ホーム > 個人情報の保護に関する基本方針

個人情報の保護に関する基本方針

愛知県がんセンターにおける個人情報の保護に関する基本方針

 愛知県がんセンター(中央病院、研究所)、は、個人の権利・利益を保護するために、個人情報を適切に管理・運用します。この目的のために、「総てのもの(診療録等の情報)は患者さんのもの」という「患者さん本位」の視点に立ち、個人情報の保護に関する基本方針を以下のとおり定め、職員及び関係者に周知徹底を図り、個人情報保護に努めます。

1.個人情報の収集

 患者さんの個人情報を受付、診察、検査等で収集する場合は、患者さんの医療、健康診断、保健指導に必要な範囲で行います。

2.個人情報の利用及び提供

 患者さんの個人情報の利用につきましては、以下の場合を除き、本来の利用目的の範囲を超えて使用いたしません。なお、本来の利用目的については、別途、院内掲示等によりあらかじめ患者さんにお知らせします。

  • 患者さんのご了解を得た場合
  • 個人を識別あるいは特定できない状態に加工して利用する場合
  • 法令等により提供を要求された等条例に定められている場合

3.個人情報の適正管理

 患者さんの個人情報については、正確かつ最新の情報に保ち、患者さんの個人情報の紛失、破壊、改ざん、漏洩及び個人情報への不正アクセスなどに対する万全の予防措置を講じます。万一、問題が発生した時には速やかに適切な対策を実施します。

4.個人情報の開示・訂正・利用停止

 患者さんの個人情報について患者さん等から開示を求められた場合及び内容の訂正あるいは利用停止を求められた場合には、個人情報保護条例又は情報公開条例に従い適切に対応します。
 また、それ以外にも、行政サービスの一環として、「愛知県がんセンター診療記録等開示事務処理要領」に従って開示できる場合があります。

5.個人情報に関する法律・規範の遵守

 個人情報に関する法律・条例・規程及びその他の規範を遵守します。

6.教育及び継続的改善

 個人情報保護体制を適切に維持するため、職員の教育・研修を徹底し、内部規則を継続的に見直し、改善します

7.問い合わせ窓口

 個人情報に関する疑問等がございましたら、医療情報管理部(内線2235)にお問い合わせください。

このページのトップへ