中川警察署  

ここから本文です。

活動レポート

20171017交通指導員会議

心にブレーキを!本年3件目の交通死亡事故発生!!

2017年10月17日(火曜日)

10月16日に、中川区で本年3件目となる交通死亡事故が発生したことから、交通指導員全員に緊急報告と自転車の交通安全指導強化を依頼しました。
本件は、自転車と自動車が交差点で衝突したもので、お互いに気を付けていれば防げた交通事故です。
交通事故を防ぐためには「交通ルールを守る」「危険を予知したら必ず止まる」等心のブレーキを忘れず、安全運転をお願いします。
※本件交通死亡事故の概要については、『お知らせ・ご注意』の「平成29年交通死亡事故発生速報!!」をご覧ください。

20171014nakagawakoronaannannaki

「中川安全・安心フェア」でPOLICE体験!

2017年10月14日(土曜日)

管内の大型アミューズメント施設におきまして、「中川安全・安心フェア」を開催しました。
大勢の来場者が訪れる中、屋外の特設会場で「親子鑑識体験」「ちぴっこ白バイ隊・パトカー体験」「防犯・薬物乱用防止広報」「ちびっこ広域緊急援助隊体験」等の警察ブースを設置し、駐車場で警察車両等の展示も行いました。
背筋を伸ばし“ちびっこPOLICE”になりきった我が子を前に、保護者等は何枚も何枚も写真を撮りながら目を細めていました。
また、鑑識体験コーナーでは、刑事ドラマのヒーローになりきった子どもたちは、真剣な眼差しでガラスビンについた指紋を採取するなどし、親子で安全・安心について学習するいい機会となりました。

20171012yakurutokousyuukai

交通安全で“まごころ”を!

2017年10月11日(水曜日)

飲料品の訪問販売を行っている企業におきまして、女性スタッフを対象とした交通安全講習会を開催しました。
営業の際、バイクや自転車で移動することから、生活道路での交通事故防止ポイントを講話し、併せて「あせり」「いかり」「ぼんやり」の気持ちが交通事故の要因となることも説明しました。
講話後、参加者から交通ルールに関する質問が相次ぎ、交通安全に対する熱意を感じました。

20171006ヨシヅヤ広報活動

夕方の買いものと交通安全

2017年10月6日(金曜日)

夕暮れ・夜間の交通事故をなくすため、大型ショッピングセンターにおきまして、夕方の買いものに訪れた方々を対象とした交通安全広報と反射材配布活動を行いました。
女性警察官が店内放送設備を用いて、反射材の着用やハイビームの活用による事故防止広報をするとともに、店内で高齢者や子どもを中心に「タックルバンド型反射材」を配布しながら、安全行動の実践を呼び掛けました。
受け取った方々は、その場で反射材を身に付け、交通安全を約束してくれました。

20171004港校講習会

交通弱者に思いやりを

2017年10月4日(水曜日)

名古屋市内の自動車学校におきまして、管内の交通事故実態を知ってもらうために、交通課長が学校職員を対象とした交通安全講習会を行いました。
中川区内では、歩行者が交通事故に遭うケースが目立っており、安全運転のためには運転に関する知識と技能だけでなく、ドライバー自身の心身の健康や交通弱者に対する思いやりが重要であること等を講話しました。
ドライバーは、心にゆとりを持って「歩行者優先」の実践をお願いします。

20171004懸垂幕

「行ってきます」「ただいま」を当たり前に

2017年10月4日(水曜日)

例年、秋から年末にかけて交通事故が多発することから、当署正面に設置された広告塔の大型懸垂幕を新調し、「行ってきます ただいま言うまで 交通安全」の標語を10月1日から掲げ、交通安全を呼び掛けています。
県内では「行ってきます」と元気に出かけ、時間になったら「ただいま」と言って帰ってくるはずの日常が、突然の交通事故によって奪われております。
道路を利用されるすべての人は、大切な人を悲しませないためにも、交通ルールを必ず守り交通安全に努めてください。

20170928出光リテール講話

「す・こ・し」の注意で交通事故防止!

