トップページ展覧会特別展・企画展・テーマ展>〈織部を焼こう〉の軌跡 ―復元古窯による実験焼成の成果―

特別展・企画展・テーマ展

酒のうつわ

テーマ展

〈織部を焼こう〉の軌跡
―復元古窯による実験焼成の成果―

2022年4月9日(土)~5月15日(日)

毎週月曜日休館(ただし5月2日(月)は開館)

展覧会の概要

桃山時代の人々を魅了したやきもの「織部」は、美濃、現在の岐阜県で焼かれました。そこで使われた窯は、桃山時代に新たに朝鮮半島から取り入れられた連房式登窯であり、江戸時代には瀬戸・美濃の地に根付いていきました。

 愛知県陶磁美術館では、平成12年(2000)以降、加藤清之氏(陶芸家・瀬戸)を講師として、館内にある復元古窯を用いた実験焼成を重ねてきました。中でも「織部を焼こう」として定着していった、連房式登窯(復元窯)を用いた実験焼成企画では、伝統的な窯・材料を用いた制作・焼成を積み重ねてきました。本展では、復元古窯による実験焼成「織部を焼こう」の成果をご紹介します。


展覧会のみどころ


◆1200℃超えの世界!江戸時代の瀬戸の復元窯で焚いた成果です!


◆粘土・釉薬など素材にこだわり、薪で焚いた織部を披露します!


◆毎年100名を超える一般参加者と、講師、当館スタッフで作りあげた織部です!


展覧会関連イベント

窯場トーク

講師:加藤清之氏(陶芸家・瀬戸)
日時:4月24日(日)午後1時30分から午後3時まで
会場:本館1階第8展示室
※事前申込不要、聴講無料

主な展示作品

実験焼成の様子
実験焼成の様子

実験焼成で焼き上がった織部向付
実験焼成で焼き上がった織部向付

実験焼成で焼き上がった織部向付
実験焼成で焼き上がった織部向付

実験焼成で焼き上がった織部向付
実験焼成で焼き上がった黒織部茶碗

実験焼成の試験体
実験焼成の試験体
会期 2022年4月9日(土)から5月15日(日)まで
会場 愛知県陶磁美術館 第8展示室
開館時間 午前9時30分から午後4時30分まで(入館は午後4時まで)
休館日 毎週月曜日(ただし5月2日(月)は開館)
観覧料 一般400円(320円)・高校・大学生300円(240円)・中学生以下無料 
※( )内は20名以上の団体料金
※企画展「酒のうつわ」の観覧券で本展も合わせてご覧頂けます。
※各種割引制度あり。詳しくは下記をご確認ください
割引制度 さまざまな割引制度がございます。割引一覧はこちらのページの下部にある一覧をご覧ください。
※各割引制度の併用は不可。
主催 愛知県陶磁美術館
問い合わせ先 愛知県陶磁美術館 学芸課 〒489-0965 愛知県瀬戸市南山口町234番地
TEL : 0561-84-7474 FAX : 0561-84-4932
担当:大西遼、岩渕寛
報道機関の皆様へ 2022年3月17日(木)県政・中部芸術文化・瀬戸市政各記者クラブ発表
プレス・リリース資料(2022年3月17日(木)付)のダウンロードはこちら