メインメニュー
知事のマニフェスト 知事の発言・寄稿 知事記者会見 県議会知事提案説明 知事からのメッセージ 知事交際費の執行状況 プロフィール トップページ 写真で見る主な活動


知事からのメッセージ

県民の皆様へ           


 3月11日、東北地方を中心に未曾有の被害をもたらした東日本大震災の発生から8年を迎えました。改めて、犠牲となられた方々に対して、心から哀悼の意を表するとともに、被害にあわれた皆様にお見舞いを申し上げます。
  震災から8年が経った今も、800名を超える方が愛知県で避難生活を送られています。今後も、愛知県被災者支援センターの運営や被災地域への職員派遣など、できる限りきめ細やかに支援してまいります。
  愛知県の防災対策については、東日本大震災で得られた教訓を踏まえて様々な取組を進めております。「安全・安心なあいち」をつくることは、すべての基本です。備えあれば憂いなし。引き続き、愛知の防災対策の強化に全力で取り組んでまいります。


(マラソンフェスティバルナゴヤ・愛知2019)
 3月8日から10日までの3日間、「マラソンフェスティバルナゴヤ・愛知2019」が開催され、私もスターターを務めました。
  ウィメンズマラソンには、21,436人の方が参加されました。レースでは、地元、豊川高校出身の岩出玲亜選手が5位に入り、見事、「マラソングランドチャンピオンシップ」への出場権を獲得しました。
  沿道観衆は38万人、ボランティアは9,859人と、多くの方にご参加、ご協力いただき、今回も大盛況でした。今後も、「スポーツ王国あいち」をしっかりと盛り上げてまいります。










(国府宮はだか祭大鏡餅奉納名古屋市西区奉賛会設立総会)
  3月10日、名古屋市西区の西文化小劇場にて、「平成31年国府宮はだか祭大鏡餅奉納名古屋市西区奉賛会設立総会」に出席しました。名古屋市西区からの大鏡餅の奉納は昭和41年以来です。はだか祭は、毎年旧暦の正月13日に行われており、今年は2月6日が儺追神事です。今年も、たくさんの方で賑わうことを祈念します。


(愛知県専修学校各種学校連合会知事賞等合同授与式)
  3月12日、名古屋ガーデンパレスにて、「愛知県専修学校各種学校連合会知事賞等合同授与式」に出席し、専修学校等を優秀な成績で卒業された134名の皆様に知事賞を、各種学校の教員資格認定者の50名の皆様に認定証を授与しました。それぞれのステージで、大いに力を発揮されることを期待します。


(愛知県体育協会表彰式)
  3月12日、ウィルあいちにて、「愛知県体育協会表彰式」を行い、アジア競技大会を始め国内外の各種競技会で活躍するなど、愛知のスポーツの発展・振興に貢献された452名・2団体の皆様にスポーツ栄光賞、スポーツ功労賞等を贈りました。今後とも、皆さんと一緒にスポーツで愛知を盛り上げてまいります。





(全日本少年春季軟式野球大会出場報告)
  3月12日、静岡県で、今月21日から25日まで開催される「文部科学大臣杯第10回記念全日本少年春季軟式野球大会」に出場する東山クラブの選手の皆さんが挨拶に来てくれました。全国最多となる5回目の出場おめでとうございます。初の頂点を目指して、持てる力を存分に発揮してください。




(犬猫の殺処分の削減等に関する要望)
  3月13日、NPO法人ファミーユの皆様が、犬猫の殺処分の削減等に関する要望にお越しになりました。ファミーユの皆様には、日頃から動物保護管理センターが行う動物愛護事業にご協力いただき、感謝申し上げます。今後とも、ボランティア団体等と協働し、動物愛護の取組をしっかりと進めてまいります。





(駐名古屋中国総領事歓迎会)
  3月13日、名古屋観光ホテルにて、先月着任された劉暁軍駐名古屋中国総領事の歓迎会に出席しました。在名古屋中国総領事館は、領事業務のほか、名古屋中国春節祭の開催など、この地域の交流促進に重要な役割を担っていただいています。総領事のご活躍と両地域の友好関係の進展を祈念します。





