犬山警察署  

ここから本文です。

活動レポート

takusi

タクシー強盗を想定した防犯訓練を実施!

2017年12月5日(火曜日)

犯罪が増える傾向がある年の瀬を前に、犬山警察署では愛知県タクシー協会と連携し、タクシーを狙った強盗などを想定した訓練を行いました。
訓練は実際のタクシーを使用し、客を装い乗車した犯人がタクシー運転手に対して刃物を突きつけ脅迫する想定で実施されました。
訓練に参加したタクシー運転手は、「緊迫した訓練でした。冷静に対応することが難しいと思いました。いろいろな場面を想定していきたいです。」等と話していました。

ionkunren

ショッピングモールで防犯訓練を行いました

2017年12月4日(月曜日)

管内のショッピングモールで従業員を対象とした防犯訓練を実施しました。犯人が従業員に対して刃物で切りつけるという想定で、買い物客を避難させ、犯人を店員が刺股やカートを使用して撃退し、現場に臨場した警察官とともに制圧するという訓練でした。
参加した店員からは、「臨場感あふれる訓練となりました。実際を想定した訓練が大切であるということをあらためて感じました。」等といった意見が聞かれました。

命の大切さを学ぶ教室

「命の大切さを守る教室」を開催しました

2017年11月30日(木曜日)

犬山警察署では、管内の中学校で次世代を担う中学生を対象に、交通死亡事故被害者遺族が講演者となり、子どもを亡くした親の思いや生命の大切さ等を直接語りかける「命の大切さを学ぶ教室」を開催しました。講演では「あいち交通犯罪死ZEROの会」の方が、娘を交通事故で亡くされた体験を語り、交通事故の恐ろしさや被害者遺族の思いや、悲しむ人が一人でも少なくなるよう、交通事故根絶への願いを訴えました。
講演を聞いた生徒からは、「遺族の方の話は心に響きました。交通事故に遭わないよう、命を大切にします。」等の感想が聞かれました。

狩猟解禁

狩猟解禁!猟友会とともに合同パトロール

2017年11月15日(水曜日)

犬山警察署は、管内にある狩猟区の狩猟期間の開始に伴い、狩猟事故がないよう犬山猟友会のメンバーとともに狩猟区域内の合同パトロールを実施しました。
パトロールに参加した猟友会メンバーは「事故のない狩猟や鳥獣保護のため、狩猟期間やルールを守りたいと思います」と話していました。
なお、狩猟期間は11月15日から2月15日まで(犬山市ではイノシシの狩猟に限り3月15日まで)です。

あつまれ犬山っこ

年末に向けた交通事故防止キャンペーンの開催!

2017年11月12日(日曜日)

犬山市民文化会館で開催されたイベントの会場で交通事故防止キャンペーンを実施しました。会場ではパトカーの展示や約束手形コーナーなどを設け、年末に向けた交通事故防止を呼びかけました。
会場に訪れた犬山っこたちは「交通ルールを守ります。」と元気いっぱい答えてくれました。

南部中学防犯講話

防犯講話に県警音楽隊がやってきた

2017年11月10日(金曜日)

管内の中学校で防犯講話を行いました。生活安全課の警察官が少年非行防止やサイバー犯罪防止について呼びかけを行いました。安易な気持ちで非行に走ってしまうと取り返しのつかないことになってしまうかもしれないという話しに、中学生は「気をつけて犯罪の被害者にも加害者にもならないようにしたい」と話していました。
防犯講話の後には県警音楽隊の演奏もあり、中学校の吹奏楽部と合同演奏も行われました。音楽隊の華やかな演奏、演技に中学生たちは拍手を送っていました。

nanbutyuu

管内の中学生が職場見学に来ました!

2017年10月26日(木曜日)

管内にある中学校の1年生8名が職場体験にやってきました。
将来は警察官になりたいという中学生たちは、警察の仕事について熱心に話しを聞いたほか、パトカーを見学したりして警察の仕事についてさらに理解を深めていました。将来は是非愛知県警察の警察官として一緒に働きたいですね。

年金受給日

ちびっ子警察官による特殊詐欺被害防止キャンペーン

2017年10月13日(金曜日)

年金受給日の10月13日、管内の金融機関において、ちびっ子警察官による特殊詐欺被害防止キャンペーンを行いました。警察官の制服を着たちびっ子たちは、金融機関を訪れた方々に詐欺被害防止を呼びかけたり、チラシを配布するなどの啓発活動を行いました。チラシを受け取った人は「詐欺被害に遭わないようあらためて気をつけます」と話していました。
電話口で「俺だけど風邪で声が変わった」、「携帯電話を落として番号が変わった」、「医療費の還付金があります」、「とりあえずATMに行ってください」等は詐欺のキーワードです。少しでもおかしいと感じたら、電話を切って警察に通報してください。

