小牧警察署  

ここから本文です。

活動レポート

交通事故防止街頭キャンペーンの実施H291204

交通事故防止街頭キャンペーンの実施

2017年12月4日(月曜日)

年末の交通安全県民運動のメイン行事として、市役所での交通安全宣言に続いて、交通事故防止街頭キャンペーンを行いました。
現在、小牧市内の交通事故死者は2名です。一人ひとりが注意して交通事故死者ゼロを目指します。悲惨な交通事故をなくしましょう。

地元企業と連携した交通安全教室の開催H291127

地元企業と連携した交通安全教室の開催

2017年11月27日(月曜日)

管内の小学校で、地元企業と連携して、トラックを使った交通安全教室を開催しました。
全校生徒や先生が参加し、「トラックが曲がる時には、内輪差が生じて人が巻き込まれてしまうことがある」ことを、人形を使って実演したり、「運転席からは、人の姿が見えていない」場合があることを、死角の実験をして学びました。

H29交通事故防止啓発用DVD

交通事故防止啓発用DVDの制作

2017年11月1日(水曜日)

小牧警察署は、市役所と協力して、市民参加の交通事故防止啓発DVDを制作しました。DVDは、「高齢者」「自転車」「交差点」をキーワードとして、ドラマ仕立てになっており、市長や園児による交通安全標語なども収録しています。市役所と警察署で放映中です。

サポカー講習会290926

サポートカー体験講習会の開催

2017年9月26日(火曜日)

管内自動車学校で、高齢ドライバー60人に対して、サポートカー体験講習会を開催し、自動ブレーキ機能やアクセルとブレーキの踏み違えを防止する機能を体験してもらい、交通事故の防止意識を高めました。
「生活の足として車は欠かせないが、交通事故を起こすのも心配だったので、安心できる」といった声が聞こえていました。

こどもミュージアムトラック

トラックパレード

2017年9月22日(金曜日)

秋の全国交通安全運動の行事として、子どもが描いた絵でラッピングされたトラック2台が白バイやパトカーと共に、交通事故防止街頭パレードを行いました。
トラックには、小学一、二年生が描いた交通安全の絵が貼られており、署長が「描かれた絵を見て心を和ませ、家族を思う気持ちで、交通安全につなげて欲しい」と挨拶した後出発し、通行する車の運転者に交通安全を呼びかけました。

警察犬展示2908

体験型採用説明会の開催

2017年8月3日(木曜日)

将来、警察官や警察職員への進路に関心のある方及び保護者を対象とした体験型採用説明会を開催しました。
参加者は、中学生から社会人まで17名で、白バイや警察犬の展示、鑑識活動や逮捕術の体験、質疑応答など約3時間、警察官からの説明を受け、警察官等への志望を新たにしました。

交通事故防止街頭キャンペーン

交通事故防止街頭キャンペーン

2017年7月11日(火曜日)

夏の交通安全県民運動の始まりの行事として、交通安全指導員ら300人の参加を得て、交通事故防止街頭キャンペーンを行いました。
署長が「事故を1件でも減らせるように皆さんと一緒に取り組みたい」と挨拶した後、街頭で交通指導員らが「全席ベルト着用」「学童通行注意」などと書かれたサイン板を手に、通行する車の運転者に交通安全を呼びかけました。

青パト講習会

青パト隊への講習会の実施

2017年6月3日(土曜日)

ふらっとみなみ環境・防犯パトロール隊のみなさんに今後のパトロール活動に役立ててもらおうと、小牧市管内で被害が多発している犯罪を説明して、さらに犯罪にあわないよう防犯講話も行いました。