ホーム > 交通安全 > 交通トピックス > パーキング・メーターのご案内

ここから本文です。

更新日:2016年12月9日

パーキング・メーターのご案内

パーキング・メーターとは

パーキング・メーターは、短時間の駐車需要に応じるために道路交通法の時間制限駐車区間という交通規制に基づいて設置しています。
パーキング・メーターが設置されている時間制限駐車区間では、道路標識や案内板などに表示している時間帯に限り、60分以内の駐車をすることができます。愛知県内では、名古屋市中区、中村区、東区内に設置されています。

 パーキング・メーターの利用方法

  • 車両を駐車枠内に駐車し、枠からはみ出さないよう正しく停めてください。
  • 枠内に駐車後、まずパーキング・メーターの表示時間が「0」分になっていることを確認してください。「0」分でない場合等動作がおかしい場合は、他のパーキング・メーターを利用してください。
  • パーキング・メーター前面に表示してある使用方法をよく読んで手数料を投入してください。
  • 手数料は300円(100円硬貨のみ使用可)です。駐車してすぐに投入してください。また、手数料の投入間隔が約10秒以上空いた場合、投入した硬貨が一旦返却口に戻されますので、再度初めから投入し直してください。
    (手数料未納の場合、駐車違反になります)
    領収書が必要な場合は、手数料投入後2分以内に領収書発行ボタンを押すことで発行されます。
    2分を超過すると領収書の発行ができなくなります)
  • 利用時間は60分以内で、時間超過の場合手数料を投入していても駐車違反になります。(手数料の追加投入はできません)
  • 100円硬貨の詰まりや領収書が発行されない場合等の不具合があった場合は、駐車場所から離れずに、機器の支柱部分に貼付されている「パーキング・メーター管理所」へ電話してください。すぐに係員が対応します。

パーキング・メーター各部の説明

パーキング・メーター各部の説明写真

 パーキング・メーター等の休止申請について

パーキング・メーター設置場所において工事や作業等で機器を休止しなければ他の車両が通行できない等のやむを得ない場合に、機器設置場所管轄警察署交通課に

「パーキング・メーター等の休止申請書」

を提出してください。審査してやむを得ないと判断した場合は機器の休止措置を取ります。

パーキングメーター等休止申請書のダウンロード(PDF:12KB)

 貨物車用パーキング・メーターについて(貨物専用、貨物優先)

貨物専用パーキング・メーター

愛知県では、貨物専用パーキング・メーターも設置してありますが、これは荷物の集配作業等のための貨物車のみが利用できるよう設置したもので、このパーキング・メーターには貨物車以外は駐車できません。案内板の下部補助標識に「貨物」又は「貨物に限る」と標示し、駐車枠内に「貨物」と標示され、パーキング・メーター筐体に「貨物専用」と書かれたシールが貼付してありますのでよく確認してください。
(貨物車以外の駐車は駐車違反になります)

貨物専用パーキング・メーターの標識等(設置例)

道路標識写真
道路標識

筐体部写真
筐体部

路面標示写真
路面標示

貨物優先パーキング・メーター

貨物優先パーキング・メーターにも、駐車枠内に「貨物」の表示があります。
これは荷物集配等の貨物車の利用が多い路線に設置され、貨物車が利用しやすいように設けたものですから、一般車の利用は、なるべく他のパーキング・メーターを利用してください。

利用時間や駐車可能な時間帯及び利用方法は、一般のパーキング・メーターと同様です。道路標識や案内板などの表示を確認して、パーキング・メーター前面にある利用方法をよく読んで利用してください。

 駐車の方法

手数料を正しく投入後、駐車制限時間内であっても、駐車の方法が正しくない場合、駐車違反に該当することがあります。道路に標示された駐車枠内に車両を入れ、かつ、道路に平行に駐車してください。

駐車の方法イラスト

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。