春日井警察署  

ここから本文です。

活動レポート

不二小4年春日井署見学

小学4年生の警察署見学

2019年6月4日(火曜日)

管内の小学校4年生の皆さんが春日井警察署に社会見学で訪れました。
見学中の講話では、交通事故撲滅ヒーロー「さぼてんマン」も駆けつけました。
交通安全についてや、連れ去り防止の合言葉「つみきおに」のはなしを聞いてもらいました。
警察官の装備品や白バイ、パトカーを近くで見たり、パトカー勤務員の話を聞いて、子供たちは「将来警察官になりたい」と目を輝かせており、その様子に警察官も元気をもらいました。

治安連絡会

春日井市長との治安連絡会の開催

2019年6月13日(木曜日)

治安連絡会を開催し、春日井市長と署長が意見を交換しました。
市長に最近の管内治安情勢や署の取組等について説明を行ったり、市長から署長に質問がされました。
市長からは「こうした連絡会はとても有意義ですね。今後も継続して行い、市民の安全につなげていければいいですね。」といった意見をいただきました。

合同訓練

合同緊急配備訓練

2019年5月22日(水曜日)

強盗などの重要事件発生に備えて、隣接の守山警察署、岐阜県多治見警察署と合同で緊急配備訓練を行いました。
訓練では、航空隊と地上の警察官が連携し、実戦さながらに犯人役の警察官を捕まえました。
安心・安全な春日井を作れるように日ごろからの訓練を通して近隣警察署と連携を強化していきます。

osu

子供の安全を守る防犯教室を開催しました

2019年5月16日(木曜日)

当署では、ご当地アイドルグループ(OS☆U)の皆さんを一日警察官に任命し、市内の小学校で行った「子供の安全対策のための防犯教室」に参加いただきました。
OS☆Uのメンバーとのトークショーと「防犯チームのぞみ」による子供参加型の連れ去り防止教室を行いました。
イベントの最後には小学校の代表児童から、毎日、子供の見守りに協力するボランティアさんへのお礼がなされ、ボランティアの皆さんと署員は子供の安全を守る決意を新たにしました。

シートベルト着用

『全席シートベルト・チャイルドシート着用キャンペーン』の実施

2019年5月14日(火曜日)

市内のショッピングセンターで『全席シートベルト・チャイルドシート着用キャンペーン』を行いました。
春日井交通安全協会員や交通安全指導員、老人クラブ等の方々と、来店されたお客さんに、チラシと啓発品を配り交通事故防止を呼びかけました。
車に乗ったら後部座席でも必ずシートベルトを着用し、小さな子どもにはチャイルドシートの利用を徹底して家族の命を守りましょう。

松山小学校

小学校4年生が当署を見学しました

2019年5月7日(火曜日)

管内の小学校4年生のみなさんが当署を社会科学習のため見学をしました。
子供たちは警察本部からの無線によるメッセージを聞いたり、連れ去り防止の合言葉「つみきおに」や「さぼてんマン」からの交通安全のお願いを一生懸命に聞きメモしました。
また、近くで見るパトカーや白バイ、警察官の持ち物に興味津々でたくさんの質問をしたりと、どの子も目をキラキラと輝かせながら警察官の話を聞いていました。

kenngaku

小学生が社会科学習のため当署を見学しました

2019年4月25日(木曜日)

管内の小学校3、4年生のみなさんが当署を見学し社会科学習をしました。元気なあいさつから始まった見学は警察本部からの無線によるメッセージを聞いたり、連れ去り防止の合言葉「つみきおに」や、「さぼてんマン」からの交通安全のお願いを一生懸命に聞きメモしました。
また、近くで見るパトカーや白バイに興味津々にたくさんの質問をしました。どの子も目をキラキラと輝かせながら警察官の話を聞いたり、県警シンボルマスコット「コノハけいぶ」との時間を楽しみました。

連協

交番連絡協議会を開催しました。

2019年4月22日(月曜日)

鷹来ブロックの交番連絡協議会を開催し、委員の皆さんから、日頃の地域活動の報告と成果の説明、当署からは、最近の犯罪発生・交通事故発生状況等を説明し、意見交換を行いました。
管内では「侵入盗」、「自転車盗」の発生が心配されます。侵入盗の防止には「窓サッシへの補助錠」、自転車盗の防止には「チェーン錠を使ったツーロック」が有効なことを情報共有しました。また、地域の方と連携した小学生の下校時における見守り活動についても説明しました。
皆さんも防犯対策を見直し、「安心」して暮らせる「安全」な春日井にしましょう。

mimamori

通学路の見守り活動の実施

2019年4月8日(月曜日)

管内の小学校で、新学期開始の下校時に合わせ、防犯ボランティア、学校、自治体等と連携して子供の見守り活動を行いました。下校時は、途中で友達と別れて一人で自宅まで帰らなければならない児童もいます。危険な場所を皆さんで発見し、地域一丸となって、子供の見守りを行わなければいけないことを再確認しました。

boushi

黄色い帽子及び防犯用ブザー贈呈式

2019年4月5日(金曜日)

市内の小学校で、「黄色い帽子及び防犯用ブザー贈呈式」が行われました。
一年生のみなさんに、春日井市長と春日井市教育委員会教育長、春日井警察署長から黄色い帽子と防犯ブザーが贈呈され、みんな笑顔で帽子をかぶり、ピカピカの新一年生になりました。
新年度となり、新しい環境で新しい生活をスタートする方が多いこの季節、例年交通事故も多くなっています。
一人ひとりが交通安全意識を高く持ち、交通事故に遭わないようにしましょう。

sabotenn

「さぼてんマン」が交通安全を呼び掛けました

2019年2月6日(水曜日)

交通事故撲滅ヒーロー「さぼてんマン」が、来署者に交通安全を呼び掛けました。「さぼてんマン」とは、
・「さ」左右の安全確認
・「ぼ」防衛運転
・「てん」早めのライト点灯
の交通標語の語呂合わせと「サボテンの町の春日井」をイメージしたキャラクターで、神出鬼没に現れます。今度はあなたの近くに現れるかもしれません!「さぼてんマン」は交通事故撲滅のために、市内の交通安全教室に出張いたします。お問い合わせは、当署交通総務係までお願いします。

mamemaki

交通安全節分キャンペーンを実施しました

2019年2月3日(日曜日)

管内寺院の節分祭で、交通安全キャンペーンを行いました。
署員と県警シンボルマスコット「コノハけいぶ」が交通安全を願って豆まきを行ったほか、参拝者に反射材を配布し、夜間の外出時の着用を呼び掛けました。
過去5年の交通事故を分析した結果、2月は夕方から夜間にかけて、歩行者が犠牲になる交通事故が多発する傾向にあります。夜間外出時は反射材を着用するなど、事故防止に努めましょう。

110bann31

「110番の日」広報活動

2019年1月13日(日曜日)

「110番の日」にあわせて、1月9日に管内の大学で広報活動を行いました。訪れた方に「110番の通報体験」をしていただき、110番の適正利用を呼び掛けたほか、「#9110」の広報、白バイ隊員によるオートバイトライアル、白バイとパトカーの展示、採用活動を行いました。
また、1月13日には「新春春日井マラソン大会」に参加し、来場した市民の皆さんに「緊急事案は110番、相談ダイヤルは#9110」を広報しました。