2017年9月28日(木曜日)

「秋の全国交通安全運動」の期間中に、管内の企業で交通安全講習会を開催しました。
管内で発生した交通事故事例を示し、ドライバーは走行時「す=スピード」「こ=交差点」「し=車間距離」に注意を払うことが、交通事故防止につながることを講話しました。
ドライバーは漫然と運転することなく、安全運転の徹底をお願いします。

20170928ネッツトヨタ

明るく優しく交通事故防止!

2017年9月28日(木曜日)

自動車販売店、中川区役所と協働で、夕暮れ・夜間の交通事故をなくすため「秋の全国交通安全運動~マチホタルキャンペーン~」を実施しました。
今年、管内で重大交通事故が発生した路線におきまして、通行車両のドライバー等に対し、「早めのライト点灯」「夜間のハイビーム活用」「歩行者優先」等を呼び掛けました。
交通安全啓発品を受け取ったドライバーは「明るさと優しさで交通事故防止ですね」と答えてくれました。

20170926あいおいニッセイ

交通安全“反射シール”で脱ワースト!

2017年9月26日(火曜日)

9月26日、27日の両日、損害保険会社、中川区役所と協働で高畑交差点におきまして、交通安全広報啓発キャンペーンを実施しました。
歩行者や自転車利用者に対し、愛知県警察のシンボルマスコット“コノハけいぶ”の絵柄が入った反射シールを配布ながら、夜間の交通事故防止を呼び掛けました。
日没時刻が日増しに早くなる季節ですので、夕暮れ・夜間は反射材を活用し、ドライバーから目立つように努めましょう。

20170924西中島、八幡敬老会

ご安全に、ご長寿を

2017年9月24日(日曜日)

「敬老会」の席上で、高齢者を対象とした交通安全等の講話を実施しました。
西中島学区では、夕暮れ・夜間の交通事故防止を図るため、歩行時には明るい服装と反射材を着用すること、道路では「とまる」「みる」「まつ」の安全行動を実践することを呼び掛けました。
また、八幡学区では、交通事故や特殊詐欺被害の実態を説明し、「自分だけは事故に遭わない」「自分だけは大丈夫」等他人事と考えないよう注意喚起をしました。

20170923玉川キャンペーン

地元住民等が“歩行者優先”をアピール!

2017年9月23日(土曜日)

「秋分の日」の澄んだ空の下、国道1号で行った交通安全キャンペーンに、玉川学区の住民等が参加しました。
児童から高齢者までの幅広い年齢層の方々が、“歩行者優先”と書かれたハンドプレート等を掲げ、走行車両のドライバー等に交通安全をアピールしました。
観光や行楽に適したシーズンですが、車両を運転する際は速度を控え、歩行者を優先し、交通事故防止を心掛けましょう。

20170923露橋学区ふれあい

ヘルメットと保険で万一の事故に備えよう!

2017年9月23日(土曜日)

「ふれあい給食会」におきまして、高齢者を対象に交通安全講話を行いました。
10月における交通事故防止のポイントとして、自転車事故の多発月であることの注意喚起とヘルメットの着用や反射材の活用等を呼び掛けました。
併せて、名古屋市では、条例で10月1日から「自転車損害賠償保険等」への加入が義務化されることの周知も行いました。
出席者は関心が高く、自転車安全利用について多くの質問がありました。

20170921トラック協会

ストップ・ザ交通事故~秋の全国交通安全運動の実施~

2017年9月21日(木曜日)

「秋の全国交通安全運動」の初日に、運動の始まりと交通事故の絶無を呼び掛けるため、管内のトラック協会の支部、中川区役所と協働で、交通安全広報キャンペーンを行いました。
交通課長が、県内で発生した交通死亡事故事例と運動の目的、重点等を説明した後、高畑交差点におきまして、洗濯用洗剤の啓発品を配布しながら「スピードダウン!安全運転を心がけましょう」と呼び掛けました。
受け取った方は微笑んで「汚れとスピードを落とします」と答えてくれました。

20170920ゼロの日八幡小学校

通学児童に最大限の配慮を!