Kouanniinnkaiiinntyou

公安委員会委員長による警察署視察がありました

2017年10月13日(金曜日)

犬山警察署では立松公安委員会委員長による視察がありました。辻村署長からは管内の状況などの説明を行いました。立松委員長からは「犬山は観光名所がたくさんあったり、花火大会や年末年始の雑踏警備があり、大変だと思いますが、管内の安全と安心のために精一杯頑張ってください。」と激励がありました。

ニューフェイス

ニューフェイスをよろしく

2017年9月28日(木曜日)

このたび警察学校を卒業した男性警察官3名が犬山警察署に赴任しました。これから警察署をあげてこの3名を愛知県の「安心」と「安全」を守る一人前の警察官となるように育て上げていきます。若さあふれる彼らが活躍する日がやって参りますので温かい目で彼らの活躍を見守ってください。

死亡事故絶無

交通死亡事故の絶無を願って

2017年9月15日(金曜日)

9月14日、犬山警察署管内で本年3件目となる交通死亡事故が発生しました。事故の発生を受け当署では、交通死亡事故の絶無を願い、犬山市、扶桑町を始め本部第一交通機動隊白バイ部隊の応援を得て、交通安全出発式を行いました。出発に際し、署長が、「年末に向けて交通事故が多発する傾向にあります。これ以上尊い命を交通事故で落とすことがないよう皆さんの協力の下、全力で取り組んで行きます。」と話しました。

警察署協議会の開催

警察署協議会の開催

2017年9月11日(月曜日)

犬山警察署では、平成29年第3回犬山警察署協議会を開催しました。今回は「風水害対策」について協議し、自治体等と連携し身に迫った災害が発生することを想定した高齢者や外国人も含めての広報啓発活動を推進すること、風水害対策に関連した訓練を実施することとなりました。委員の方からは警察行政に対する要望や多くの意見をいただきました。今後の警察運営に反映させていきます。

災害訓練

大災害発生に備えて

2017年9月1日(金曜日)

犬山警察署では、「防災の日」の9月1日、巨大地震が発生したことを想定し、訓練や啓発活動を行いました。
当日は配備されている資機材の取扱訓練を行ったり、交通規制訓練・可搬式信号設置訓練などを行いました。また、犬山駅で元警察官で組織する「犬山警友会」の協力を得て啓発チラシなどを配布し、通行人に災害対策を呼びかけました。啓発用のチラシを受け取った人からは、「日頃から災害に備えたいです。」といった声が聞かれました。

2017地域安全大会

「2017犬山扶桑地域安全大会」を開催!

2017年8月23日(水曜日)

犬山警察署では、犬山扶桑防犯協会と共催で、地域の防犯力の向上を目的として扶桑文化会館で犬山扶桑地域安全大会を開催しました。当日は会場に多くの方が来場し、お笑い芸人や地元住民等が参加する劇団による防犯寸劇、愛知県警察音楽隊による演奏、愛知県警察広報大使「BOYS AND MEN」と署員による防犯トークショーが行われ盛り上がりました。
来場者の方からは「防犯に対する意識が高まりました。家に帰ったら近所の人にも話をしていきたい」といった声が聞かれました。

花火

「日本ライン夏まつり」の雑踏警備を実施しました

2017年8月10日(木曜日)

犬山警察署では県境木曽川で毎年行われる「日本ライン夏まつり納涼花火大会」の交通規制・雑踏警備を実施しました。
夏まつりは今年で38回目。川に浮かぶ台船からはおよそ3000発の花火が打ち上げられ観客の目を楽しませました。家族で観賞していた人は「犬山城のしゃちほこへの落雷や豪雨などがあったが、今年も無事に花火を眺めることができた」と笑顔をみせていました。

採用説明会

「2017夏 採用説明会 in 犬山警察署!」を開催

2017年7月20日(木曜日)

犬山警察署で秋の採用試験に向けた採用説明会を開催しました。当日は、高校生や大学生など警察官を志望する18人が参加しました。警察の仕事や採用試験について説明を行ったほか、警察官が使う装備品の展示や鑑識活動の体験、パトカーや白バイの見学や若手からベテランまでの警察官との意見交換会などを行いました。参加者からは、「実際に話を聞いてみて警察の仕事により関心を持つことができました。」「指紋採取もいろいろな方法があることを知った。体験もできて良かった。」「より一層警察官になりたいと思いました」といった感想が寄せられました。

キッズ本格お仕事体験

「キッズ本格お仕事体験」を開催!