(中日ドラゴンズ激励会)
  3月14日、名古屋観光ホテルにて、「第52回中日ドラゴンズ激励会」に出席し、監督・選手・チーム関係者の皆さんを激励しました。いよいよ今月29日にプロ野球が開幕します。与田新監督の下、チーム一丸となって、2011年以来のリーグ優勝、2007年以来の日本一を目指して頑張ってください。





(あいちアクセラレーター2018デモデイ)
  3月20日、名古屋能楽堂にて、スタートアップ支援プログラム「あいちアクセラレーター2018」のデモデイ(成果発表会)を開催し、7社のスタートアップ企業がビジネスプランを発表しました。
  これに先立ち、3月15日、スタートアップ支援プログラムを活用して、先月、「知の拠点あいち」に自動調理ロボットの研究開発拠点を新設したTechMagic株式会社の白木CEOが事業計画の説明にみえました。
  今後も、新しい技術やアイデアをこの地域の強みであるモノづくりと結び付け、スタートアップを起爆剤とする新たなイノベーションを創出してまいります。


(全日本U-15フットサル選手権大会優勝報告)
  3月15日、今年1月に三重県で開催された「第24回全日本U-15フットサル選手権大会」で優勝し、見事2連覇を達成した「ブリンカールFC」の皆さんが報告に来てくれました。おめでとうございます。皆さんの活躍は愛知のフットサルの一層の盛り上がりに繋がります。さらなる高みを目指して頑張ってください。




(Juntos!!中南米対日理解促進交流プログラム)
  3月15日、外務省の招へい事業「Juntos!!中南米対日理解促進交流プログラム」で来日中のブラジル連邦議員ご一行がお越しになりました。今回の来日では、ブラジル人児童が約7割を占める豊田市の小学校を訪問されたとのこと。今後とも、ブラジルとの交流を一層深めてまいります。




(愛知県医療療育総合センター開所式典)
  3月16日、「愛知県医療療育総合センター開所式典」を行いました。平成24年度から再編整備を進めてきた「愛知県心身障害者コロニー」は、このたび第2期工事が完了し、「愛知県医療療育総合センター」と名称を改め、全面開所する運びとなりました。
  平成28年には、重症心身障害児者入所施設の「こばと棟」と「リハビリセンター棟」が開所していますが、今回完成した「本館棟」は、医療療育総合センターの核となる施設であり、中央病院や発達障害研究所、療育支援センター、事務部門が集約されて入ります。
  新しい医療療育総合センターでは、地域の障害者施設や医療機関では対応困難な方々に高度で専門的な医療・療育を提供するとともに、在宅療養している障害のある方々を短期で受け入れるレスパイト入院の受入体制を強化し、ご家族の方々の負担の軽減を図ってまいります。また、長期の入院療養を要した障害のある方々が、安心して在宅に移行できるよう、在宅・地域医療支援部門を新たに設け、地域の重症心身障害児者施設や医療機関等とのネットワークを構築し、NICUの後方支援病院としての役割も担ってまいります。
 障害のある方々ができる限り身近な地域で安心して生活していただけるよう、重症心身障害児者の方々や地域で生活する障害のある方々の医療・療育の拠点としての役割をしっかりと担ってまいります。


(G20外務大臣会合会場の視察)
  3月16日、今年11月に開催される「G20外務大臣会合」の会場の視察にみえた河野外務大臣及び外務省関係者の皆様と懇談しました。G20外務大臣会合の成功に向け、我々も全力を尽くしてまいります。


(乙川まつり)
  3月16日、半田の春まつりの先陣を切って、「乙川まつり」が開催されました。乙川地区にある4輌の山車が町内を威勢よく曳き廻され、大勢の方で賑わいました。この「乙川まつり」から5月の「亀崎潮干まつり」まで、半田市内や知多半島各地は祭一色になります。ぜひお出かけください。









(あいちアール・ブリュット優秀作品特別展)
  3月17日、名古屋市民ギャラリー矢田にて、「あいちアール・ブリュット優秀作品特別展表彰式」と「就職報告会」を開催しました。当日は、入選された30人の皆さんを表彰するとともに、アール・ブリュット展がきっかけとなり、「絵を描くこと」を仕事として、就職につながった河合香奈恵さん、小島一志さん、小林真由さん、新美あかねさん、勤務先の株式会社シスムエンジニアリングの吉田誠宏本部長から活動報告をしていただきました。今後も、こうした芸術活動を通して、障害のある方の社会参加を応援してまいります。


