愛知県衛生研究所バナー
衛生研究所生物学部>現在のページ

カンピロバクター食中毒

1.カンピロバクター菌とは

カンピロバクターの写真

古くからウシやヒツジなどの家畜で流産や腸炎を起こす菌として注目されていましたが、1970年代に入りヒトにも腸炎を起こすことが判明し、我が国においても1982年には食品衛生法で厚生省に報告する食中毒事件票の「病因物質の種別」の中に加えられ、食中毒起因菌として指定されました。カンピロバクター属の内で、ヒトに腸炎を起こす菌種としてカンピロバクター・ジェジュニとカンピロバクター・コリが知られていますが、実際に検出されるのはほとんどカンピロバクター・ジェジュニです。

本菌の形態は、右の電子顕微鏡写真からもわかるように、彎曲した螺旋(らせん)状構造を示しています。カンピロバクター(campylobacter)の語源は、ギリシャ語の “campylo”(カーブしたという意味の形容詞)と “bacter”(棍棒の意味の名詞)に由来しています。

2.症状

ヒトのカンピロバクター感染症では、発熱、腹痛、下痢、血便を伴う腸炎症状がみられ、治療をすれば2−5日で回復することが多いのですが、時に症状が長引く場合もあります。また、まれに虫垂炎や腹膜炎等の下痢症以外の症状がみられることもあります。菌が体内に侵入してから発症するまでの潜伏期間が比較的長く、一般に2−7日間かかるのも特徴です。

3.感染経路

ばい菌のイラスト

下痢等の症状があるか、もしくは一見健康そうな家畜(牛、豚、鶏)、あるいはペット(犬、猫)などの腸管内にもカンピロバクターは存在し、これらの動物の排泄物により汚染された食品や水を介して人に感染します。また、比較的少ない菌量(100個程度)で感染が成立することから、小児ではペットやヒトとの接触によって直接感染することもあります。鶏肉などの肉類は本菌により汚染されている可能性も高く、そのため、これらの食品はカンピロバクター食中毒の主要な原因食品にもなっています。また、この菌は低温に強くて4℃でも長期間生存しますので、一般の細菌と同様に、または、それ以上に冷蔵庫の過信は禁物です。

4.発生状況

開発途上国、先進国を問わず全世界的に発生がみられ、細菌性腸炎の10〜20%を占めるといわれています。特に5歳未満の小児に発症の頻度が高く、日本のような先進国では年長児にも発症頻度の第2のピークがあります。また、我が国で発生する集団食中毒患者数は最近ではノロウイルスによるものが最多ですが、以前は腸炎ビブリオ、サルモネラによるものが主流であった細菌性食中毒は、最近ではカンピロバクターによるものの方が多い傾向が続いています。

5.今後の問題点及び注意点

カンピロバクター食中毒の発生件数は、国の感染症情報センターの統計1)によると、2003年までは400件台であったものが、2004年558件, 2005年645件と増加しており、患者数も1999〜2001年まで約1,800名でしたが、2002年以降2,000名を超え、2005年には3,439名にまで増加しました。愛知県では、1996年まではカンピロバクター食中毒の発生はほとんどありませんでしたが、1997年以降はほぼ毎年発生がみられ2006年には5件(患者数29名), 2007年には10件(患者数121名)発生しました。

また、1999〜2005年に発生した全国のカンピロバクター食中毒事例のうち原因食品が判明したのは350件中182件で、鶏肉を中心とした肉類もしくは牛レバーなど内臓の生食によるものが大半であったと報告しています。さらに、飲食店での発生の他にキャンプ場などの野外活動と関連しての発生も増加しており、その原因として、バーベキューなどに用いる食材として、鶏肉が好んで用いられていることも一つの要因ではないかと推測されています。多少生焼け状態でも鶏肉なら安全と過信され、カンピロバクター腸炎の発症率の高い食べ盛りの年長児は食べてしまう傾向にあるようです。

また、カンピロバクター腸炎発生にはその他の細菌による腸炎がピークを示す夏期(7−9月)よりやや早い5−7月にピークがみられ、サルモネラ、腸炎ビブリオ等による細菌性の食中毒の発生が少ない冬季にも発生が認められています。

さらに、問題になっているのは本菌がギランバレー症候群の原因ではないかと疑われていることです。ギランバレー症候群とは急激に発症する主として運動障害を起こす末梢神経疾患で、下肢の筋力低下による歩行困難、顔面の神経麻痺、それに重症例では呼吸筋も侵されて人工呼吸器が必要な場合も起こりうる病気ですが、本症候群とカンピロバクター菌との関連が推測されています。発症の頻度はカンピロバクター患者1000名あたり1名程度と非常に低いものの、腸炎が完治してから10日程経過した後に発症するため、病院関係者、衛生行政職員は腸炎が完治した後の患者の動向にも注意を払う必要があるものと思われます。

引用文献

1)感染症情報センター, 国立感染症研究所: カンピロバクター腸炎 1999-2005,

原微生物検査情報, 27, 167-168 (2006)

(生物学部)

衛生研究所生物学部>現在のページ