トップページ診療内容 > 診療部門紹介 > 乳腺科部

乳腺科部

乳腺科部紹介

基本理念

 我々は、がんセンターを受診されたすべての患者さんに対して、根拠に基づいた高い水準での診断・治療を行うと共に、患者と医師との関係は信託(信じて託す)であると考え、インフォームドコンセントにより個々の患者さんに最も適した治療法をお勧めしています。

スタッフ紹介

岩田 広治
岩田 広治
(いわた ひろじ)
部長
(兼副院長)

患者さんへのことば

 乳がんの診断から初期治療(手術、薬物療法)、再発治療から緩和医療まで、幅広く一貫した治療を心掛けています。今では標準治療になったセンチネルリンパ節生検を日本でもいち早く取り入れて実践し、患者さんにより負担の少ない手術を日々心がけています。また、薬物療法では、標準治療(現在の最先端の治療)を目の前の患者さんに提供することを第一に、世界規模の臨床試験にも数多く参加して、いち早く新規薬剤を日本の患者さんに届ける使命を痛感しながら診療を行っています。再発治療から緩和医療では、患者さんの個々の事情に合わせて、院内の乳がんチームが多方面のサポートをさせていただいています。乳腺科の部長として、東海地区の乳がん治療の要として、日本のオピニオンリーダーとして、世界の乳がん治療を動かす一人として、『患者さんによりよい医療を提供するためには、我々医療者が心身ともに健康であれ』を部のスローガンにして、常にチームの柱として診療を行っています。

資格

【学会専門医・役員等】
日本乳癌学会専門医・評議員、日本外科学会指導医、日本臨床腫瘍学会暫定指導医
【その他 所属学会】
日本癌治療学会、米国臨床腫瘍学会(ASCO)、日本癌学会、日本乳癌検診学会、日本臨床外科学会

澤木 正孝
澤木 正孝
(さわき まさたか)
医長

患者さんへのことば

 乳腺専門医として、診断から治療まで一貫して担当させていただきます。患者さんの個々の病状に合わせて、最小限の侵襲で最大限の効果が得られるよう、ベストの治療が提供できるように取り組みたいと思います。またグローバルスタンダードにかなう臨床・研究を行いたく励んでいきたいと思います。

資格

【学会専門医・役員等】
日本臨床腫瘍学会 評議員・指導医・がん薬物療法専門医、日本乳癌学会 評議員・乳腺指導医・乳腺専門医、日本外科学会 指導医・外科専門医、日本がん治療認定医機構 がん治療認定医、日本乳がん検診精度管理中央機構検診マンモグラフィ読影認定医(AS評価)、日本消化器病学会 消化器病専門医、麻酔科標榜医、博士(医学)
【その他 所属学会】
米国臨床腫瘍学会 (ASCO)、日本癌学会、日本癌治療学会、日本家族性腫瘍学会、日本臨床薬理学会 他

服部 正也
服部 正也
(はっとり まさや)
医長

患者さんへのことば

 2010年4月より着任いたしました。乳腺腫瘍の診断から治療まで、質の高い医療を提供できるよう日々研鑽しています。

資格

日本乳癌学会(専門医)、日本外科学会(専門医)、日本臨床腫瘍学会 他

吉村 章代
吉村 章代
(よしむら あきよ)
医長

患者さんへのことば

 乳がんの診断、手術、治療を担当しております。患者さんの立場に立ち、一人一人が安心して最適な治療が受けられるよう心がけております。

資格

【専門医など】
日本外科学会専門医、がん治療認定医、日本乳癌学会専門医
【所属学会】
日本外科学会、日本乳癌学会、日本臨床腫瘍学会、日本臨床外科学会 他

石黒 淳子
石黒 淳子
(いしぐろ じゅんこ)
医長

患者さんへのことば

 誠実に診察に当たるとともに、専門性の高い医療を提供いたします。

資格

【専門医など】
日本外科学会専門医、がん治療認定医、日本乳癌学会専門医、マンモグラフィ読影認定医、 JABITS乳房超音波検査認定読影医師
【所属学会】
日本外科学会、日本乳癌学会、日本乳癌検診学会、日本臨床外科学会、家族性腫瘍学会

