愛知県陶磁美術館

  特別展・企画展・テーマ展

特別展

華*花 -四季の花と中国陶磁史-

Magnificent Flowers: Four-Seasonal Flowers and Chinese Ceramic History

2021年10月9日(土)~12月12日(日)

毎週月曜日休館


華*花

当日割引券付のチラシをダウンロードできます。PDFをA4で印刷し、当日券をお買い求めの際、 裏面下の当日割引券部分をチケット受付にてご提示いただくと、当日割引券として使用できます。
※PDFファイルを閲覧するには、予めAdobe Readerがインストールされている必要があります。 正常に表示されない場合は、こちらより新しいバージョンをダウンロードしてください。

» 割引券付チラシダウンロード

  展覧会の概要

花文様の本当の美しさを知っていますか?

悠久の歴史を有する中国のやきものには、花の美しさを多彩に表現した作品があります。「中華の美しい花」という意味を込めた本展では、四季を彩る「牡丹」「蓮」「菊」「梅」に焦点を当てます。南北朝時代(5世紀)から清時代(18世紀)にみられる「三彩」「青磁」「青花」「五彩」など多種多様な作品から、花の色彩と技法についての陶磁史を概観します。

なぜ花文様が出現し、流行したのか?花の美しさをどのように表現していたのか?当時の人々は花文様から何を感じ取っていたのか?中国陶磁にみられる花の象徴する意味を、中国古典や漢詩の世界観や花の鑑賞史から捉えることで、魅力的な花物語を紹介します。


主な展示作品

序章:はじまりの花 -「華」から「花」へ-

青磁劃花蓮花文盤

青磁劃花蓮花文盤
中国 華南
南朝時代 5-6世紀
東京国立博物館蔵 Image:TNM Image Archives


三彩梅花文壺

三彩梅花文壺
中国 華北
唐時代 8世紀
東京国立博物館蔵 Image:TNM Image Archives


第一章:色彩と技法

緑釉劃花牡丹文鳳首瓶

緑釉劃花牡丹文鳳首瓶
中国 東北 缸瓦窯
遼時代 11世紀
五島美術館蔵


白地剔花牡丹文梅瓶【重要美術品】

白地剔花牡丹文梅瓶【重要美術品】
中国 磁州窯
北宋時代 10-12世紀
MOA美術館蔵


白地黒剔花牡丹文梅瓶

白地黒剔花牡丹文梅瓶【重要美術品】
中国 磁州窯
宋時代 12世紀
五島美術館蔵


青花牡丹文壺

青花牡丹文壺
中国 景徳鎮窯
明時代初期 15世紀中葉
たましん美術館・多摩信用金庫蔵


白地紅緑彩牡丹文碗

白地紅緑彩牡丹文碗
中国 磁州窯系
金時代 13世紀
東京富士美術館蔵 (c)東京富士美術館イメージアーカイブ/DNPartcom


第二章:四季の花-牡丹・蓮・菊・梅

五彩菊花文深鉢

五彩菊花文深鉢
中国 景徳鎮窯
清時代 18世紀
東京国立博物館蔵 Image:TNM Image Archives


琺瑯彩梅樹文盤

琺瑯彩梅樹文盤【重要文化財】
中国 景徳鎮窯
清時代(雍正年間・1723-1735)
東京国立博物館蔵 Image:TNM Image Archives


終章:四季花共演

五彩纏枝花文盤

五彩纏枝花文盤【重要美術品】
中国 景徳鎮窯
明時代 16世紀
MOA美術館蔵

 展覧会のみどころ

◆重要文化財・重要美術品をはじめ、名品でたどる四季の花。多彩な色彩と技法を紹介します。

◆陶磁史・文様史・花の鑑賞史・文学史など、様々な角度から花の美しさを読み解きます。

◆展覧会をさらに楽しむ連続講座&中国茶会。当館ならではの「掻き*花器」ワークショップ(掻落し技法の花器作りといけばな体験)を開催!

 展覧会関連イベント

担当学芸員による連続講座

本展担当学芸員による連続講座です。それぞれの花にまつわる陶磁史・文様史・鑑賞史・文学史などを紹介します。

 ① 10月24日(日) 「華*花 牡丹」
 ② 11月14日(日) 「華*花 蓮」
 ③ 11月28日(日) 「華*花 菊」
 ④ 12月12日(日) 「華*花 梅」
 いずれも午後1時30分から1時間程度

会場:本館地下1階講堂
定員:100名(事前申込不要、先着順、聴講無料)
講師:田畑潤(愛知県陶磁美術館 学芸員)


【イベント中止】担当学芸員による中国茶会と講座

※特別展「華*花-四季の花と中国陶磁史-」会期中に企画しておりました「担当学芸員による中国茶会」について、新型コロナウィルス感染症対策の観点から、飲食を伴う講座のため、中止することになりました。ご協力とご理解のほどよろしくお願いいたします。※
茶室「陶翠庵」にて毎回異なるテーマで中国茶会と講座を行い、展覧会を鑑賞します。