(夢童由里子の世界展)
  3月17日、名古屋城本丸御殿にて、「夢童由里子の世界展」に出かけてまいりました。昨年6月に、名古屋城本丸御殿が完成・公開されましたが、その本丸御殿の復元をいち早く提唱された、人形・造形作家の故・夢童由里子さんの功績と道筋をたどる回顧展です。「夢童由里子の世界展」は、3月24日まで開催されています。本丸御殿と夢童さんの作品との素敵なコラボレーションをぜひご覧ください。





(新城ラリー)
  3月16、17日、県営新城総合運動公園にて、「新城ラリー2019」が開催され、大会名誉会長を務める私から、優勝を果たしたドライバーの勝田範彦選手、コ・ドライバーの石田裕一選手に知事杯とあいちの花束を贈りました。新城総合運動公園をメイン会場にしてから7回目を迎えた新城ラリーには、2日間で49,000人の方が来場され、今年もラリーファンやたくさんの家族連れで賑わいました。今後も、こうしたモータースポーツを大いに盛り上げていきたいと思います。



(子どもが輝く未来基金の募集開始)
  愛知県では、子どもの貧困対策をさらに充実・強化するため、県民の皆様からのご寄附の受け皿として、新たに「子どもが輝く未来基金」を創設し、3月18日から寄附の募集を開始いたしました。いただいたご寄附は、基金に積み立て、「児童養護施設入所児童等の自立支援」、「子ども食堂の開設支援」、「子ども食堂における子どもの学習支援」に活用させていただきます。県民の皆様と力を合わせ、支援が必要な子どもたちを応援していく輪を広げてまいりたいと思います。ご協力をよろしくお願い申し上げます。


(知の拠点あいち重点研究プロジェクト(U期)最終成果発表会)
  3月18日、知の拠点あいちにて、「知の拠点あいち重点研究プロジェクト(U期)」の最終成果発表会を開催しました。この研究プロジェクトには、99企業・17大学・11公的研究機関にご参画をいただきました。26の研究テーマ全てで試作品が完成しており、その多くが製品化される予定になっています。今後も、産学行政連携による研究開発を促進し、愛知から次々とイノベーションを湧き起こしてまいります。



(森林公園案内所竣工式)
  3月18日、愛知県森林公園にて、新しい案内所の竣工式を開催しました。6月2日に開催する「全国植樹祭」に合わせ、建て替えを進めていたもので、県産木材をふんだんに使用し、木の香りとぬくもりにあふれた施設が完成しました。
  竣工式の後には、現在建設中のお野立て所と特別招待者席を視察しました。引き続き、「全国植樹祭」の開催に向け、しっかりと準備を進めてまいります。



(WSIによる技能五輪国際大会招致に係る検証訪問)
  3月18日、ナゴヤキャッスルにて開催された、2023年の技能五輪国際大会運営組織であるWSIの検証会議に出席し、愛知の魅力や開催にかける想いを訴えました。今年8月の技能五輪国際大会開催地決定を勝ち取れるよう、関係機関が一丸となって、オールジャパン体制で招致に取り組んでまいります。







(愛知県立芸術大学・愛知県立大学の学生訪問)
  3月18日、国内外の音楽コンクールや学会などで優秀な成績を収められた、愛知県立芸術大学の吉川由希子さん、菰田帆乃香さん、木村玲さん、愛知県立大学の加藤希さん、石上剛さんの5人の学生さんたちが活動成果の報告に来てくれました。今後も、それぞれの分野で大いに活躍されることを期待しています。




(JICA中部ささしまライブ移転10周年感謝の集い)
  3月18日、JICA中部にて、「JICA中部ささしまライブ移転10周年感謝の集い」に出席しました。JICA中部の皆様には、開発途上国からの研修員受入や企業の海外展開支援、この地域の国際協力への理解促進などにご尽力いただき、感謝申し上げます。今後ますますの発展を祈念します。