権藤 なおみ
権藤 なおみ
(ごんどう なおみ)
医長

患者さんへのことば

 根拠に基づいた標準的な診療・治療に心がけています。また、患者さんに十分に理解していただけるように、病気の状態・治療の方法について丁寧に説明するように努めています。

資格

日本乳癌学会(認定医)、日本外科学会、日本臨床外科学会、日本内視鏡外科学会

小谷 はるる
小谷 はるる
(こたに はるる)
医長

患者さんへのことば

 診断から、手術、治療を担当しています。乳癌の治療は手術でも薬物療法でも色々な方法・種類があります。それらの中から根拠に基づいて、一人一人の患者さんに最善の治療を提供できるよう心掛けています。患者さん、また御家族とも信頼関係を築き、一緒に病気に向き合いたいと考えています。どうぞよろしくお願いいたします。

資格

【専門医など】
日本外科学会専門医、日本乳癌学会専門医、マンモグラフィ読影認定医
【所属学会】
日本外科学会、日本乳癌学会、日本臨床外科学会、日本臨床腫瘍学会、米国臨床腫瘍学会 (ASCO)  

片岡 愛弓
片岡 愛弓
(かたおか あゆみ)
レジデント

患者さんへのことば

 患者さん一人ひとりに適する根拠に基づいた質の高い医療を提供できますよう努力していきます。わからないこと、不安なことなどありましたらお気軽に声をかけてください。

資格

【専門医など】
マンモグラフィ読影認定医
【所属学会】
日本外科学会、日本乳癌学会 

大西 桜
大西 桜
(おおにし さくら)
レジデント

患者さんへのことば

 様々な情報で満ちあふれる今この時代の中、より良い医療を提供し、皆さまに安心して治療を受けていただくことができるよう日々努力しております。

資格

【専門医など】
日本乳癌学会認定医、日本外科学会専門医、マンモグラフィ読影認定医
【所属学会】
日本乳癌学会、日本乳癌検診学会、日本外科学会、日本臨床外科学会 

岩瀬 まどか
岩瀬 まどか
(いわせ まどか)
レジデント

患者さんへのことば

 質の高い医療をわかりやすく説明、提供し、患者さんに寄り添いながらともに病気に向かい合っていけるよう心がけています。

資格

【専門医など】
日本外科学会専門医、日本乳癌学会認定医、マンモグラフィ読影認定医、乳房超音波読影認定医
【所属学会】
日本外科学会、日本乳癌学会、日本臨床外科学会、日本遺伝カウンセリング学会 

杉野 香世子
杉野 香世子
(すぎの かよこ)
レジデント

患者さんへのことば

 患者さんそれぞれの気持ちに沿った、質の高い医療を提供できるよう日々努力してまいります。わかりやすい説明を心がけます。

資格

【専門医など】
 マンモグラフィ読影認定医
【所属学会】
 日本乳癌学会、日本乳癌検診学会、日本外科学会、日本臨床外科学会 

レジデント募集

乳腺科ではレジデントを募集しています。

診療内容

 乳がんをはじめとする乳腺の病気の診断、治療を行っています。他院から紹介された方だけでなく、乳房に関しての自覚症状がある方、乳がん検診で要精査となった方、再発乳がんの治療が必要な方、など色々なきっかけで患者さんは当院を受診されます。私たち乳腺科のスタッフはどのような方に対しても正確な診断とわかりやすい説明を心がけて毎日の診療を行っています。

外来診療

外来

  外来に初めて受診された方は初診医の問診・診察を受け必要な検査を行います。そのあと後日必要な検査・診察の説明や予約をさせていただきます。
※受診の際、他院からの手紙や写真などをお持ちでしたらご持参ください。

