トップページ診療内容 > 診療部門紹介 > 血液・細胞療法部

血液・細胞療法部

血液・細胞療法部紹介

 当科では、造血器悪性腫瘍の患者さんに、よりよい治療を提供することを目標としています。患者さんの意向を尊重し、十分な説明をさせていただいた上で、次の2点を柱とした診療を行います。

  • 最良の治療は治験・臨床試験にあると考えており、これらへの参加を積極的におすすめしています。これは一人一人の患者さんへ最良の治療となるのみならず、医学の進歩に貢献します。
  • 治験・臨床試験外での治療を選択する場合も、最新の知識に基づき、最も効果の期待できる治療法を行います。

山本 一仁
山本 一仁
(やまもと かずひと)
部長

患者さんへのことば

 血液腫瘍、特に悪性リンパ腫と慢性骨髄性白血病を主な専門としています。
 病気と病状をもとに、患者さんと相談しながら、最も良いと思われる治療を選択するのが大切であると思っています。

資格

日本内科学会認定内科医・指導医、日本血液学会認定血液専門医・指導医、日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医・指導医、日本輸血細胞治療学会認定医、日本造血細胞移植学会造血細胞移植認定医

田地 浩史
田地 浩史
(たじ ひろふみ)
医長

患者さんへのことば

 造血器腫瘍全般、特に、悪性リンパ腫、同種造血細胞移植を専門としています。
 造血器腫瘍に対して、病状に応じて、薬物療法・細胞療法・放射線療法等を組み合わせた最適な治療を、他部門とも協力し、チーム医療として取り組みます。

資格

日本血液学会認定血液専門医・指導医、日本輸血・細胞治療学会認定医、日本内科学会認定内科医・指導医、日本臨床腫瘍学会暫定指導医、骨髄移植推進財団調整医師、医学博士、日本造血細胞移植学会造血細胞移植認定医

柳田 正光
柳田 正光
(やなだ まさみつ)
医長

患者さんへのことば

 血液がんの診療、および造血幹細胞移植療法を専門としています。個々の患者さんの病状や希望に基づいて最善の医療を提供してまいります。

資格

日本内科学会認定内科医、日本血液学会認定血液専門医・指導医、日本造血細胞移植学会造血細胞移植認定医

加藤 春美
加藤 春美
(かとう はるみ)
医長

患者さんへのことば

 血液腫瘍全般、特に悪性リンパ腫、移植領域を主な専門としております。
 個々の患者さんの意思を尊重しながら、病状に合わせた最適な治療を受けていただけるように努めてゆきたいと思っております。

資格

日本内科学会総合内科専門医・指導医、日本血液学会認定血液専門医・指導医、日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医・指導医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医、日本造血細胞移植学会造血細胞移植認定医

齋藤 統子
齋藤 統子
(さいとう とうこ)
レジデント

患者さんへのことば

 患者さんの思いを尊重しながら適切な医療を提供したいと思います。

資格

日本内科学会認定内科医

診療内容

  • 悪性リンパ腫の患者さんが最も多いですが、多発性骨髄腫、急性白血病、慢性白血病、骨髄異形成症候群、骨髄増殖性疾患、といった各種造血器腫瘍を対象としています。
  • これらの悪性疾患に対し、化学療法・抗体療法・放射線療法を中心とした治療を行います。
  • 疾患と患者さんの状態により、適切と判断されれば、強力な抗腫瘍効果を期待して、大量化学療法と(疾患により)全身放射線照射療法を併用した自家末梢血幹細胞移植、もしくは、移植片対腫瘍効果を期待して、ミニ移植等の同種造血幹細胞移植を行います。
  • 当科は、自家末梢血幹細胞移植の豊富な経験を有する他、同種造血幹細胞移植についても、幅広く対応可能です。非血縁者間造血幹細胞移植については、日本骨髄バンク(骨髄移植推進財団)の非血縁者間骨髄移植認定診療科であり、また、日本さい帯血バンクの登録移植医療機関です。非血縁者間骨髄採取認定施設として、バンクドナーからの骨髄採取も担当します。
  • 状況に応じて、当院他科受診中の患者さんに合併した血液疾患のコンサルテーションを受け付けています。