 10月22日(金)①午前10時30分~/②午後1時30分~ 「華*花茶会 牡丹」
 11月12日(金)③午前10時30分~/④午後1時30分~ 「華*花茶会 蓮」
 11月26日(金)⑤午前10時30分~/⑥午後1時30分~ 「華*花茶会 菊」
 12月10日(金)⑦午前10時30分~/⑧午後1時30分~ 「華*花茶会 梅」


担当学芸員によるギャラリートーク

10月16日(土)、10月30日(土)、11月6日(土)、11月20日(土)、12月4日(土)、12月11日(土)
いずれも午後1時30分から1時間程度

場所:本館 第1展示室・第2展示室 ※集合場所は、第2展示室入口前です。
聴講無料(ただし本展観覧券が必要です)、事前申込不要、先着15名。
講師:田畑潤(愛知県陶磁美術館 学芸員)


ワークショップ「掻き*花器 掻落し技法による花器作りといけばな体験」

講師に瀬戸市の陶芸作家・加藤清之氏をお招きし、掻落し技法による花器作りといけばなを体験する全3回のワークショップです。 お申し込みは3日間ともに参加できる方に限らせていただきます。

 ①10月10日(日) 「花器作り」
 ②10月17日(日) 「特別鑑賞・掻落し」
 ③12月 5日(日) 「いけばな」
①②は午前10時30分から午後3時30分まで(昼食休憩あり)、③は午後1時30分から3時30分まで

会場:本館・陶芸館
講師:加藤清之氏(陶芸家)
参加料やお申し込み方法は、こちらのページ[PC版サイトに移動します]をご覧ください。



無料音声ガイド

※新型コロナウイルス感染症予防のため、本展では音声ガイド貸出は見合わせます。

「もう1回展覧会を観たい!」―リピーターにお得な割引制度をご利用ください

本企画展から、同一の展覧会を再度観覧いただく場合に観覧料が割引になる、「同一展リピート割」(本展使用済観覧券を持参により適用)をぜひご利用ください!
詳細はこちらのページで御確認またはお問合せください。
※各割引制度の併用はできません。


【同時開催】特集展示「喫茶の碗の物語 -中国陶磁への憧れ、そして…」

2021年10月9日(土)~12月12日(日) 本館2階 第3展示室
鎌倉時代から室町、桃山、江戸という時代の中で、喫茶の碗に訪れた大きな展開を、天目と茶碗というそれぞれの動きからご覧頂きます。

有楽井戸 大井戸茶碗 有楽井戸【重要美術品】 朝鮮時代 東京国立博物館 Image:TNM Image Archives ※本作品は10月19日(火)より展示します。

【体験】8Kで文化財「ふれる・まわせる 名茶碗」も併設!

「喫茶の碗の物語 -中国陶磁への憧れ、そして…」および【体験】8Kで文化財「ふれる・まわせる 名茶碗」についての詳細は、こちらのページをご覧ください。

 展覧会図録ご案内

出陳作品の図版・解説の他、研究者による論文等を収録しています。

図録は本館ショップ(売店・軽食)@本館1階にてお求めください。販売時間は、9:30~16:30です。
価格:未定

会期
2021年10月9日(土)から12月12日(日)まで
会場
愛知県陶磁美術館 第1・第2展示室
開館時間
午前9時30分から午後4時30分まで(入館は午後4時まで)
休館日
毎週月曜日
観覧料
一般900円(720円)・高校・大学生700円(560円)・中学生以下無料
※( )内は20名以上の団体料金
※上記観覧料で常設展示も併せてご観覧いただけます。
※各種割引制度あり。詳しくは下記をご確認ください
割引制度

さまざまな割引制度がございます。割引一覧はこちらのページをご覧ください。※各割引制度の併用は不可。

主催
愛知県陶磁美術館、朝日新聞社
後援
愛知県教育委員会、愛知高速交通株式会社(リニモ)
問い合わせ先
愛知県陶磁美術館 学芸課 〒489-0965 愛知県瀬戸市南山口町234番地
TEL : 0561-84-7474 FAX : 0561-84-4932
担当:田畑潤、大西遼
報道機関の皆様へ
2021年7月15日(木)県政・中部芸術文化・瀬戸市政各記者クラブ発表
プレス・リリース資料2021年7月15日(木)付)のダウンロードはこちら
令和3年度地域ゆかりの文化遺産を活用した 展覧会支援事業
本展は、令和3年度地域ゆかりの文化遺産を活用した展覧会支援事業です。詳しくは下記バナーからのリンク先(日本博の公式WEBサイト)を御覧ください。
japanculturalexpo
ページトップへ戻る