2017年9月20日(水曜日)

「交通事故死ゼロの日」の早朝に、中川署副署長、中川区交通安全協会長が地域の方々と通学中の児童の見守り活動を行いました。
集団登校する児童は、交通安全教室で学習したとおり、元気よく手を上げて安全な横断方法を実践していました。
ドライバーの方々は、児童・生徒を見かけましたらより慎重な運転に努め、子どもが安心して安全に通学できるよう、最大限の配慮をお願いします。

20170918港校シルバー

地域交通安全活動推進委員が“ドラレコ”体験

2017年9月18日(月曜日)

「敬老の日」に安全運転を再確認するため、隣接する自動車学校におきまして、「中川区地域交通安全活動推進委員」の高齢者を対象としたドライバーズスクールを開催しました。
交通課長から、高齢者の交通事故事例や高齢ドライバーの傾向に関する講話等の後、ドライブレコーダーを搭載した教習車で定められたコースを走行しました。
そして、各グループの運転状況をドライブレコーダー動画で確認しながら、安全運転について意見交換を行いました。
参加者からは「自分の運転イメージとは違っていた」、「安全確認が不十分であった」等の感想が寄せられました。
また「誤発進防止システム」の作動状況を見学し、操作ミスによる事故の防止についても知識を高めました。

交番見学

小学生が交番見学で来訪

2017年9月19日(火曜日)

中川区内にある小学校の2年生児童が中島交番を見学に訪れました。
児童たちから交番員に対し、「交番にはどんな設備があるの。」「一番大変なお仕事は何ですか。」等の素朴な質問がありました。
また、パトカーについて、「110番で事件事故が入れば、赤色灯をつけ、サイレンを鳴らして現場に急行します。」といった交番員の説明にも熱心に耳を傾けていました。
児童たちからは、「初めてパトカーに乗った。」「お父さんの車とは違うね。」といった声がありました。

20170915昭和橋交通少年団

交通少年団が交通安全を呼び掛け!

2017年9月15日(金曜日)

9月21日から9月30日まで実施される「秋の全国交通安全運動」に先駆け、昭和橋交通少年団や地域住民等が交通安全広報キャンペーンを行いました。
交通事故多発路線である国道1号沿線におきまして、「歩行者優先」のハンドプレートを活用し、ドライバー等に対して交通事故防止を呼び掛けました。
また、交通少年団員が2台のパトカーに分乗し、国道1号や太平通を中心に「夕暮れ、夜間の交通事故防止」「高齢者の交通安全」「飲酒運転根絶」等の交通安全広報を行ったところ、スピーカーから響く子ども達の呼び掛けに、周りの大人たちは微笑んで応えてくれました。

20170914常盤小ネッツ名古屋

自動車販売店と協働の交通安全教室を開催!

2017年9月14日(木曜日)

管内の小学校におきまして、自動車販売店と協働による体験型交通安全教室を開催しました。児童たちは、交通事故に遭わないための交通ルールを学習した後、自動車の特性や仕組みの説明を受けました。
自動車が曲がるとき、前輪よりも後輪が内側を通過する“内輪差”の実験では、人に見立てた風船が後輪にひかれ、激しく破裂する様子に、児童は驚きの声をあげていました。続いて自動車の死角体験等を行った後、「マチホタル」のマスコット反射材を参加児童に配布しました。
受け取った児童は、交通ルールの遵守と安全行動の実践を校舎に響く大声で約束してくれました。

20170914豊治連協

交通事故抑止、防犯活動の強化を!

2017年9月14日(木曜日)

豊治交番連絡協議会を開催し、委員の方々に対しまして交通事故や犯罪等の情勢について説明しました。
冒頭で、宇佐美警察署長から「国道1号と国道302号が交わる交通の要所であり、娯楽施設等も存在することから、交通事故や車上ねらい等の発生が目立ちます。警察も日夜警戒していますが、地元からの注意喚起も強化していただきたい」旨の呼び掛けをしました。
その後、各課の担当者から交通事故抑止や防犯等について、具体的な事例説明とその対策について情報提供をしました。
出席された委員から「地元の実態を知るため、今後も情報提供を受けたい」との意見がありました。

20170912富田フィール

一人ひとりが交通ルールを守ろう!