セカンドオピニオン外来 (予約制)

他の病院で検査・治療中の方でセカンドオピニオンをご希望の方も、予約制で診察を行っております。

診断に必要な検査

@マンモグラフィ(レントゲン検査)

 マンモグラフィによってとらえられる腫瘤や石灰化などの病変は乳癌の早期発見はもちろん、広がりの診断にも大変重要です。専門の技師が撮影を行っています。

乳腺科画像

A超音波 (エコー検査)

 外来診察室に一台ずつ設置しており、診察中に必要に応じてエコー検査を行うことが可能です。 さらに詳細な検討には検査室の精度の高い器械で毎日午後に検査を行っています(予約制)。

B穿刺吸引細胞診

 細い針をしこりに刺して細胞を取る検査です。通常外来で、超音波で病変を見ながら行います。 検査結果は約1週間後にわかります。

C乳管造影(予約制)

 乳頭からの分泌液がある方に行う検査です。分泌液の出てくる乳管から造影剤を入れてレントゲンを撮ります。

Dステレオガイド(マンモグラフィー)下マンモトーム生検 (予約制)
  超音波ガイド下マンモトーム生検 (予約制)

 超音波ガイド下マンモトーム生検 (予約制) マンモトームとは非常に小さな傷から周囲の組織を含めて 病変を採取(生検)して病理診断をする方法です。 マンモグラフィーまたは超音波で病変の位置を確認しながら 行います。 病変の診断をする目的のほかに、乳癌の性質を知る ために行うこともあります。 検査時間は約30分から1時間くらいです。 検査結果は約1週間後にわかります。

乳腺科画像

【ステレオガイド下マンモトーム生検は腹臥位(腹這い)のタイプで行っています。】

治療について

手術

 手術は病状に応じて、主に下記の手術方式で行います。手術の病理組織結果は術後約3週間でわかります。乳房の再建手術のご希望があるかたは形成外科にも受診して頂き、手術方法を決定していきます。

(1) 乳房温存手術: 病変を含めて乳腺を部分的に切除します。乳房は大部分が残りますので美容的に優れます。この手術の対象となるのは病変の範囲が比較的狭い方となります。また原則、術後に残った乳房に対して放射線治療を行います。

(2) 乳房切除術: 乳頭を含めて乳房全体を切除します。手術前の画像診断でしこりが大きい方や、周囲への拡がりが広いことが予想される方が対象となります。

(3) センチネルリンパ節生検: 手術の前にわき(腋窩)のリンパ節への転移がないと予想される患者さんが対象で、手術中にわきのリンパ節を一部生検し、転移の有無を検査して、転移の無い方・転移の量が非常に少ない方は他のリンパ節を切除せずに残します。

(4)腋窩郭清術:手術の前にわきのリンパ節に転移を認めた方、手術中にセンチネルリンパ節に一定量以上の転移を認めた方は腋窩のリンパ節を切除します。

(5)乳房再建手術: 乳房切除時に同時に再建手術を行う1期再建手術と、乳房切除・乳癌の術後の治療を行った後、期間をおいてから行う2期再建手術があります。いずれも病状に応じた手術方法やどのように再建を行うか(人工物・自家組織)の選択には患者さん本人希望をふまえ、総合的な判断を必要とするため、形成外科医と乳腺科が連携して術式を決定した後、合同で手術を行います。

薬物療法

 乳がんの薬物療法にはホルモン治療、化学療法、分子標的治療薬などの多くの種類があります。その中から個々の患者さんの乳癌の性質、病状に応じて手術前・手術後の補助療法や転移巣に対する治療として行います。治療方針に関しては薬物療法部の先生とも合同カンファレンスを行い総合的に判断します。当院では新規薬剤の臨床試験(治験)も複数行っており、患者さんによっては臨床試験への参加を提案することもあります。
 また、現在は大部分の薬物治療を外来通院で行います。ホルモン療法の多くは内服薬であり、抗癌剤・分子標的薬の点滴治療は外来化学療法室で行っています。

