トップページイベント情報>「水と硯」

イベント情報

記念講座・ワークショップ「水と硯」

  

◎記念講座・ワークショップ「水と硯」って、どんなイベント?

記念講座・ワークショップ「水と硯」を開催します。
講師に硯刻家 五代名倉鳳山氏(新城市指定無形文化財保持者、日本工芸会理事)をお招きし、水滴で水を注ぐ先である「硯」についてお話いただきます。
また、いろいろな種類の石と墨で試し擦りをする体験も行います。


★硯刻家 名倉鳳山氏を初めて講師としてお招きします。 ★硯についてくわしく説明していただきます。 ★異なる石でできた数種類の硯で墨を擦る体験を予定しています。
★今回の講座では、作品制作は行いません。

☆要事前予約

※要事前申込




チラシはこちらから[PDF版]

  • 開催日: 2021年8月22日(日)
  • 参加費: 一般 300円 中学生以下 150円

           ※当日お支払い。お釣りの無いようにご用意ください。

  • 時間: 13時30分~15時30分
  • 会場: 愛知県陶磁美術館 陶芸館 
  • 定員: 20名 応募者多数の場合は抽選

  •  
  • ※今回の講座では、作品制作を行いません。
     

「水と硯」の申込方法


・参加ご希望全員のお名前、年齢 (付き添いの方はその旨を記入)
・住所、電話番号、返信先ご住所 (メールお申込の方はメールアドレス)
・当日のご連絡先 (携帯電話など)

以上をご記入の上、「往復はがき」または「メール」にて下記の宛先までご応募ください。



  • [往復はがき] 〒489-0965  愛知県瀬戸市南山口町234番地
              愛知県陶磁美術館 「水と硯講座」 係

                
  • [メール] tougeikan@pref.aichi.lg.jp  
           (件名を「水と硯講座 申込」としてください。)


    • ◆「記念講座・ワークショップ 水と硯」の応募受付は8月6日(金)必着です。
      応募者多数の場合は抽選となります。
      メール申込にて、8月13日(金)までに当館から「返信メール」が無い場合、お電話にてお問い合わせください。

    •  ※ メール送受信エラーが発生する場合がございます。
         メールでお申し込みの方は、募集締め切り後に送信する当館からの「返信メール」のご確認をお願い申し上げます。

  • 名倉 鳳山 Hozan Nagura
    1953年 愛知県鳳来町(現・新城市)に四代名倉鳳山(正康)の長男として生まれる
    1972年 愛知県立旭丘高校美術科卒業 
    1977年 東京藝術大学彫刻科卒業
    2003年 五代鳳山襲名
    2010年 新城市無形文化財に指定される
          ○受賞歴 
    1999年 第21回 都市文化奨励賞受賞  
    2003年 愛知県芸術文化選奨文化賞受賞
    2013年 第33回伝統文化ポーラ賞地域賞受賞
    2015年 愛知県立旭丘高等学校 第38回鯱光会顕彰受賞  


  • 名倉鳳山氏の作品


    No.5093 光陵硯 「Maschera inca」
    24.5×16.0×5.5
    鳳鳴石 (金箔仕上:鵜飼敏信)


    No.5061 書画方硯「水月」 
    SYOGAHOUKEN [SUIGETSU]
    2014年
    21.0×15.0×3.3 
    鳳鳴石(愛知県)