2017年9月12日(火曜日)

大型ショッピングセンターにおきまして、区役所、交通指導員と協働で交通安全広報活動を行いました。
買い物に訪れた方々へ、「交通死亡事故多発警報」発令の周知と“ながら運転”の禁止、高齢者の交通事故防止等を呼び掛けました。
交通事故を他人事と思わず、一人ひとりが交通ルールを必ず守り、交通事故をなくしましょう。

20170912JR東海

「交通死亡事故多発警報」発令の周知と危険予測のポイント

2017年9月12日(火曜日)

9月21日から実施される「秋の全国交通安全運動」に先駆け、管内の企業におきまして交通安全講習会を開催しました。
交通課長が、9月4日に発令された「交通死亡事故多発警報」発令の周知をはじめ、県内の交通事故事例を説明しながら、危険予測のポイントを指導しました。
漫然運転は交通事故につながりますので、ドライバーは気を引き締めて安全運転の徹底をお願いします。

20170908野田小学校

自転車安全利用と高額損害賠償

2017年9月8日(金曜日)

管内の小学校におきまして、全校児童を対象に、自転車の乗り方を中心とした交通安全教室を実施しました。
児童にとって自転車は身近な乗りものですが、交通ルールは絶対に守らなければなりません。
自転車であっても、交通事故で相手を死傷させれば、裁判で高額な損害賠償を命じられることがあります。
先ず、大人から自転車安全利用の見本を示し、児童が交通事故の当事者にならないよう教えましょう。

20170908千音寺ふれあい給食会

「めったに事故に遭わない」は危険シグナル!

2017年9月8日(金曜日)

「ふれあい給食会」におきまして、交通事故防止と防犯の講話を実施しました。
まず、「交通死亡事故多発警報」の発令に合わせ、薄暮時・夜間と道路横断中の交通事故防止に反射材の活用を呼び掛けました。
そして、何よりも「めったに交通事故や犯罪被害に遭わない」と考え、注意を怠ることが最も危険なシグナルであることを伝えました。
大切な命や財産を守るため、油断しないようお願いします。

20170907合同会議改

交通事故をなくそう!「安協・安管合同役員会議」の開催

2017年9月7日(木曜日)

警察署におきまして、中川区交通安全協会と中川安全運転管理協議会の合同役員会議を開催しました。
その席上で宇佐美警察署長から、交通死亡事故多発警報の発令を踏まえ「交通事故をなくすためには、交通違反をなくすことが不可欠です。取締りは警察官しか出来ませんが、皆様には積極的な交通安全活動への参加をお願いしたい」旨のあいさつがありました。
その後、交通課長が県内の交通事故事例や事故防止のポイント等の説明をし、交通事故の絶無と「秋の全国交通安全運動」の盛り上げを依頼しました。
出席した役員等は大きくうなずき、最大限の協力を約束しました。

20170904校長会

「秋の全国交通安全運動」と「交通死亡事故多発警報」の周知

2017年9月4日(月曜日)

中川区内の小学校・中学校等の学校長会におきまして、交通課長が子どもの交通事故防止に関し、9月21日から9月30日まで実施される「秋の全国交通安全運動」の周知と協力依頼を行いました。
加えて、本年2回目の「交通死亡事故多発警報」発令にともない、教職員を含めた交通事故防止を呼び掛けました。
交通事故をなくすには、すべての方が交通事故の多発に危機感を持ち、安全行動を実践することが不可欠です。

20170901補助車反射材

歩行用補助車にも反射材を!

2017年9月1日(金曜日)

運転免許証の自主返納手続きに訪れた高齢者の「歩行用補助車」に、夜間の交通事故防止のため反射シールを貼付しました。
秋から年末にかけては日没時間が早くなり、夕方以降における高齢歩行者の交通事故が多発する傾向にあります。
小さな反射材でも、車に存在を知らせ交通安全に役立ちますので、皆様も反射材の活用をお願いします。

20170824豊治富永ふえあい給食会

9月は日没後の歩行者事故が多発!

