ホーム > 交通安全 > 交通トピックス > 緊急地震速報が出たときのドライバーの注意事項

ここから本文です。

更新日:2014年2月3日

緊急地震速報が出たときのドライバーの注意事項

地震による強い揺れを事前にお知らせする「緊急地震速報」を、車の運転中に聞いたドライバーの皆さんは、次の点に注意して行動してください。

緊急地震速報の利用心得

利用にあたっては、「周囲の状況に応じて、あわてずに、まず身の安全を確保する」ことを基本とする。

自動車運転中に緊急地震速報を認知した場合の対応・行動

  1. 後続の車が情報を聞いていないおそれがあることを考慮し、あわててスピードを落とすことはしない。
  2. ハザードランプを点灯するなどして、まわりの車に注意を促したのち、急ブレーキはかけずに、緩やかにスピードを落とす。
  3. 大きな揺れを感じたら、急ハンドル、急ブレーキを避けるなど、できるだけ安全な方法により、道路状況を確認して左側に停止させる。

緊急地震速報について、詳しくは気象庁ホームページhttp://www.jma.go.jp(外部サイトへリンク)で紹介されていますので、ご覧ください。