メインメニュー
知事のマニフェスト 知事の発言・寄稿 知事記者会見 県議会知事提案説明 知事からのメッセージ 知事交際費の執行状況 プロフィール トップページ 写真で見る主な活動


知事からのメッセージ

県民の皆様へ           

 
 立冬を過ぎ、冬の訪れを感じる日が多くなりました。体調管理に十分お気を付けて、お過ごしください。
 さて、11月のあいちの花は「シャコバサボテン」です。茎の形がシャコに似ていることが名前の由来で、その先端に咲く花はクリスマスの頃まで長く楽しめます。ぜひ、お楽しみください。




(あいち航空ミュージアムへの展示機体の搬入等)
 11月3日、今月末のオープンを控えたあいち航空ミュージアムにて、「零式艦上戦闘機」とビジネスジェット機「MU-300」の展示に向けた作業が一般公開されました。翌4日には、名古屋市立工業高校の生徒が制作した有人型動力飛行機「名市工フライヤー」や多目的小型ビジネス飛行機「MU-2」、民間用ヘリコプター「MH-2000」の据付作業が行われました。展示コンテンツの準備も着々と進んでいます。11月30日のオープンを楽しみにお待ちください。
 また、あいち航空ミュージアムのオープン初日に、シアトル航空博物館との間で、博物館の運営、教育プログラム等に関する協力協定を締結することになりました。シアトル航空博物館は、ボーイング社等が立地する世界最大級の航空機産業の集積地である米国ワシントン州に、1964年に開館した航空博物館です。ミュージアムの運営や航空機産業を担う人材育成について、様々な情報やアイデアの交換を行い、相互の発展につなげてまいります。

(県庁本庁舎公開イベント)
 11月3日、愛知県庁本庁舎の公開イベントを開催しました。ステージでは、私も、SKE48の江籠裕奈さん、山田樹奈さん、日高優月さんと一緒にトークショーを行いました。昭和13年築の愛知県庁本庁舎は、平成26年12月に国の重要文化財の指定を受けました。県民の皆さんの貴重な財産でもある県庁舎を、後世にしっかりと引き継いでまいります。

(あいち技能プラザ2017)
 11月4日、吹上ホールにて、「あいち技能プラザ2017」が開催され、33の企業や団体がブースを出展し、多くの方で賑わいました。
 当日は、愛知県主催の少年少女技能大会「アイチータ杯」も開催され、子どもたちが細巻寿司づくりやロボットの製作・操縦などの種目で技を競い合いました。
 今後も、愛知のモノづくりを支える人材育成に、しっかりと取り組んでまいります。

(愛知の住みやすさ発信フォーラム)
 11月4日、イオンシネマ長久手にて、「愛知の住みやすさ発信フォーラム」を開催しました。ファーラムでは、映画監督の堤幸彦氏の講演や「愛知の住みやすさPR動画コンテストなどが行われました。引き続き、愛知の住みやすさを広く発信してまいります。



(内閣府・愛知県・武豊町地震・津波防災訓練)
 「世界津波の日」の11月5日、武豊町にて、「内閣府・愛知県・武豊町地震・津波防災訓練」を実施しました。住民の皆様を始め、消防や警察、医療機関など、約5千人の方に参加いただき、津波からの避難訓練やシェイクアウト訓練、倒壊家屋からの人命救助訓練などを行いました。備えあれば憂いなし。今後も地震に強い愛知県を目指し、しっかりと取り組んでまいります。

(新城ラリー)
 11月4、5日に新城ラリーのレースが行われ、5日には私も、大会名誉会長として表彰式に出席し、優勝者に知事杯をお贈りしました。新城ラリーは、県営新城総合公園をメイン会場としてから5年目となりました。今年は、過去最多の54,000人の方に来場いただき、多くの方に迫力あるレースをお楽しみいただきました。今後も、日本最大級のラリーレースをさらに盛り上げてまいります。

(G20サミット・関係閣僚会議の誘致)
 2019年に日本でG20サミット・関係閣僚会議の開催が予定されています。
 11月6日、愛知県は、常滑の空港島に整備中の愛知県国際展示場を会場として、G20の誘致先に立候補しました。愛知県開催が決まれば、国際的知名度の向上、国際会議等や外国企業の誘致促進、参加国の首脳やメディア関係者などの滞在に伴う直接的・間接的な経済効果が期待できます。G20の愛知県での開催実施に向け、日本一の産業集積や充実した施設、愛知万博やCOP10などを開催した豊富な経験などをしっかりとアピールしてまいります。

(豊田・岡崎地区研究開発施設用地造成事業)
 11月6日、愛知県企業庁が現在造成を進めている、「豊田・岡崎地区研究開発施設用地」を視察しました。650haの土地に、4千人が働くトヨタ自動車株式会社のテストコースや研究開発施設が造られる予定です。現在は、起伏を生かしたテストコースが整備される中工区の造成が完了したところです。引き続き、環境に配慮しながら、着実に造成事業を進めてまいります。

(技能五輪国際大会受賞選手の表彰式)
 11月7日、愛知県庁正庁にて、アラブ首長国連邦のアブダビで先月開催された「第44回技能五輪国際大会」で優秀な成績を収められた愛知県選手の皆さんに表彰状を授与しました。愛知県からは、18名が参加して、金メダル5名、銀メダル2名、銅メダル3名、敢闘賞5名の計15名が入賞するという、大変すばらしい成績でした。おめでとうございます。

(阿含・桐山杯全日本早碁オープン戦の優勝報告)
 11月7日、先月開催された「第24期阿含・桐山杯全日本早碁オープン戦」で優勝した、名古屋出身の六浦雄太七段が報告に来てくれました。18歳5か月での全棋士参加の棋戦優勝は、史上3番目の年少記録です。さらなる活躍を期待しています。