2017年8月24日(木曜日)

ふれあい給食会におきまして、高齢者の交通安全講話を行いました。
毎年9月は、日没後に高齢歩行者が交通事故に遭うケースが多発するので、外出する際は明るい服装と反射材の着用を呼び掛けました。
また、参加者全員に“うろこ模様”の反射材を配布し「夜間でもぶつからずに泳ぐ魚のように、皆さんも安全行動をお願いします」伝えたところ、納得した面持ちで反射材を握り締めていました。

20170821高杉東

自転車安全利用と“ながらスマホ”の禁止

2017年8月21日(月曜日)

管内の交差点で、自転車利用者を対象に「自転車安全利用」と「ながらスマホ」の禁止を呼び掛ける広報活動を実施しました。
便利な機能を備えたスマートフォンですが、操作しながら進行することで交通事故につながるおそれがあります。
自転車利用者も交通ルールを守り、モラルを高めましょう。

20170821下之一色交番連協

「自分は大丈夫」~交通事故を招く危険な心理~

2017年8月21日(月曜日)

下之一色交番連絡協議会におきまして、管内の治安情勢をはじめ交通安全、防犯、防災についての説明を行いました。
県内の交通死亡事故事例を示し、慣れた道でも必ず交通ルールを守り、安全行動をとるよう呼び掛けました。
危険に対して正しい判断をせず「自分は大丈夫」と考える心理を“正常性バイアス”と呼び、誰もが陥りやすい心理状態だそうです。
交通事故防止はもちろんですが、防犯、防災についても正しく行動し、被害に遭わないようにしましょう。

防犯CSR活動への後援

2017年8月14日(月曜日)

中川警察署の後援で、中川区内の郵便局が防犯CSR活動として協賛企業を募り、振り込め詐欺の被害防止を訴える「かもめ~る」を作りました。
企業等100社が協賛し、8月14日から16日に中川区内の14400世帯へ配布しました。

20170810荒子観音

交通事故が無くなりますように

2017年8月10日(木曜日)

管内の寺院で行われました縁日の機会を捉え、参拝に訪れた高齢者等を対象とした交通安全講話を実施しました。
歩行者の交通事故防止のため「横断中は注意」「自宅付近で多発」「夜間は明るい服装に反射材の着用」と呼び掛けたところ、お集まりになった方々はその場で反射材を手に取り、着用していました。
そして、講話の後に本堂で手を合わせ、交通事故が無くなるように願掛けをしている様子でした。

20170810松葉公園交差点

「ながらスマホ」は歩行者も危険!

2017年8月10日(木曜日)

管内の主要交差点におきまして、「ながらスマホ」の危険性を呼び掛ける広報キャンペーンを実施しました。
自動車や自転車はもとより、歩行者の「ながらスマホ」も周りへの注意が疎かになることから、交通事故につながるおそれがあります。
また「スマホ」に気を取られ、ひったくりや痴漢等の犯罪被害に遭う危険性も高まりますので、ご注意をお願いします。

20170805濃尾倉庫運輸

Don’t 『ながら運転』

2017年8月5日(土曜日)

運送会社の役員等を対象とした交通安全講習を行いました。
交通事故情勢とともに、スマートフォン使用等による「ながら運転」の危険性について講話しました。
「ながら運転」は「わき見運転」となることに加え、両手でハンドルを握っていないことが「合図不履行」や「ハンドル操作不適」等の要因にもなって、交通事故を招くことを説明しました。
ドライバーの方は、ハンドルとともに『命』を握っていることを忘れないでください。

20170804明正優遊クラブ

油断大敵!“慣れた道”

2017年8月4日(金曜日)

老人クラブの方々を対象とした交通安全講話を行いました。
中でも自転車の安全利用に対する関心が高く、自転車の交通ルールをはじめ、「ヘルメットの着用」や「自転車損害賠償保険」等について熱心に聞かれていました。
そして、高齢者の交通事故は自宅付近で多発してるため、“慣れた道”こそ気を付けるよう呼び掛けたところ、参加者は「油断せず、必ず安全確認をします」と約束してくれました。

20170803技能実習生

『交通安全』は世界共通!