(遠隔型自動運転実証実験)
  3月19日、モリコロパークにて、あいち自動運転推進コンソーシアムに参画する株式会社ティアフォー、アイサンテクノロジー株式会社、岡谷鋼機株式会社による遠隔型の自動運転実証実験が実施され、私も、運転手がいない乗客だけの完全自動運転EV「マイリー」に試乗しました。また、タブレットの指示により、車両が指定したバス停へ向かうサービスや、バス停から車両を呼び出すサービスも体験させていただき、閉鎖空間における実用化も間近だと実感しました。今後も、自動運転の更なる高度化と社会実装の推進に向け、実証実験を積み重ね、自動運転技術をリードしてまいります。


(あいち健康経営アワード表彰式)
  3月19日、愛知県公館にて、「あいち健康経営アワード表彰式」を行い、従業員の健康保持・増進など「健康経営」に積極的に取り組まれているブラザー工業株式会社様と三幸土木株式会社様を表彰しました。今後とも、健康経営と健康づくりの推進にしっかりと取り組み、「健康長寿あいち」の実現につなげてまいります。




(FCマルヤス岡崎の訪問)
  3月19日、「第21回日本フットボールリーグ(JFL)」に参戦している「FCマルヤス岡崎」の選手、関係者の皆様が挨拶にみえました。今季は元日本代表森山泰行選手がチームに加入し、上位進出が期待されています。優勝目指して頑張ってください。






(あいち観光バーチャルサポーター委嘱式)
  3月19日、中京テレビグループと株式会社アイデアクラウドが共同で手掛ける日英バイリンガルのバーチャル・ユーチューバー「キミノミヤ」さんへ「あいち観光バーチャルサポーター」を委嘱しました。「キミノミヤ」さんは、仮想空間の世界で活躍中のコンピューターグラフィック・キャラクターで、日本を世界に紹介するYouTubeの動画配信やTV番組などで人気上昇中です。今後は、YouTubeのほか、公式ウェブページやSNS、イベントなどで、愛知の魅力を国内外に発信していただきます。愛知の観光を大いに盛り上げてください。



(愛知県芸術文化選奨授賞式)
  3月19日、愛知県庁正庁にて、「愛知県芸術文化選奨授賞式」を行い、芸術文化の振興と向上に貢献された、演劇の小熊ヒデジ様、陶芸の九代長江惣吉様、現代美術の真島直子様、バレエの米沢唯様、吹奏楽の蒲郡市ジュニア吹奏楽団様に文化賞を、映画の下向拓生様に文化新人賞を授与しました。今後とも、それぞれの分野で一層ご活躍されることを祈念します。



(市町村まちづくり支援窓口の開設)
  3月19日、建設部都市計画課に「市町村まちづくり支援窓口」を開設しました。愛知県では、今月末に都市計画マスタープランを改定し、新たな時代に向けたまちづくりの道筋を示すこととしています。まちづくり支援窓口の開設を機に、市町村を積極的に支援し、笑顔で暮らせるまちづくりを進めてまいります。




(セントレア水素ステーション開所式)
  3月19日、中部国際空港島にて、「セントレア水素ステーション開所式」に出席しました。愛知県では、セントレアにおける水素ステーションを活用した水素需要の創出に向け、東邦ガス株式会社、トヨタ自動車株式会社、中部国際空港株式会社とワーキンググループを設置し、具体的な検討を重ねてまいりましたが、その成果として、東邦ガス株式会社が国や県の補助制度を活用して整備した水素ステーションが運用開始されることになりました。この施設では、燃料電池自動車の他、燃料電池バスへの充填も可能となっています。今後とも、水素社会の実現に向け、先導的役割を果たしてまいります。


(愛知県国際展示場建設現場視察)
  3月19日、愛知県国際展示場「Aichi Sky Expo」の建設現場を視察しました。愛知県では、常滑の空港島に中部国際空港直結の面積約9万平米を誇る国際展示場を整備しています。8月30日の開業まで、いよいよあと半年を切り、整備は大詰めを迎えています。引き続き、しっかりと準備を進めてまいります。





(あいち豚肉応援メニュー試食)
  今年2月に愛知県内の養豚場において豚コレラが発生したことを受け、県内の一部区域で実施されていた家畜等の移動制限は、3月25日に解除される見込みです。
  3月20日、愛知県議会議事堂喫茶室にて、愛知県産豚肉を使用した「味噌カツ定食」を試食し、その安全性とおいしさをPRしました。「味噌カツ定食」の豚肉はとても柔らかくジューシーで、脂のバランスも良く、とても美味しかったです。豚コレラは、人に感染することはありません。安全で美味しい愛知の豚肉をぜひご賞味ください。


