トップページイベント情報>愛知県陶磁美術館の改修工事に伴う休館について

休館中休館中

愛知県陶磁美術館の改修工事に伴う休館について

  


愛知県陶磁美術館は、改修工事のため休館しております


休館予定期間


2023年6月19日(月)から2025年3月31日(月)まで(約1年9か月)
※ただし、陶芸館は2024年11月1日(金)から先行再開


※2023年6月19日(月曜日)から2024年10月31日(木)までは、関係者以外の敷地内立入禁止とします。

改修工事の主な内容



休館情報のチラシはこちらから[PDF版]

・建築工事(特定天井脱落防止対策、屋根・外壁改修、
 床・壁修繕、トイレ改修など)
・電気設備工事(来客エリアのLED化など)
・機械設備工事(空調設備改修など)
・エレベーター改修工事

休館中の取り組み

休館中も、県内各地で活動しています!

■ 出張展示

愛知県陶磁美術館が所蔵するコレクションを活かした展示を他の美術館等で実施します

「AICHI やきもの ざんまい―愛知県陶磁美術館の名品をあじわいつくす―」


会場:豊川市桜ヶ丘ミュージアム(豊川市桜ヶ丘町79-2 電話0533-85-3775)
会期:2023年12月16日(土)~2024年1月28日(日)
主催:豊川市桜ヶ丘ミュージアム、愛知県陶磁美術館

「やきもの王国」の異名を持つほど、古来よりやきもの作りが盛んであった愛知。愛知県陶磁美術館コレクションから名品を選りすぐり、古代から現代までの愛知のやきものの軌跡をたどります。

>>>豊川市桜ヶ丘ミュージアムのWEBサイトはこちら

愛知県美術館・愛知県陶磁美術館共同展「コレクションズ・ラリー」


会場:愛知県美術館(名古屋市東区東桜一丁目13番2号 電話052-971-5511(代表))
会期:2024年1月16日(火)~2024年4月14日(日)
主催:愛知県美術館、愛知県陶磁美術館

両館の学芸員がチームを組んで、縄文から現代までのコレクションから4つのテーマに沿って作品を紹介する初めての試みです。美術や陶芸といったジャンルを超えて共鳴し合う作品にご期待下さい。

>>>愛知県美術館のWEBサイトはこちら

■ 出張陶芸

陶芸指導員が県内各地の施設と協同して、陶芸体験をお届けします。イベントによって会場やお申込み方法が異なりますので、ご注意ください。

出張陶芸館


陶芸館の陶芸指導員が、豊明市(出張!陶芸館 inとよあけ)、長久手市(おでかけ陶芸館in長久手市文化の家)、瀬戸市(作陶体験in新世紀工芸館)の各文化施設に出張し、作陶体験講座を行います。
各イベントの詳細は、こちらからご覧ください

アーティスト in 出張陶芸館


陶芸家や現代美術家等を講師に迎え、やきものづくりを体験するワークショップを行います。
各イベントの詳細は、こちらからご覧ください


■ 愛陶スクールプログラム

学校団体向け特別プログラムがリニューアルします。

愛陶スクールプログラム


陶芸館の陶芸指導員が、豊明市(出張!陶芸館 inとよあけ)、長久手市(おでかけ陶芸館in長久手市文化の家)、瀬戸市(作陶体験in新世紀工芸館)の各文化施設に出張し、作陶体験講座を行います。
プログラムおよびご予約の詳細は、下記からご覧下さい。
>>>パソコン向けはこちらからご覧ください
>>>スマートフォン向けはこちらからご覧ください


■ 愛知県陶磁美術館×Mimirコラボ企画
「とうじみてミル?」

愛知県と民間企業等との協働で、愛知県の設定した行政課題についてその解決を目指す事業「Aichi X Tech」の一環として、休館中も当館のファンの皆様にお楽しみいただくべく、所蔵品の高精細画像や3Dモデルを作成し、ウェブコンテンツを披露します。

所蔵品の3Dモデル


3Dモデル閲覧専用WEBサイト「Sketchfab」にて、当館所蔵品の3Dモデルがお楽しみいただけます。
Sketchfabは、こちらからご覧ください。全部で10点を順次公開していきます。

プレビュー:重要文化財《灰釉多口瓶》

ページトップへ戻る