トップページ診療内容 > 診療部門紹介 > 緩和ケア部

緩和ケア部

緩和ケア部の紹介

緩和ケアとは

 生命を脅かす疾患に伴う問題に直面する患者と家族に対し、疼痛や身体的、心理社会的、スピリチュアルな問題を早期から正確にアセスメントし解決することにより、苦痛の予防と軽減を図り生活の質(QOL)を向上させるためのアプローチである。と定義されています。(2002年WHO世界保健機構)
 愛知県がんセンター中央病院は、都道府県がん診療連携拠点病院の指定を受け、中心的ながん診療機能を緩和ケアの分野でも構築してゆくという大きな役割を担っております。名古屋市のがんセンター中央病院には緩和ケア部がおかれ、岡崎市のがんセンター愛知病院には緩和ケア病棟が開設されています。私たちはすべてのがん患者さんおよび家族の皆様の苦痛軽減並びに療養生活の維持向上が図れますように日々努力をいたしております。

緩和ケア部について

下山 理史
緩和ケア部長
下山 理史

 がん専門病院である当院には、1998年より疼痛緩和医療試行グループが立ちあげられ、麻酔科部、薬剤部を中心に、緩和医療の普及、啓蒙、そして実際の治療に関わっておりました。1999年6月にはがん性疼痛緩和マニュアル(第一版)を発行しました。
 2001年12月20日には、適切な緩和ケアが迅速に実施できるように病院全体で取り組むことを目的に緩和医療(ケア)チームが組織されました。
 部長は下山理史が担当し、医師、薬剤師、MSW、そしてがん性疼痛看護認定看護師を看護リーダーに、各病棟に緩和ケア看護師を置く体制で、活動を広げています。

目的

  1. 診療の早期から緩和ケアに関する専門的な知識や技術を提供することにより、がん患者やその家族(介護者を含む)のクオリティー・オブ・ライフ(以下QOL)の維持向上をはかる。
  2. 院内および地域において緩和ケアを普及させるために、教育および地域連携の中心的役割を担う。

緩和ケアチームの役割

  1. 痛みやその他の身体的な症状の軽減と精神的、社会的、スピリチュアルな問題への支援を行い、安全かつエビデンスに基づく質の高いケアの提供を心がける。
  2. 患者・家族とのコミュニケーションを通して患者・家族の治療や療養に関する意思決定を援助する。
  3. 鎮静(セデーション)や輸液療法の適応を始め、DNR(Do Not Resuscitate)などについて、倫理的な側面から助言を行う
  4. 家族ケアは患者療養の全経過を通して行う。特に終末期においては家族に対して適切なケアを行う。
  5. オープンな話し合いやチーム・ミーティングを通して医療従事者の支援を行う。
  6. 継続的な緩和ケアを行うために地域病院との連携を図る。
  7. 医療従事者に対し緩和ケアの知識と技術の普及に努める。

運営体制

下山 理史
下山 理史
(しもやま さとふみ)
部長

患者さんへのことば

 準備中

資格

 準備中

所属学会

 準備中

平成29年4月改訂

このページのトップへ