トップページ診療内容 > 診療部門紹介 > 薬物療法部

薬物療法部

薬物療法部紹介

 薬物療法部は、抗がん剤治療を専門とする診療部門です。近年の癌治療における薬物療法(抗がん剤治療)の進歩は著しく癌薬物療法の専門家(腫瘍内科医)が化学療法を実践していくことの必要性が叫ばれております。私たちはがん薬物療法の専門家として少数精鋭で積極的に治療を行っております。
 薬物療法部は胃がん・大腸がん・食道がんといった消化管がんの化学療法・化学放射線治療を中心に、その他原発不明がん・胚細胞腫瘍がん・腎がん・乳がん・頭頸部がん・軟部肉腫などの固形がんに対する全身化学療法を行っております。今まで血液・細胞療法部とともに診療してまいりましたが、2006年1月から独立した新たな形でスタートしました。
 消化器がんは増加するがん患者さんの中でも多くを占め、がん死亡原因の一位こそ肺がんに取って変わりましたが、胃がんは依然として多く、最近では大腸がんの増加が著しくなっております。胃がん・大腸がんの分野における化学療法剤の進歩は近年めざましいものがあり、本邦でも新規抗がん剤として承認されるようになってきました。従来「抗がん剤は効きにくい、化学療法の意義が少ない」などといったあまり良いイメージのない消化器がん化学療法ですが、近年の薬剤開発によりその考え方が大幅に変わってきております。積極的に適切な治療を行うことで確実にQOL(Quality of Life=生活の質)を維持した生存期間の延長がみられるようになってきたのです。
 化学療法を実施するにあたって、疾患に対する深い知識と経験のみならず、多くの有望な薬剤についての知識や経験の上でこれらを適切に使用することが必要となります。我々は消化器内科医であり、同時に薬物療法専門家であります。がん化学療法のプロとして、最大限に効果が発揮できるレジメン(化学療法の投与方法)で副作用への対応にも十分配慮し、治療を行うことを常に心がけております。また、多くの臓器にまたがる腫瘍を相手にしていますので、消化器外科、消化器内科、放射線診断・IVR部、放射線治療部、頭頸部外科、乳腺科、泌尿器科、整形外科、婦人科といった各グループと密に連携して診療にあたっております。
 基本的に確立された標準的化学療法を行っておりますが、さらに優れた治療法の開発を目指した臨床研究にも積極的に取り組んでおります。また、標準的治療が確立していないがん種や一般的な治療が無効になってしまった場合には、新規薬剤の臨床試験(治験)などを行い、新しい治療法や新薬の開発に努めています。

スタッフ紹介

室 圭
室 圭
(むろ けい)
部長
(兼副院長)

患者さんへのことば

 最近の高度・専門化しているがん薬物療法は、疾患に対する豊富な知識、臨床経験を有していることのみならず、がん化学療法に精通したスペシャリストによって行われるべきであると考えます。我々はがん化学療法(特に消化器がん化学療法)の専門家であり、また各臓器がんの病態にも精通しています。他科と密に連携して精力的にがん薬物療法を実践しております。標準的治療(臨床実地)の実践は勿論のこと、臨床試験(JCOG, WJOG, 企業主導治験、医師主導治験、自主研究など)を積極的に推し進めることで常に有望な治療開発に努めております。

資格

米国臨床腫瘍学会(ASCO active member)・欧州臨床腫瘍学会(ESMO active member)・日本臨床腫瘍学会(理事、指導医審査部会部会長、暫定指導医)・がん治療認定医機構(暫定教育医)・日本食道学会(評議員、国際委員会委員、プログラム検討員会委員)・日本胃癌学会(理事、財務委員会委員長、代議員、ガイドライン作成委員会委員、プログラム委員会委員、保険診療委員会委員、倫理委員会委員)・大腸癌研究会(幹事、大腸癌治療ガイドライン委員会ガイドライン作成委員会副委員長、化学療法委員会委員)・日本癌治療学会(がん診療ガイドライン作成・改訂委員会委員、臨床試験委員会専門委員)・日本大腸肛門病学会(評議員)・日本内科学会・日本癌学会・日本消化器内視鏡学会

