看護外来

 愛知県がんセンター中央病院では、専門看護師、認定看護師による看護外来や、サロン、サポートグループなど、さまざまな支援を行っております。 がんを抱えながら生活されている患者さん、ご家族の希望や可能性が広がるように、 全力でサポートさせていただいています。

がん看護外来

当院がん看護専門看護師による、看護外来をご利用ください。

看護外来では

がん看護外来のご案内・ 病状や治療に関する質問
・ 治療方法などの選択に関する相談
・ 辛い症状に関する相談
・ お子さんへの病気の説明
など日常生活や治療で困ったことにどう対処していくのかを 一緒に考える支援を行っています。

実施日時

毎週  火曜日:9時〜11時  木曜日:13時〜15時 30分/回

実施場所

外来2階 地域医療連携・相談支援センター/緩和ケアセンター内診察室(診察場所が変更になる場合があります。)
予約制のため受診を希望される方は主治医または、診療科の看護師にお申し付けください。
希望を支え、可能性が広がるようがん看護専門看護師が一緒に考えます。

 

緩和ケア・疼痛看護外来

 緩和ケアチームに所属している看護師・薬剤師が、外来通院をされている患者さんやご家族の困っていることを一緒に考え、解決できるようにお手伝いさせていただく看護相談外来です。「がんによる体の痛みをとりたい」「痛み止めやその副作用について知りたい」など体や心の痛みが少しでも和らぎ、安心して通院治療や自宅療養ができるようにサポートします。

・ 看護外来開設日 月〜金曜日 9時〜13時 一人30分程度
・ 相談方法 主治医、外来看護師に声をかけてください。(事前予約はいりません)
・ 医師の診察があるときに看護相談を受けることができます。
・ 緩和ケア外来管理指導料、がん性疼痛管理指導料を月に1回算定します。

緩和ケア・疼痛看護外来

 

ストーマ外来

 ストーマを保有する方々が安心して日常生活を送ることができるように皮膚・排泄ケア認定看護師を中心にサポートいたします。通常の外来とは別に個室を設けて実際にケアを実施し、ストーマの観察をしたり、ストーマに関する日常生活についての相談を受けたり、ストーマを保有する方の生活全般に関する対応を行っています。「これは、どこに相談したらいいのだろう」というストーマに関するお悩みや心配事をお持ちの方は、お気軽にストーマ外来を受診してください。

主な内容

・ストーマ装具の正しい交換方法の指導
・体型や生活の変化に応じたケア方法の相談 ・ストーマやストーマ周囲の皮膚トラブルの対処
・化学療法に伴って起こるストーマ周囲皮膚トラブルの予防や早期発見と対処
・新しいストーマ装具などの情報提供
・日常生活(食事・排泄・入浴・外出など)や社会生活上のアドバイス など

対象者

ストーマを保有する方
※他院で手術を受けた方、当院に通院していない患者さんの受診もお受けしております。
その場合は消化器外科医師もしくは泌尿器科医師への診療情報提供書が必要です。

診察日

月曜日〜金曜日(祝日を除く)の9時〜16時、一人30分〜60分。

受診方法

完全予約制。電話または外来窓口にてお申込みください。

費用

一人30分以上、診療報酬加算により 在宅療養指導料:170点、ストーマ処置料:ストーマを1個持つ患者に対して行った場合70点、ストーマを2個持つ患者に対して行った場合100点(※在宅療養指導料は1回/月算定)

受診当日の持ち物

装具をはずして診察をさせていただきますので、装具の交換ができるように必ず普段ご使用の装具1セットをご持参ください。

 

嚥下外来

 摂食嚥下障害看護認定看護師が、外来通院されている患者さんや家族へ機能の評価・リハビリテーションの指導・栄養摂取の相談を行います。入院中に解決できなかった嚥下障害や栄養への不安をサポートいたします。

主な内容

・嚥下機能評価
・嚥下リハビリテーション
・食形態や栄養摂取方法の相談
・入院中に嚥下障害になった方へのフォローアップ
・日常生活や社会生活上のアドバイス

診察日(祝日を除く)

 金曜日:13時00分〜16時30分  
 場所:2階 消化器・呼吸器内科外来診察室4番

受診方法

 完全予約制ですので電話または外来窓口で直接お申し込みください。
 退院時は病棟スタッフにお尋ねください。

栄養・嚥下外来

 

つばめの会(摂食・嚥下の会)