(メッセナゴヤ2017)
 11月8日から11日まで、ポートメッセなごやにて、日本最大級の異業種交流のビジネス展示会「メッセナゴヤ2017」が開催されました。12回目の今年は、過去最大の1,432の企業・団体が出展し、様々な業種間でビジネスの交流が深められました。愛知の産業競争力のさらなる強化につながることを期待します。

(あいちの農林水産フェア)
 11月8日から13日まで、名古屋栄三越にて、「あいちの農林水産フェア」を開催しました。オープン初日は、私も、カーネーションを配布して来場の皆様をお迎えしました。会場には、旬の野菜、スイーツ、漬物、お茶など、県産農林水産物と加工品が勢揃いしたほか、イートインコーナーもあり、たくさんの方で賑わいました。今後も、愛知の農林水産物をしっかりとPRしてまいります。

(岩手県空港利用促進協議会の訪問)
 11月8日、名古屋−いわて花巻線の冬季利用促進と岩手の観光PRのため、岩手県空港利用促進協議会の皆さんがおみえになりました。岩手には多くの愛知の企業が工場等を置いており、両県を結ぶ路線は、観光面だけでなく経済面での交流拡大のためにも重要です。両地域の往来が一層活発になることを祈念します。

(セーリングワールドカップ愛知・蒲郡大会の報告)
 11月8日、先月日本で初開催されたセーリングワールドカップ愛知・蒲郡大会において、49erFX級で銅メダルを獲得した豊田自動織機の原田小夜子選手と永松瀬羅選手が報告に来てくれました。同種目のメダル獲得は日本選手初の快挙です。おめでとうございました。



(国への要請)
 11月9、10日の2日間、石井国土交通大臣、中川環境大臣を始め関係各省庁の大臣等と面談し、平成30年度政府予算編成に向け、インフラ整備の推進、ヒアリ等特定外来生物への対策など、計46項目を要請しました。
 また、これとあわせて、地元経済界や関係自治体などの皆様と、自動車諸税の抜本的見直しや国際戦略総合特区の税制措置延長等に係る要請活動も行いました。
 引き続き、愛知の発展のため、しっかりと働きかけてまいります。







(全国港湾知事協議会意見交換会)
 11月10日、東京都千代田区の都市センターホテルにて、全国港湾知事協議会の意見交換会に出席し、秋元国土交通副大臣と望月自由民主党港湾議員連盟会長へ港湾の整備等について要望しました。名古屋港、衣浦港、三河港の貿易黒字額は約8兆円で、日本経済を支えています。今後も港湾の機能強化に取り組んでまいります。


(愛知県勤労者スポーツ大会)
 11月11日、モリコロパークにて、「第30回愛知県勤労者スポーツ大会」を開催しました。この大会は、レクリエーション・スポーツを通じて、健康の増進と勤労者同士の交流を深め、仕事と生活の調和を図ることを目的として、毎年秋に開催しています。今年も、マラソン、ウォーキング、ソフトボールなどに多くの方が参加し、大いに盛り上がりました。

(サムライ・ニンジャフェスティバル2017)
 11月12日、県営大高緑地にて、「サムライ・ニンジャフェスティバル2017」を開催しました。当日は、武将隊や忍者隊による演武、火縄銃や鷹狩の実演、チャンバラバトルなどが行われ、大変多くの方で賑わいました。今後も、「武将のふるさと愛知」を大いに盛り上げてまいります。



(NPO法人あいち臓器提供プログラム設立記念市民フォーラム)
 11月12日、今池ガスビルにて、NPO法人「あいち臓器提供プログラム」設立記念市民フォーラムが開催されました。NPO法人「あいち臓器提供プログラム」は、伸び悩む臓器提供数を増やすため、医学部のある県内の4大学と総合病院が中心となって設立した組織で、私が名誉顧問を務めています。臓器提供と臓器移植への理解が深まることを期待しています。

(県市懇談会)
 11月13日、アイリス愛知にて「県・市懇談会」に出席しました。県内38の市長さん方から、災害時における県の支援や外国人児童生徒の日本語指導のための教員配置、アサリ資源の減少対策、港湾物流機能の充実などに関する要望をいただきました。今後も県・市の連携を密にし、地域の発展に全力で取り組んでまいります。

(愛知県出身のハンセン病療養所入所者の郷土訪問)
 愛知県では毎年、ハンセン病療養所に入所している愛知出身の皆様を郷土にお招きしています。11月13日、東京の多摩全生園、静岡の駿河療養所、岡山の邑久光明園から、9名の皆様を愛知県庁にお迎えしました。
 こうした機会を重ねるたびに、今なお続く、いわれなき偏見差別解消に向けて取り組んでいかなければならないという思いを強くします。ハンセン病の正しい知識の普及・啓発にしっかりと取り組んでまいります。

(おわりに)
 11月12日、豊田スタジアムにて、「愛知・豊田ラグビーフェスタ2017」が開催され、メインイベントとしてトヨタ自動車ヴェルブリッツ対メルボルン・レベルズの白熱した試合が行われました。また先日、「ラグビーワールドカップ2019」の試合会場と日程が発表され、豊田スタジアムでも日本代表戦を始め、素晴らしい対戦カードが組まれました。
 地域一丸となって、「ラグビーワールドカップ2019」を盛り上げていきましょう。


平成29年11月14日

                        愛知県知事 大 村 秀 章



Copyright(c)Aichi Prefecture 2000. All right reserved.