朝日遺跡 インターネット博物館
トップへ

インターネット展示室こども考古学教室出前博物館
朝日遺跡コレクション 遺構編
貝層
貝層
朝日遺跡は濃尾平野では珍しく貝塚を伴う集落です。弥生時代前期には貝殻山貝塚を中心に貝塚が点在し、中期以降は遺跡の中央を走る谷に沿って連綿と貝層が形成されています。ハマグリ・カキといった海に生息する貝が主体ですが、シジミなど汽水域に生息する貝、オオタニシ・カワニナなど河川や池に生息する貝も出土しています。

もどる
メニュー
つぎへ


愛知県教育委員会 生涯学習課文化財保護室
052-954-6783
syogaigakushu@pref.aichi.lg.jp