少し上の食事を一緒に考えましょう!
嚥下障害のある患者さん・ご家族で食事に悩んでいることや工夫していることの経験談などを話し合いましょう。
※講習会や試食会もやっています。

つばめの会(摂食・嚥下の会) ・ 家族と一緒に食事はできるの?
・ 旅行は行けるの?
・ 旅先での食事は?
・ 経管栄養で外出?
・ 何かいい嚥下食はない?
・ 嚥下食の味付けの工夫は?
・ どんなミキサーがあるんだろ?
・ 友達欲しいな もっと気楽に話せる場所が欲しいな

日時:毎月第3木曜日 13:00〜14:30
対象:嚥下障害のある患者さん・ご家族 (当院以外の患者さん・ご家族でも参加可能です。)
参加費:無料
申し込み:不要
会場:愛知県がんセンター中央病院内1F 国際医学交流センター
担当:摂食・嚥下障害看護認定看護師、歯科衛生士、言語聴覚士
連絡先:052(762)6111 内線6333  haoyama@aichi-cc.jp 青山寿昭

 

がんサロン

がんサロンとは】 
がん患者とその家族が、悩みや体験を語りあい、共感の中からお互いの生きる力を引き出していく交流の場である。

場所:愛知県がんセンター中央病院 緩和ケアセンター前
日時:毎月第1・3火曜日 
   13時30分〜15時30分(『サロンdeセミナー』は13時30分〜14時)  
事前予約:不要 開催日にお気軽にお越しください
参加費 :無料
対象者 :がん患者さんまたはご家族。
     当院通院以外の患者さんご家族の参加可。病期は問いません。   

がんサロンの運営目的

がん患者サロン
  1. がんサバイバーや家族が交流や情報交換をする場の提供
  2. がんサバイバーや家族の情報収集ができる場を提供
  3. 医療者からがん治療や暮らし方に関する話を聞き意見交換ができる場の提供

サロンdeセミナーについて

 愛知県ががんセンターの患者サロンは、運営目的に基づき看護部が主体となり企画運営を行っております。サロン開催時間の中に30分〜1時間程度「サロンdeセミナー」というミニ講習会を行います。治療や日常生活の中での困ったことについて、医師、看護師、薬剤師、栄養士、相談員が対処する方法を探すのをお手伝いします。

 

サロンdeセミナー特別企画について

 がんサロンでは、患者家族の特定のニーズに答えるために特別企画を設けています。たとえばがん患者の家族を対象としたプログラム、がんという病気や治療に関することを知ってうまく生活していく方法を全般的に知りたい方へのプログラムなども提供しております。又、がん患者と家族の方の交流の場として七夕やクリスマスなどの季節のイベントも企画しております。

最新情報
 

チャイルドサポートプログラム

CLIMB®プログラム 参加者募集のお知らせ 
 愛知県がんセンター中央病院では、がん患者さんのお子さんを対象としたサポートプログラム『CLIMB®プログラム』を実施しています。同じような状況にある子どもたちが集まり、みんなで一緒に絵を描いたり工作をしたり、話し合ったりしながら、自分の状況や気持ちに向き合う力を高めていくことをめざしています。
 【対象】
   小学1年生〜6年生
 【定員】
   8名 
    ※他院で治療されている患者さんのお子さんも参加できます。   
    ※定員になりましたら締め切らせていただきます。
 【日時】
    2016年10月〜11月の土曜日・全4回・各回120分 10:00〜12:00
    @10月8日 A10月22日 B11月5日 C11月19日
 【参加費】
   無料
 【場所】
   愛知県がんセンター中央病院 外来化学療法センター研修室など
 【活動内容】
   親子一緒におやつタイム
   子どものグループ(お話、工作・活動タイムなど)
   親のグループ(自由な話し合いなど) ※任意参加です
 【申し込み方法】
   下記アドレスへのE-milもしくは、お電話にて受け付けをいたします。
 【募集締め切り】
   平成28年9月16日(金曜日)17時
 【実施責任者】
   愛知県がんセンター中央病院
   がん看護専門看護師 柴田 亜弥子

お申し込み・お問い合わせ

チャイルドサポートプログラム
    愛知県がんセンター中央病院
    緩和ケアセンター
    〒464-8681  名古屋市千種区鹿子殿1−1
    担当 : 美濃屋・柴田
    TEL : 052-762-6111
    内線 : 6420 (平日8:30〜17:00)
    E-mail : aminoya@aichi-cc.jp  / ashibata@aichi-cc.jp

 

このページのトップへ