愛知県がんセンター中央病院 > 各種相談のご案内 > 相談支援室のご案内 > がん患者への就労相談(就労支援)

社会保険労務士による就労に関する相談を開設しています

 就労中にがんと診断された患者さんの多くが、検査、手術、化学療法による通院、体調変化により休職や離職を余儀なくされています。そして、復職にも影響を与えるなど、働くことに関してさまざまな悩みを抱えておられる方も多いのではないでしょうか。
 こうしたことから、平成24年6月に国が策定した「がん対策推進基本計画」には、重点的に取り組むべき課題の一つとして、「がん患者の就労を含めた社会的な問題」が新たに盛り込まれました。

例えば・・・
・がんと診断され、これから治療が始まります。会社にはどのように伝えたらよいかと悩んでいます。
・会社には病名を伝えた方がいいのでしょうか。
・入院することになり休職しますが、収入がなくなります。どうしたらよいでしょうか。
・傷病手当金はどのように申請したらよいでしょうか。
・がんのことを会社に言ったら、退職勧告を受けてしまいました。
・復職を考えています。でも自信がありません。会社にはどう話していくとよいでしょうか。
・退職することになりました。健康保険はどうなるでしょうか。失業給付は受けられるでしょうか。

 患者さんのこうした仕事に関する悩みに対応するため、当院では、平成25年10月28日から、労務管理や社会保険に関する専門職である社会保険労務士を相談員として、「就労に関する相談」を開設いたしました。
 これまで相談を利用していただいた方からは、「休職制度や傷病手当金について知ることができ参考になった。」「相談のためにどこかに出かけていくことは体力的に難しいので、院内にこのような相談ができる場所があって本当に助かった。」との感想をいただいています。
 また、相談員である社会保険労務士は、がん治療の経験をお持ちの方ですので、より患者さんとの共感を持って対応していただいています。
 もし、このようにがん治療を受けながら、仕事に関する悩みをお持ちの方がみえましたら、お気軽にお問い合わせください。また、お近くにそのような方がおみえになりましたら、ぜひご紹介ください。
 なお、この相談では、就職先の紹介はできかねますので、ご了承ください。(就職先の紹介を希望される方は、「就職支援ナビゲーターによる就職に関する相談」をご利用ください。)

予約制です

日時

毎月第2木曜日・第4月曜日 (休日の場合は変更あり)

午後1時30分〜午後4時30分

お問合せ・予約先

地域医療連携・相談支援センター

電話 052−762−6111(代)


相談の様子

相談の様子

ページ上部へ