沿革

昭和36年1月12日 愛知県がん対策協議会に対し、知事から「悪性新生物の予防及び治療対策」について諮問
昭和36年6月19日 同協議会から知事に対し「がん対策の拠点となる、がんセンターを早急に設置する必要がある」旨答申があり、がんセンターの設置を決定
昭和39年10月15日 建物竣工
昭和39年12月1日 業務開始
病床数333床 (特別病床32、一般病床269、術後回復病床24、ラジウム病床8)
昭和44年3月31日 病床22床増床(特別病床)
昭和49年8月31日 検査診断棟増築工事竣工
昭和57年3月30日 遺伝子組換え実験室完成
昭和58年11月22日 診療管理棟竣工
昭和63年8月31日 生物工学総合実験棟竣工
平成3年12月20日 特殊放射線・診療棟竣工
平成4年2月29日 病棟竣工
平成4年5月18日 新病院棟業務開始
病床数500床 (特別病床80、一般病床393、特殊病床27)
平成6年3月18日 国際医学交流センター・外来棟竣工
平成6年5月24日 国際医学交流センター・外来棟業務開始
平成7年6月30日 立体駐車場竣工
平成7年12月25日 植栽工事(環境整備)完成
平成9年3月20日 研究所代替施設改修工事竣工
平成12年3月10日 特定承認保険医療機関  承認
平成14年1月11日 新研究所棟竣工
平成14年2月7日 (名称変更)新研究所棟→研究所棟本館、診療管理棟→研究所棟北館
平成14年4月1日 臨床研修病院の指定
平成14年8月13日 地域がん診療拠点病院の指定
平成16年4月1日 地方公営企業法の全部適用
平成16年9月27日 病院機能評価の認定(Ver4.0)
平成17年4月1日 愛知病院(岡崎市、病床数306床)を統合
平成18年9月21日 医療法人名古屋放射線診断財団とPETーCT検査診療所整備運営等に関する基本協定書締結
平成19年1月31日 都道府県がん診療連携拠点病院の指定
平成21年9月27日 病院機能評価の認定(Ver6.0)
平成22年4月1日 都道府県がん診療連携拠点病院の更新
平成22年10月1日 尾張診療所(一宮市)開設
平成25年7月1日 外来化学療法センター開設
平成26年3月31日 尾張診療所(一宮市)閉所
平成26年4月1日 地域医療連携・相談支援センター/緩和ケアセンター開設
平成26年9月27日 病院機能評価の認定(機能種別版評価項目3rdG:ver1.0)
平成27年4月1日 都道府県がん診療連携拠点病院の更新

このページのトップへ