2017年7月16日(日曜日)

犬山警察署では、管内の大型ショッピングモールにおいて「キッズ本格お仕事体験~警察体験」と題した体験型の広報を実施しました。日曜日ということもあり、多くの来場者がブースを訪れ、警察の仕事の説明を聞いたり、指紋採取、大声測定、チラシを配布する広報等々盛りだくさんの警察体験をしました。
参加した子どもたちからは、「警察官の仕事をたくさん経験ができた。楽しかった。大きくなったら警察官になりたい。」という声が聞かれました。

駐在所訪問

小学生の駐在所訪問

2017年6月14日(水曜日)

管内の小学4年生の児童が、社会科学習「くらしを守る」の授業の一環で池野駐在所を訪問しました。児童たちは駐在所を見学をし、駐在さんに「通学路で危険な場所はどこですか」「パトロールは一日何回やりますか」、「どこでどろぼうが多いですか」、「交通事故が多い場所はどこですか」などの質問をして「くらしを守る警察」についての勉強をしました。また、「大きくなったら警察官になりたい」という児童もいて駐在さんはとてもうれしかったと話していました。

不審者侵入訓練

不審者侵入対応訓練

2017年6月7日(水曜日)

犬山警察署では管内小学校で、学校内に刃物を持った不審者が侵入したという想定で不審者侵入対応訓練及び不審者に対する防犯講話を実施しました。
不審者侵入対応訓練では、先生が「さすまた」を使って不審者役の警察官を制圧する訓練を行い、同時に児童を体育館に避難させる訓練を実施しました。
小学生に対しては
「ついていかない」
「みんなといつも一緒」
「きちんと知らせる」
「おお声で助けを呼ぶ」
「にげる」
など「つみきおに」を交えたわかりやすい防犯講話を実施しました。

a

更生保護女性会と駅で防犯キャンペーンを行いました!

2017年6月13日(火曜日)

犬山更生保護女性会の皆さんと、毎月第2火曜日恒例のキャンペーン活動を、管内の鉄道駅で行いました。
駅を訪れた地元の方、観光の方を対象に、空き巣等に注意するように呼びかけました。
平日でも犬山駅は人通りが多く、たくさんの方にチラシや啓発品を受け取っていただくことができました!

山野草展

警察官OBによる山野草展を開催しました

2017年5月19日(金曜日)

5月11日から5月19日までの間、犬山警察署一階ロビーでは、警察職員によるOB会「犬山警友会」の園芸クラブのメンバーが、丹精込めて咲かせたランなどの山野草を展示し来庁者の目を楽しませました。
展示フロアーには「犬山けいさつからのおしらせ」「防犯宣言」など、多発する侵入盗防止のチラシも掲示し防犯広報も行いました。
来庁者には「きれいですね。私も昔作っていたことがあります。」「フラワーアレンジメントをやっているのでとても興味があります。」などと好評な展示会となりました。

セーフティレディズ

広報活動員「セーフティ・レディース」の委嘱

2017年4月19日(水曜日)

県下で多発する交通死亡事故抑止のため、犬山警察署では管内の7事業所の協力を得て、女性従業員の方を広報活動員「セーフティ・レディース」に委嘱し、様々な機会に交通安全活動のご協力をいただくこととなりました。
署長から委嘱状を受領の後、名鉄犬山駅において反射材やチラシを配布し交通事故防止を呼びかけました。セーフティ・レディースのみなさんは、「私たちの活動が交通死亡事故抑止につながるよう頑張ります」と意欲をみせていました。

わんまる交通大使委嘱

「わん丸君」を交通安全大使に委嘱!

2017年4月12日(水曜日)

犬山警察署では、犬山市公式キャラクターの「わん丸君」を交通安全大使に委嘱しました。今後は交通安全大使として、市内各地で行われる交通安全キャンペーンなどに積極的に参加をしていただく予定です。この日はさっそく犬山市役所で交通安全キャンペーンを行い来庁者には「わん丸君に会えて感激です。またこのようなキャンペーンで会いたいです」と大変好評でした。

防犯ネジ

防犯ネジ取付けキャンペーン

2017年4月4日(火曜日)

管内のスーパーマーケットで、ナンバープレート盗難防止用の防犯ネジ取付けキャンペーンを行いました。盗難にあったナンバープレートは空き巣などの犯人が移動手段にする車に取り付けたり、偽造ナンバーに使用されるなど悪用されることが多いため、来客者に注意を呼びかけ実際に防犯ネジの取付けを行いました。来客者は「これで安心して駐車できます」と話していました。

防犯パトロール

地域住民の方と防犯パトロールを実施しました!

2016年12月8日(木曜日)

年末の防犯キャンペーンの一環として、地域住民の方と年末の防犯パトロールを行いました。パトロールの出発式を行った後、参加者約100名で近隣住宅街をパトロールしました。活動に参加した住民の方からは、「住民と警察が一体となってパトロールをすることで防犯の意識が高まります。」といった声が聞かれました。