乳腺科画像

【外来化学療法室の様子】

放射線治療

 術後や転移巣への放射線治療が必要な際には放射線治療医が担当しています。
 乳房温存手術後の放射線治療については、通常の5週間の放射線治療のほか、約3週間で行う寡分割照射も行っております。また、患者さんのご希望により地域の病院と連携して放射線治療を行なうこともあります。

チーム医療

 乳がんの治療においては乳腺科の医師だけではなく、他の科の医師(形成外科、薬物療法科、放射線科、緩和ケア科)、看護師、薬剤師、社会保険労務士など他職種の専門家が協力して患者さん・御家族を支えていくことが重要です。病状の事でわからないことはもちろん、術後のリハビリ方法や日常生活での不安なことなどそれぞれの専門家へもご相談ください。

乳腺科画像

【5階西病棟(乳腺科・婦人科病棟)の様子】

乳腺科画像

【認定看護師が患者さんの治療中・日常生活へのアドバイスを行います。】

診療実績

  件数
2008年 2010年 2013年
年間手術件数 453 408 525
病期 0期(非浸潤癌) 55 68 98
  T期 182 181 208
  U期 141 104 152
  V期 22 17 12
  W期 3 0 6
原発性乳癌 総数 413 373 476
術式内訳 乳房治療 乳房切除術(%) 211(51%) 180(48 %) 275(58%)
乳房温存術(%) 202(49%) 193(52%) 203(42%)
腋窩治療 腋窩リンパ節郭清術(%) 123(31%) 80(22%) 113(23%)
センチネルリンパ節生検(%) 276(70%) 278(78%) 376(77%)
一期的再建術 14(7%) 15(8%) 74(27%)
術前薬物療法 術前化学療法(%) 35(9%) 19(5%) 75(15%)
術前内分泌療法(%) 9(2%) 5(1%) 27(6%)
マンモトーム生検 ステレオガイド下マンモトーム生検 112 90 98
超音波ガイド下マンモトーム生検査 217 201 254
化学療法件数   5958 4749 5667

研究・学会活動

【2013年度】

学会発表 51件
誌上発表 38件

主な学会活動

日本乳癌学会、日本乳がん検診学会、日本外科学会、日本がん治療学会、日本癌学会、家族性腫瘍学会、日本臨床外科学会、乳がん手術手技研究会、乳がん画像研究会、sentinel node navigation surgery研究会、米国がん治療学会 (ASCO)

治験・臨床試験

現在進行中の研究 ・ がんセンターとしての取り組み

がんセンターでは、新規薬剤や新しい治療方法などの開発・実用化に関する臨床試験にも積極的に取り組んでいます。以下に現在(平成26年6月)取り組んでいる研究内容の一部を、ご参考までに記します。

  1. 乳房温存術中の放射線治療 (Intraoperative Radiation Therapy)
  2. 就労・社会復帰に関するアンケート調査
  3. 乳がん診断・治療への分子生物学的アプローチ(トランスレーショナルリサーチ)
  4. 遺伝性乳癌卵巣がん症候群のカウンセリング外来、予防的乳房切除の臨床試験
  5. 世界的臨床試験への参加、医師主導の臨床試験への積極的な関与(N-SAS-BC,JBCRGstudyなど)、がん集学的治療臨床試験への参加(JCOG)

おわりに

 愛知県がんセンターでは乳がんの診断・手術・放射線療法・薬物療法のすべての分野において、標準治療を軸としながら、患者さん一人一人に最善の治療を受けていただけるよう診療を行っております。また新規薬剤や新規の治療方法の臨床試験も行っており、幅広い選択肢を患者さんに提示しています。近年では遺伝性乳癌の診療も開始し、カウンセリングや遺伝性乳癌に特化した治療も開始しております。  

平成28年7月改訂

このページのトップへ