衛生研究所衛生化学部生活科学研究室>現在のページ
あいちの温泉


愛知県には火山性の温泉はなく、いわゆる温泉県ではありませんが、愛知県の温泉に関してもいくつかのブームがあります。例えば、海部郡地域で1000m以上も掘削された1950年代の温泉開発ブームで、 現在の尾張温泉や飛島温泉などが代表的な温泉で10本以上開発されました。また、その当時の竹下首相によるふるさと創世資金や民間のリゾート開発による平成のバブル期の温泉開発ブームがありました。 それまでは自然湧出の温泉がほとんどであった三河山間部や温泉数の少なかった名古屋市内や知多半島南部にも、1000m以上の掘削が行われ、50本以上の温泉が開発されました。そして、今や健康志向による静かなる温泉ブームで、温泉につかって心身ともにリラックスさせることが県民の皆さんにも好まれており、県内では約100本の温泉が利用されております。

愛知県衛生研究所では、1948年9月から温泉成分分析の指定分析機関として、2002年4月からは登録分析機関として愛知県内の温泉分析を行っています。その様子を、ご紹介しましょう。

なお、温泉についての詳細は次の項をお選びください。

温泉ってどんな水?)(温泉の効能は?


小原北温泉 単純放射能泉

三河山間部の花崗岩地帯に自噴.愛知県で最もラドン濃度の高い温泉. 温泉分析はどんな山奥でも泉源のある場所で行います.

名号温泉 アルカリ性単純温泉

三河山間部の流紋岩地帯を1300mまで掘削. 豊川沿いの谷間にやぐらを組んで、掘削のための機材を設置しています.

笹戸温泉3号泉(低張性アルカリ性冷鉱泉)

矢作川の広い川原に自噴. 湧出量が少ないため、温泉水を溜めておくための大きな貯留槽があります.

白鷺温泉(低張性弱アルカリ性冷鉱泉)

足助町内の巴川の中に自噴. 岩と岩をコンクリートで囲んで川の水が混入しない様にしています.

野間海炎温泉 ナトリウムー塩化物泉

知多半島南部では多くの場合海岸線に掘削されています.泉質は、殆ど強い塩味がするナトリウムー塩化物泉(又は強塩泉).

富士見温泉 単純温泉

名古屋市内のビルの谷間にも、多くの温泉が掘削され、都会のオアシスとして利用されています.



衛生研究所衛生化学部生活科学研究室>現在のページ