愛知県精神保健福祉センター


精神保健福祉センターとは

当センター相談来所者の作品(ドールハウス)県民のこころの健康の向上と精神障害者の福祉の増進を図るための専門機関です。保健所や市町村と連携して地域精神保健福祉活動を推進します。精神科医師、精神科ソーシャルワーカー、臨床心理技術者、保健師などの職員が協力して仕事をしています。(根拠法令は精神保健及び精神障害者福祉に関する法律第6条に基づき精神保健福祉センター運営要領が定められています。)

精神保健福祉センターのサービス内容のご案内

1.サービス内容等

(1)企画立案

主管部局及び関係機関への精神保健福祉に関する施策等の企画立案を行っています。

(2)普及啓発

こころの健康について、県民の理解と意識を高めるために、関係機関・団体が実施する普及啓発活動に協力をしています。パンフレットを作成し広く配布したり、ビデオ等を関係機関に貸し出しています。

県民の方が参加できる催しについては、お知らせコーナーで随時情報提供していますのでご覧ください。

(3)技術援助

精神保健福祉に携わる関係機関が行っている相談や事業に対して技術的な援助を行っています。地域支援計画援助、個別事例援助、事例検討会援助、パイロット事業援助などがあります。

(4)人材育成

精神保健福祉に携わる保健所、市町村、障害福祉サービスを行う事業所等の関係機関や関係職員の方たちの知識や技術の向上を図るための研修会などを開催しています。

(5)組織育成

県単位の精神保健福祉関係の組織育成に協力しています。社会復帰施設、家族会、ボランティアなどの交流会の活動の支援をしています。

(6)調査研究

地域精神保健福祉活動を推進するために必要な調査研究を行うとともに、精神保健福祉に関する統計及び資料を収集・整備・提供して、関係機関が効果的に活動できるようにします。

(7)精神保健福祉相談

心の健康を守るため、個別相談や家族教室、グループ活動などを行っています。
詳しくは相談案内

(8)精神医療審査会

入院届・病状報告等の審査や退院請求等入院中の精神障害者の処遇審査にかかる審査会事務を行います。

(9)自立支援医療(精神通院)制度・精神保健福祉手帳の判定業務

自立支援医療(精神通院)及び精神障害者保健福祉手帳の判定に関する事務を行います。

2.サービスに対するご意見、ご要望へは次の方法でお答えします。

(1)ご意見、ご要望がありましたら、職員へお申し付けいただくか、電話、ファックス、手紙等でもお受けします。

(2)いただきましたご意見、ご要望で改善できるものは速やかに対処します。対処できない場合や対応に時間を要する場合は、2週間以内にその理由を添えてご返事いたします。

3.精神保健福祉センターから県民の皆様へ次のご協力をお願いします。

(1)精神保健福祉相談は全て予約制になっておりますので、予約をしてから来所してください。

(2)名古屋市在住の方は、名古屋市精神保健福祉センターに相談してください。

4.精神保健福祉センターへの連絡先は次のとおりです。

〒460-0001 名古屋市中区三の丸3-2-1 東大手庁舎

電話番号:052-962-5377  FAX番号:052-962-5375

所在地と連絡先へ

体制図

このページの先頭へ