安藤 正志
安藤 正志
(あんどう まさし)
医長

患者さんへのことば

 乳癌の薬物療法を中心に、原発不明癌、軟部肉腫に対する化学療法を担当しております。がんに対する薬物療法の目的には、治癒、延命、腫瘍を小さくすることによる痛みなどの症状の緩和があります。病気や患者さんの状態により、それぞれ、薬物療法の目的が異なります。がんの薬物療法を受ける際に、患者さんの利益(治療効果)と不利益(副作用など)を説明した上で、それぞれの患者さんに最善と考えられる治療を受けて頂くことを目指しております。

資格

米国臨床腫瘍学会(ASCO active member)・日本乳がん学会・日本臨床腫瘍学会(がん薬物療法指導医)・日本内科学会(総合内科専門医)・日本癌学会

門脇 重憲
門脇 重憲
(かどわき しげのり)
医長

患者さんへのことば

 進行がんの多くは根治困難ですが、化学療法の進歩により着実に治療成績は向上しています。化学療法の副作用に対する支持療法やがんの症状に対する緩和治療を積極的に行うことにより、生活の質を維持しつつ治療を続けられるように努めます。不安なことや分からないことがありましたら是非ご相談ください。また、標準的な治療を行うだけでなく、臨床試験を通してより有効な治療法の開発にも積極的に取り組んでいきたいと考えております。

資格

米国臨床腫瘍学会(ASCO active member)・日本臨床腫瘍学会(がん薬物療法専門医、指導医)・医学博士・日本内科学会(総合内科専門医、認定医)・日本消化器病学会(専門医)・日本がん治療認定医機構(認定医、暫定教育医)・日本消化器内視鏡学会・日本癌治療学会・日本胃癌学会・日本がん分子標的治療学会・日本頭頸部癌学会

成田 有季哉
成田 有季哉
(なりた ゆきや)
医長

患者さんへのことば

 がん治療は患者さんを中心としたチーム医療です。現在できる最良の医療を行うこと はもちろん、おひとりおひとりと向き合い、一緒に歩んで行きたいと思っています。

資格

米国臨床腫瘍学会(ASCO active member)・欧州臨床腫瘍学会(ESMO active member)・日本内科学会(認定内科医)・日本臨床腫瘍学会(がん薬物療法専門医)・日本消化器病学会・日本癌治療学会・日本胃癌学会・日本緩和医療学会  

舛石 俊樹
舛石 俊樹
(ますいし としき)
医長

患者さんへのことば

 がん薬物療法には、効果(がんが大きくならない、小さくなる、消失する)と副作用が必ず共存します。患者さんの人生観や体の状態に合わせて、期待される効果と予想される副作用のバランスがとれた治療を一緒に考えていきたいと思います。

資格

日本臨床腫瘍学会(がん薬物療法専門医)・欧州臨床腫瘍学会・日本癌治療学会・日本胃癌学会・日本緩和医療学会・日本消化器内視鏡学会・日本消化器病学会(専門医)・日本肝臓学会・日本内科学会(認定医) 

本多 和典
本多 和典
(ほんだ かずのり)
医長

患者さんへのことば

 がんは完治することが難しい病気のひとつです。治療の目標を明確にした上で治療方法を患者さんとご家族、医療者で相談していく必要があります。科学的根拠に基づいた最良の医療を目指すのはもちろんですが、一人ひとりの患者さんの希望や気持ちに応える治療方法を一緒に考えていきます。

資格

日本臨床腫瘍学会(がん薬物療法専門医)・日本内科学会(認定医)・日本癌学会・日本緩和医療学会・欧州臨床腫瘍学会  

坂東 英明
坂東 英明
(ばんどう ひであき)
医長

患者さんへのことば

 準備中

資格

 準備中  

加藤 恭子
加藤 恭子
(かとう きょうこ)