外来診療

  • 造血器腫瘍の診断のついた方、もしくは造血器腫瘍の疑いのある方を対象とした診療を行います。
  • 月〜金の午前、専門外来を開いています。予約を取ることをおすすめいたします。病診連携室にご連絡ください。初診時には、診断やその疑いについての病歴が記載された紹介状が必須です。紹介状と共に、関連する検査所見、病理検体、画像をお持ちください。
  • 月〜金の午後、セカンドオピニオン外来を開いています。予約が必要ですので、現在の主治医の先生を通して病診連携室から予約を取ってください。この場合も、紹介状(診療情報提供書)が必要です。必要に応じ、画像をお持ちください。なお、セカンドオピニオン外来では原則として病理検体の再レビューは行いません。

診療実績

入院患者数

年度 2013 2014 2015 2016 2017
入院患者数(月累計延数) 8,975 8,262 8,414 8,293 9,230

外来患者数

年度 2013 2014 2015 2016 2017
新来 218 195 207 167 195
再来(延数) 6,290 5,388 5,314 5,229 5,257
総数 6,508 5,583 5,521 5,396 5,452

外来化学療法センターの治療件数

年度 2013 2014 2015 2016 2017
化学療法(点滴) 572 464 614 665 964
輸血療法 105 238 62 75 165

入院・外来注射 化学療法レジメン別の内訳(総コース数)

レジメン/年度 2013 2014 2015 2016 2017
R-CHOP 172 114 185 300 291
R 156 68 118 145 153
R-Benda 53 42 50 37 149
CHOP 52 21 18 38 42
ABVD 39 17 34 5 41
BD 43 36 52 52 26
CHASER 11 34 40 30 18
他(治験・臨床試験を含む) 271 312 306 284 468
総数 797 644 803 891 1188

R:Rituximab,Benda:Bendamustine,BD:Bortezomib+Dexamethasone

造血細胞移植件数

移植種類/年 2013 2014 2015 2016 2017
自家末梢血幹細胞移植 7 8 8 3 4
血縁者間同種移植 0 1 0 0 0
非血縁者間臍帯血移植 1 1 0 2 1
総数 8 10 8 5 5

研究・学会活動

多くの血液、がん関連学会に所属・参加し、活発に研究成果を発表しています。

  • 日本血液学会
  • 日本造血細胞移植学会
  • 日本臨床腫瘍学会
  • 日本癌学会
  • 日本リンパ網内系学会
  • Amerian Society of Hematology (ASH)
  • European Hematology Association (EHA)
  • Americal Society of Clinical Oncology (ASCO)
  • European group of blood and marrow transplantation (EBMT)
  • International Conference on Malignant Lymphoma (ICML)
  • その他

治験・臨床試験

 当科では多くの国内および国際治験を行っております。主な対象疾患は悪性リンパ腫、多発性骨髄腫、白血病・骨髄異形成症候群です。 また、他の専門医療機関と連携し、多施設共同研究として、JALSG(成人白血病治療共同研究グループ)、JCOG(日本臨床腫瘍研究グループ)のリンパ腫グループ、および、NBMTG(名古屋BMTグループ ) に参加し、臨床試験を進めています。

レジデント・研修生募集

 血液・細胞療法部ではレジデント、シニアレジデントの募集を行っています。 研修期間中に血液疾患およびがんに関する専門知識及び技術を習得することを目的としております。また、血液専門医・がん薬物療法専門医などの資格取得、各種国内外学会参加および学会・論文発表へのサポートを希望に応じて積極的に支援しております。 短期・長期研修生の募集も随時行っています。
 詳細は当院ホームページ レジデント・シニアレジデント募集要領の参照または当科レジデント・研修担当係 (メールアドレス:メールアドレス ) までお問い合わせ下さい。

平成30年5月改訂

このページのトップへ