HOME分野紹介 > 腫瘍免疫応答研究分野

腫瘍免疫応答研究分野

はじめに

研究活動の概要

 腫瘍免疫応答研究分野ではがんに対する免疫療法、特に体外でがん抗原を認識するT細胞を準備して患者さんに輸注することで治療を行う養子免疫療法を中心に研究を進めています。この治療法ではキメラ抗原受容体 (chimeric antigen receptor: CAR)を導入したT細胞療法が近年注目されていますが、実際に適用できるがんの種類は未だ限定的であり、さらに治療効果や安全性、汎用性を高めるための研究開発を進めています。一方では実用面だけにとらわれず、より基礎的なT cell biology、すなわち メモリーT細胞の形成やエフェクターT細胞への分化、T細胞の機能低下(疲弊)といった現象に着目してこれらに関わる分子メカニズムの解明を目指した研究も行っています。

目指すもの

 T細胞の長期生存能を利用してがんの治癒、すなわち一過性の治療効果ではなく腫瘍細胞を根絶することを目指します。がんの進展やこれに対する免疫機構の本質を調べる科学的視点と、新しい治療法を確立するための技術開発の視点を両輪として研究を進めたいと考えています。

このページのトップへ