2017年8月3日(木曜日)

外国人の技能実習生を対象とした交通安全講習を実施しました。
外国語の広報チラシを活用して、日本の交通ルールや自転車の安全利用を指導したところ、交通ルールは国により異なるものの、交通安全に対する思いは世界共通です。
万人が交通ルールを守り、交通事故のない社会を目指しましょう。

20170726採用説明会

警察官を志す君へ

2017年7月26日(水曜日)

警察署におきまして、警察官採用試験の受験希望者を対象とした「警察採用説明会」を開催しました。
講堂では、警務課長から交番を中心に活動を行う『地域課』や、災害等で集団警備力を発揮する『特別警戒隊』についての説明と、鑑識係員の指導による指紋採取体験を行いました。
また、駐車場では交通機動隊OBで組織する『署フェニックス』による白バイの技能走行を実施した後、警察車両の展示、乗車体験を行いました。
猛暑の中、保護者の方々も参加し、多くの質問をされた後、「厳しい職業とは思いますが、子どもが決めた“志”を応援します」と話していました。

※愛知県警では、将来警察官となって我々と一緒に働いてくれる若者を大募集しています。
警察官という職業に興味をお持ちの方は、是非、警察官採用試験の受験をご検討ください。

20170726八熊八幡連協

お盆時期は、高齢者の交通事故にご注意を!

2017年7月26日(水曜日)

八熊交番・八幡交番の合同連絡協議会を開催し、その席上において、県内の交通事故情勢と8月における交通事故防止のポイントについて説明しました。
例年、お盆の連休明けは暑さや疲れから気が緩み、交通事故が多発する傾向にあります。
統計的には高齢歩行者が被害に遭いやすいので、ドライバーの方々は高齢者を見かけましたら、思いやり運転をお願いします。

20170721子ども自転車愛知県大会

子ども自転車愛知県大会で奮闘!

2017年7月21日(金曜日)

「第52回交通安全子ども自転車愛知県大会」が港区のイベントホールで開催され、中川署管内小学校の児童が出場しました。
競技では他校の児童等が注目する中、緊張しながらも練習で学んだことを思い出し、一生懸命頑張りました。
大会の後も、自転車安全利用の模範となって「交通安全の輪」を広げてください。

2017071802

犯罪イヤの日の活動

2017年7月18日(火曜日)

毎月ボランティアの方々と行っている犯罪イヤ(18)の日キャンペーンで、高畑駅、八田駅、一色新町周辺で自転車のツーロック活動、振り込め詐欺防止啓発活動を行いました。
自転車には「ツーロック」、詐欺には「留守番電話」の対策をして、被害にあわないようにしましょう。

20170720市立工業高校教室

交通事故の加害者と被害者

2017年7月20日(木曜日)

管内の高等学校におきまして、夏休みの直前における交通安全教室を開催しました。
まず、自転車の交通違反と罰則を説明した後、実際に生徒の代表が違反走行をし、なぜ禁止されているか体験してもらいました。
更に、万一交通事故を起こした場合は、負傷者を救護し、必ず警察へ通報する等指導しました。
終わりに、多くの交通事故は交通違反が要因であるので、交通ルールを必ず守り加害者や被害者にならないよう伝えたところ、生徒は暑さを忘れ、真剣な眼差しで聞いていました。

20170719タクシー中川会

飲酒運転ゼロ!シートベルト・チャイルドシートの着用100!

2017年7月19日(水曜日)

「夏の交通安全県民運動」を盛り上げるため、タクシー協会、区役所と協働による「飲酒運転ゼロ!シートベルト・チャイルドシートの着用100(パーセント)!」関所作戦を実施しました。
管内の交通事故多発路線において、停止した車両のドライバーに対し「飲酒運転根絶」と「全席シートベルト・チャイルドシート正しく着用」のチラシを啓発品とともに手渡しました。
受け取ったドライバーから「みんなが『禁止』と『義務』を守れば、交通事故もなくなるのに」との意見が聞かれました。

20170720荒子小学校横断旗

安全を願う黄色の旗

2017年7月20日(木曜日)

管内の小学校におきまして、児童に対する交通安全のお話をしました。
宇佐美警察署長が交通事故に遭わないために、横断歩道を横断するときは左右の安全確認や車が止まってから横断することを指導しました。
加えて、同日から荒子学区が用意した「黄色の横断旗」について、活用方法の説明と身近な高齢者にも活用してもらうよう呼び掛けました。
児童は長い夏休みの始まりにワクワクしながらも、無事故で過ごせるよう集中して聞いていました。

20170718富田フィール

つけて安全、あなたを守る反射材!

