「瓶子」を当館学芸員と観覧します。
瓶子を中心に、中国や朝鮮半島のやきもの、そして瀬戸のやきものを、由来や制作方法など、学芸員の解説を聞きながらじっくりと「見る」特別な観覧を行います。
テーマを持って常設展を観覧することで、今までと異なった視点でやきものを「見る」「知る」ことができる特別な時間を作ります。




チラシはこちらから[PDF版]

  • 開催日: 2018年2月24日 (土)
  • 参加費:常設展観覧料 一般 400円 高大生 300円 中学生以下 無料
    ※当日お支払い。お釣りの無いようにご用意ください。
           

  • 時間: 午後1時から午後3時
  • 会場: 愛知県陶磁美術館 本館 
  • 定員: 10名
     

「やきものラボ⑩ 見る 」の申込方法


住所、氏名、年齢、電話番号をご記入のうえ、
「往復ハガキ」または「メール」にて下記の宛先までご応募ください。



  • [往復はがき] 〒489-0965  愛知県瀬戸市南山口町234番地
              愛知県陶磁美術館 「やきものラボ2月」 係

                
  • [メール] touji@pref.aichi.lg.jp  
           (件名を「やきものラボ2月」と記入してください。)


    • ◆2月24日(土)「やきものラボ⑩ 見る」受付終了
      応募者多数の場合は抽選となります。
      メール申込にて、2月22日(木)までに当館から「返信メール」が無い場合、お電話にてお問い合わせください。

    •  ※ メール送受信エラーが発生する場合がございます。
         メールお申し込みの方は、必ず当館からの「返信メール」の到着ご確認をお願い申し上げます。
    やきものラボ 各回の開催日(予定)

    第1回 「土」終了いたしました
    第2回 「灰」終了いたしました
    第3回 「釉薬」終了いたしました
    第4回 「古陶・陶片の鑑賞」終了いたしました
    第5回 「やきものをつくる」終了いたしました
    第6回 「施釉」終了いたしました
    第7回 「やきものを使う」終了しました
    第8回 「やきものをしまう」終了しました
    第9回 「喫茶」終了しました)
    第10回 「見る」終了しました