トップページイベント情報ワークショップ「掻き*花器 掻落し技法による花器作りといけばな体験」

イベント情報

ワークショップ「掻き*花器 掻落し技法による花器作りといけばな体験」

ワークショップ「掻き*花器 掻落し技法による花器作りといけばな体験」

講師に瀬戸市の陶芸作家・加藤清之氏をお招きし、特別展「華*花-四季の花と中国陶磁史-」の関連ワークショップ「掻き*花器 掻落し技法による花器作りといけばな体験」を開催します。

白化粧土を掛けた器の表面の文様部分や隙間を削ることで、地の土色とのコントラストを表す「掻落し」技法を用います。花器の制作や展覧会の特別鑑賞を通じて、その魅力を知っていただき、焼き上がった作品にいけばなを行う全3回のワークショップです。 *要事前申込・要参加料

実施内容・日程・会場・参加料

【花器作り】

日時:10月10日(日) 10時30分~15時30分(受付開始10時~)
   ※昼食休憩(12:00~13:30)をはさみます。
会場:陶芸館
参加料:一般3,700円、中学生以下3,250円

【特別鑑賞・掻落し】

日時:10月17日(日) 10時30分~15時30分(受付開始10時~)
   ※昼食休憩(12:00~13:30)をはさみます。
会場:本館(特別鑑賞)~陶芸館(掻落し)
参加料:特別展観覧券が必要です。

【いけばな】

日時:12月5日(日) 13時30分~15時30分(受付開始13時~)
会場:本館ロビー
参加料:2,000円(花代)

講師

陶芸家:加藤 清之 氏(Kiyoyuki Kato)

定員

15名(応募者多数の場合は抽選)(※3回全て参加可能な方に限ります。)


お申し込み方法

住所(またはメールアドレス)・氏名・年齢・電話番号をご記入の上、「メール」または「往復はがき」にて、下記の宛先までご応募ください。

 【往復はがき】 〒489-0965  愛知県瀬戸市南山口町234番地
          愛知県陶磁美術館「花器」係
 【メール】tougeikan@pref.aichi.lg.jp
 (件名を「花器 申込」と記入してください。)

 ※9月28日(火)必着です。(応募者多数の場合は抽選)
 ※メール送受信エラーが発生する場合がございます。
  10月5日(金)までに当館から通知が届かない場合、お電話にてお問い合わせください。


お問い合わせ先

愛知県陶磁美術館 学芸課(担当:学芸課 田畑、大西 陶芸館 岩渕)
住 所 〒489-0965 瀬戸市南山口町234
電 話 0561-84-7474
FAX 0561-84-4932