2017年7月18日(火曜日)

管内の大型スーパーにおきまして、区役所、交通指導員と協働で「反射材普及キャンペーン」を実施しました。
買い物に訪れた方々に、タックルバンド型反射材を着用してもらいながら広報したところ、腕に輝く思わぬプレゼントに高齢者等は微笑んで反射材の活用を約束してくれました。

20170718トラック協会高畑

県内100人目の交通死亡事故発生!!

2017年7月18日(火曜日)

高畑交差点におきまして、トラック協会名古屋第四支部、区役所と協働による「交通安全キャンペーン」を実施しました。
活動に先立ち、交通課長が前日に発生した県内100人目となった交通死亡事故概要の説明と、交通事故抑止活動の強化について依頼しました。
交差点では、通勤・通学のために行き交う人々に対し、交通安全啓発品を配布しながら交通事故に遭わないよう呼び掛けました。
皆様も交通ルールを必ず守り、交通事故の悲劇を繰り返さないようお願いします。

20170715玉川学区

暑さと交通事故を吹き飛ばそう!

2017年7月15日(土曜日)

交通事故多発路線である国道1号において、玉川学区の住民等が猛暑の中「交通安全キャンペーン」に参加しました。
横断幕で「交通安全運動実施中」をアピールしながら、サインボードを活用し「飲酒運転根絶」や「シートベルト着用」等をドライバーに向けて呼び掛けました。
参加した方々は玉のような汗をかきながら「気合を入れて、暑さと交通事故を吹き飛ばしたい」と元気良く答えてくれました。

20170711常盤幼稚園

チャイルドシートで守る子どもの命!

2017年7月11日(火曜日)

「夏の交通安全県民運動」の初日に管内の幼稚園におきまして、園児と保護者に向けて、「シートベルト・チャイルドシート」の着用徹底を呼び掛けました。
幼児が車外に放出され死亡した交通事故事例を講話したところ、保護者の方々は交通ルールの遵守が、子どもを守る術であることを痛感している様子でした。
子どもを乗車させる際は、チャイルドシートの正しい着用を徹底しましょう。

20170710荒子小学校保護者

児童を見守る保護者の方々へ

2017年7月10日(月曜日)

管内の小学校におきまして、児童の見守り活動を行っている保護者の方々を対象に、交通安全研修会を開催しました。
見守り活動を行う上で最も大切なことは、ご自身が事故に遭わないことであり、そのためには周囲からよく目立つことと周囲をよく見ることが重要です。
皆様の地道な活動が、地域の安全と児童の安心につながっていますので、十分な注意をお願いします。

20170710交通少年団キャンペーン

交通少年団が告げる「夏の交通安全県民運動」

2017年7月10日(月曜日)

7月11日から10日間実施される「夏の交通安全県民運動」の周知を図るため、「昭和橋交通少年団」の児童が学区の大人たちと協働で、一足早い交通安全キャンペーンを行いました。
交通事故多発路線である国道1号でドライバーに対し、サインボード、横断幕を活用して「飲酒運転根絶」や「シートベルト着用」等をアピールしました。
また、パトカーに同乗し、車載のマイクを握り交通安全広報を行ったところ、参加した団員は頬を染めながら、「おまわりさんになったみたいでうれしかった」と話していました。

合同業務説明会

愛知県警察官募集!!

2017年7月9日(日曜日)

中川警察署・昭和警察署は、自衛隊、名古屋市消防局、名古屋入国管理局、名古屋矯正管区と合同で千種区内のホールにおいて合同業務説明会を行いました。当日は、各職種への就職を考えておられる沢山の若者にご参加いただきました。警察官という職業は、県民の皆さんの安心・安全を守るとてもやりがいのある仕事です。警察官の仕事に興味がある方は、是非、警察官採用試験の受験をご検討ください。将来、私達と一緒に元気に働いてくれる皆さんを職員一同お待ちしております。

20170704校長会

夏休みを無事故で過ごそう!

2017年7月4日(火曜日)

中川区内の小学校・中学校等の学校長会において、交通課長が7月11日から10日間実施される「夏の交通安全県民運動」の周知と「夏休みにおける児童・生徒の交通事故防止」を呼び掛けました。
夏休みは、子どもの活動範囲が広がることにより、交通事故に遭うことが心配されます。
学校だけでなくご家庭におきましても、夏休みを無事故で過ごせるよう交通安全指導をお願いします。