緊急時は110番

Web110番に接続

警察相談専用電話

#9110 (短縮ダイヤル)

052-953-9110

(ダイヤル回線・一部IP電話)

月曜日~金曜日
(年末年始・休日を除く)

午前9時~午後5時

  • メール受付のご案内
  • よくある警察相談Q&A
  • 落とし物忘れ物検索
  • 統計情報
  • 法律・条令・制度

ここから本文です。

更新日:2014年3月12日

大地震等災害に関すること

 Q1 災害発生時の交通規制はどうなるの?

A1 大規模な災害の発生時には、人命救助やライフラインの復旧などの災害応急対策を行う、緊急通行車両等が通行する道路(緊急交通路)を確保するため、高速道路等の必要な道路に交通規制を実施することとしています。この交通規制が実施されますと、パトカー、救急車などの緊急自動車や愛知県公安委員会等の許可を受けた特定の車両以外は通行できなくなります。
 また、風水害発生時につきましても同様に、必要な交通規制を行うこととしています。

詳しい情報は、災害時の交通規制に掲載されています。

一覧に戻る

 Q2 災害発生時の警察の活動は?

A2 災害発生時においては

  • 被災者の救出救助及び避難誘導
  • 警戒区域の設定
  • 行方不明者の捜索
  • 緊急交通路の確保をはじめとする各種交通規制
  • 被害の拡大防止
  • 各種犯罪の予防・検挙

等の活動を行ってまいります。

一覧に戻る

 Q3 大地震が発生したときに心掛けることは?

A3 災害発生時に警察では

  • 被災者の救出救助及び避難誘導
  • 行方不明者の捜索
  • 交通規制

などの活動を行いますので、ご協力をお願いします。
皆様方には特に次の5点についてお願いします。

1.まずは、落ち着いて、身の安全を確保しましょう。

  • 建物内では、出入口の確保(靴の用意を忘れずに)
  • 火災防止の措置に充分配意しましょう
  • 屋外では、落下物等に注意
  • ブロック塀、自販機など倒れるものに近づかない

2.避難する場合には、車は使用しないようにしましょう。走行中は、

  • 急ブレーキを避け、できるだけ安全に左側に寄せて停止
  • 路上に置いて避難する場合は、エンジンを切り、キーはつけたまま
  • 窓を閉め、ドアはロックしない

3.乗り物、地下街では、駅員、管理者等の指示に従い、あわてず落ち着いて行動しましょう。

  • 自分勝手な行動は、回避

4.デマ・流言飛語に注意しましょう。

  • ラジオ等で正しい情報を収集し、行動しましょう
  • パニック防止にご協力を

5.海辺・河口では、津波に対する警戒が必要です。

  • 地震を感じたら、すぐに高台へ避難しましょう
  • 津波は繰り返し押し寄せるので、警報が解除されるまで絶対に海辺に近づかないようにしましょう