患者さんへのことば

 現在できうる最善の治療を提供することはもちろんですが、患者さんがどのように過ごしていきたいかという思いも大切に、お一人お一人にとって最良の治療方法を一緒に考えていきたいと思います。がんや治療によって患者さんに生じる症状や苦痛をできる限り和らげるように努めてまいります。

資格

日本臨床腫瘍学会、日本内科学会、日本乳癌学会、日本血液学会

熊西 亮介
熊西 亮介
(くまにし りょうすけ)

患者さんへのことば

 準備中

資格

 準備中

能澤 一樹
能澤 一樹
(のざわ かずき)

患者さんへのことば

 準備中

資格

 準備中

松原 裕樹
松原 裕樹
(まつばら ゆうき)

患者さんへのことば

 準備中

資格

 準備中

中澤 泰子
中澤 泰子
(なかざわ たいこ)

患者さんへのことば

 準備中

資格

 準備中

緒方 貴次
緒方 貴次
(おがた たかつぐ)

患者さんへのことば

 準備中

資格

 準備中

診療内容

外来化学療法センターの様子  従来は入院で行われていた腫瘍に対する化学療法ですが、その投与方法などの進歩と、患者さんの療養生活の質の向上を目指し、その多くを通院による外来治療で行われるようになってまいりました。外来での化学治療が困難な場合には入院での治療を行っております。

外来化学療法センターの様子

外来化学療法センター
  • 一日当たりの外来利用者数:80-100人
  • 一ヶ月あたりの外来利用者総数:約1800人

外来化療センター利用患者数

外来診療

診療実績

入院実績
  • 入院患者数:常時約50-60人
  • 平均在院日数:13日
2017年度薬物療法部の外来実績
  • 1日外来患者数:平均50-60人
  • 新規外来患者数:40-50人/月 550人/年 
  • 延べ外来患者数:13200人/年

薬物療法部 疾患別新規患者数の推移


外来患者数

研究・学会活動

  • 2007年度 学会発表14、論文・執筆17(英3/和14)
  • 2008年度 学会発表34、論文・執筆24(英10/和14)
  • 2009年度 学会発表47、論文・執筆31(英15/和16)
  • 2010年度 学会発表45、論文・執筆41(英23/和18)
  • 2011年度 学会発表44、論文・執筆43(英24/和19)
  • 2012年度 学会発表32、論文・執筆33(英21/和12)
  • 2013年度 学会発表40、論文・執筆43(英22/和21)
  • 2014年度 学会発表41、論文・執筆65(英25/和40)
  • 2015年度 学会発表43、論文・執筆51(英17/和43)
  • 2016年度 学会発表43、論文・執筆51(英30/和21)

治験・臨床試験

  • 進行性胃腺癌対象1次治療におけるMK-3475第V相試験
  • 胃腺癌又は食道胃接合部癌GS-5745第Tb相試験
  • 未治療胃癌対象、ニボルマブ+イピリムマブvsFOLFOXまたはXELOX比較試験
  • フッ化ピリミジンとプラチナ不応不耐進行胃癌患者(2次治療)対象PTX+RAM+NIVO医師主導試験
  • 標準療法不応食道癌・胃癌のMSB0011359C(M7824)第I相試験
  • 食道扁平上皮癌術後S-588410第V相多施設共同プラセボ対象二重盲検試験
  • 1次治療後進行切除不能食道癌対象MK-3475単剤vs医師選択薬V相試験
  • MSI-High又はMMR欠損の結腸・直腸癌(W期)対象 MK-3475vs標準化学療法の比較試験
  • 2次治療大腸癌BBI608とFOLFIRI第V相試験
  • 再発/転移性頭頚部癌対象PALBOCICLIB+セツキシマブvsセツキシマブ第U相試験
    など
 

レジデント・研修生募集

 薬物療法部ではレジデント、チーフレジデント、短期・長期研修生の募集を行っています。詳細は当院ホームページまたは室(kmuro@aichi-cc.jp)までお問い合わせ下さい。

平成31年7月改訂

このページのトップへ