(第一生命保険株式会社との包括的連携協定の締結)
  3月20日、愛知県公館にて、第一生命保険株式会社様と、健康福祉分野及び女性の活躍促進の分野に係る包括的連携協定を締結しました。第一生命様には、県の実施する健康イベントやがん検診等の受診率向上に向けた啓発、認知症サポーターの養成、ヘルプマークの普及などにご協力をいただきます。
  また、女性の活躍促進では、取引先企業に対する「あいち女性輝きカンパニー」の認証取得促進や「あいち国際女性映画祭」への協賛などにご協力をいただきます。第一生命様の幅広いネットワークとノウハウを生かし、健康福祉の充実と女性の活躍促進に積極的に取り組んでまいります。


(花の王国あいちサポート企業認定証贈呈式)
  3月20日、愛知県公館にて、暮らしの中にもっと花を取り入れていただく「花いっぱい県民運動」に賛同し、花の装飾などあいちの花を使った取組を実践いただいた、イオンモール株式会社mozoワンダーシティ、名古屋トヨペット株式会社、三河ミクロン株式会社、三井住友信託銀行星ヶ丘支店の皆様に「花の王国あいちサポート企業」認定証を贈呈しました。今後とも、56年連続産出額日本一のあいちの花の応援をよろしくお願いいたします。


(朝日遺跡応援隊の訪問)
  3月20日、ストーリー、アクション、ミュージック、マンガ、コメンテーターの5つ分野で、朝日遺跡の魅力を全国に発信していただく、朝日遺跡応援隊「Five Stars」の皆様が結成報告にみえました。朝日遺跡は、清須市と名古屋市に跨がる弥生時代の集落で、全国最多2028点の出土品が国の重要文化財に指定されています。愛知県では、来年秋の開館を目指し、朝日遺跡の新資料館の整備を進めています。今後の皆さんのご活躍を大いに期待しています。


(木曽川町玉葱採種組合の訪問)
  3月20日、岩村県議、牛田JA愛知西代表理事組合長、永井木曽川町玉葱採種組合長がおみえになり、一宮市の木曽川町玉葱採種組合の新鮮な玉葱をいただきました。木曽川町一帯は、玉葱の種子生産量で全国約3割のシェアを占める一大産地です。皆さん、ぜひご賞味ください。





(ラオス人民共和国国民議員団との夕食会)
  3月20日、マリオットアソシアにて、衆議院が主催したパーニー議長始めラオス人民共和国国民議員団の皆様との夕食会に出席しました。ラオスに進出している県内企業と愛知県が一緒に取り組んでいる次世代施設園芸拠点を視察されたと伺いました。両地域の関係が今後さらに発展することを期待します。





(イチロー選手の現役引退表明)
  3月21日、米大リーグシアトル・マリナーズのイチロー選手が現役引退を表明されました。
  愛知から世界に羽ばたいたイチロー選手は、県民の大きな誇りです。プロ野球、大リーグで打ち立てた金字塔の数々、WBCなどでの大活躍は、多くの県民、世界中のファンの記憶に残り、これからも燦然と輝き続けることでしょう。
  また、1996年から地元愛知県豊山町で開催いただいている「イチロー杯争奪学童軟式野球大会」を通じて、イチロー選手に憧れ、イチロー選手に続く子どもたちが育っています。心から感謝します。
  イチロー選手、28年間お疲れ様でした。右手を伸ばしてバットを立て、左手でユニホームを引く独特のルーティンがもう見られないと思うとさびしいですが、今後とも野球界の発展、地域の発展にお力添えをお願いします。夢と感動をありがとうございました。


(おわりに)
  3月20日、2月定例県議会が閉会しました。平成31年度の一般会計予算及び豚コレラの追加の緊急対策に係る補正予算、部局設置条例の全部改正など、88の提出議案すべてを議決いただきました。今議会も、県議会の皆様と建設的な議論を積み重ねることができました。審議経過を十分尊重し、適切に運用してまいります。



平成31年3月21日

                 愛知県知事 大 村 秀 章




Copyright(c)Aichi Prefecture 2000. All right reserved.