ホーム > 申請・手続き > 風営 > 風営適正化法に係る許可・届出手続 > 深夜における酒類提供飲食店営業の営業開始届出手続

緊急時は110番

Web110番に接続

警察相談専用電話

#9110 (短縮ダイヤル)

052-953-9110

(ダイヤル回線・一部IP電話)

月曜日~金曜日
(年末年始・休日を除く)

午前9時~午後5時

  • メール受付のご案内
  • よくある警察相談Q&A
  • 落とし物忘れ物検索
  • 統計情報
  • 法律・条令・制度

ここから本文です。

更新日:2016年6月23日

深夜における酒類提供飲食店営業の営業開始届出手続

深夜における酒類提供飲食店営業【届出制】

深夜における酒類提供飲食店営業の営業開始届出手続

届出に必要な書類

深夜における酒類提供飲食店営業営業開始届出書…1通
※営業開始届出書の添付書類

  1. 営業の方法を記載した書面
  2. 営業所の平面図
  3. 住民票(本籍又は国籍記載のもの)の写し
  4. 法人の場合の追加書類
    • 定款及び登記簿の謄本
    • 役員に係る前記3に掲げる書類

※注

申請者が深夜における酒類提供飲食店営業を営んでいる場合には、申請者に関する書類のうち添付する必要のない書類があります。

営業できない場所

第一種地域(都市計画法で定める第一種低層住居専用地域、第二種低層住居専用地域、第一種中高層住居専用地域、第二種中高層住居専用地域、第一種住居地域及び第二種住居地域)では、営業できません。

届出の窓口

営業所の所在地を管轄する警察署の生活安全課です。