愛知県衛生研究所バナー
衛生研究所生物学部医動物研究室>現在のページ


アニサキス症(Anisakiasis)


アニサキス(学名:Anisakis simplex, A. physeteris, Pseudoterranova decipiensの成虫は本来、クジラやイルカなど海棲哺乳類の胃に寄生し、幼虫はサバやイカなどに寄生します。ヒトがこれら魚介類を生で食べると幼虫が胃壁(胃アニサキス症)や腸壁(腸アニサキス症)に穿入し、激しい腹痛をおこす、わが国でも多くみられる寄生虫症です。


幼虫形態

体長は20-35mm、体幅は0.4-0.6mmで頭端に穿孔歯と称する突起があります。


生活史

成虫は終宿主であるイルカ、クジラ、オットセイなどの胃壁に頭を突っ込んで寄生し、虫卵は糞便とともに海中へ排出されます。海中で孵化した第2期幼虫は中間宿主であるオキアミに摂取され第2期から第3期幼虫となり、待機宿主*であるサバ、イカなどの魚介類に第3期幼虫の状態で寄生します。これらが終宿主に食べられると成虫になりますが、ヒトに食べられると成虫にはなれず、幼虫が胃壁や腸壁に穿入して激しい腹痛をおこします。

*待機宿主(paratenic host):寄生体の発育はみられないが、生活史の完成において必要とされる宿主のこと。



衛生研究所生物学部医動物研究室>現在のページ