ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > くらし・安全・環境 > 人権・男女共同参画・女性の活躍促進 > 女性の活躍促進プロジェクト > 「輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会 行動宣言」への大村秀章愛知県知事の賛同について

「輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会 行動宣言」への大村秀章愛知県知事の賛同について

「輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会 行動宣言」への大村秀章愛知県知事の賛同について

 この度、内閣府がサポートする「輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会(※1)」が策定・公表した「行動宣言(※2)」に、大村秀章愛知県知事が賛同し内閣府のホームページに掲載されます

 愛知県では、「女性が元気に働き続けられる愛知」の実現をめざし、「あいち女性の活躍促進プロジェクト」に引き続き全庁を挙げて取り組み、女性の活躍を強力に推進してまいります。

 

(※1)

<輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会>

 平成26年3月28日、首相官邸で開催された「輝く女性応援会議」を契機に、輝く女性・輝こうとする女性たちを応援する各界のリーダーたちによるムーブメントとして、女性の活躍推進に積極的に取り組んでいる企業の男性リーダー9名により発足

同年6月27日に「輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会」行動宣言を公表

 ○メンバー (所属・役職は当時)

  ・ 青井 浩氏((株)丸井グループ代表取締役社長)

  ・ 青野 慶久氏(サイボウズ(株)代表取締役社長)

  ・ 伊藤 秀二氏(カルビー(株)代表取締役社長兼COO)

  ・ 大宮 英明氏(三菱重工業(株)取締役会長)

  ・ 駒崎 弘樹氏(認定特定非営利活動法人フローレンス代表理事)

  ・ 佐久間 英利氏((株)千葉銀行取締役頭取)

  ・ 櫻田 謙悟氏(NKSJ ホールディングス(株)CEO / (株)損害保険ジャパン取締役社長)

  ・ 長谷川 閑史氏(武田薬品工業(株)代表取締役社長)

  ・ 藤森 義明氏((株)LIXIL グループ代表執行役社長兼CEO)

 

(※2)

<輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会 行動宣言>(別添)

 「自ら行動し、発信する」「現状を打破する」「ネットワーキングを進める」の3項 目からなり、男性リーダーが様々な女性の意欲を高め、その持てる意欲を最大限発揮で きるよう、具体的に取組んでいくことを宣言

女性の活躍促進に向けた本県の主な取組

○平成27年度「あいち女性の活躍促進プロジェクト」事業概要

 「女性が元気に働き続けられる愛知」の実現をめざし、平成25年9月に副知事をリーダーとする部局横断組織である「あいち女性の活躍促進プロジェクトチーム」を設置し、働く場における女性の「定着」と「活躍」の場の拡大を図るため、7つの課題ごとに必要となる事業を「あいち女性の活躍促進プロジェクト事業」として全庁を挙げて実施

課題1 女性の活躍に向けた気運の醸成

・あいち女性の活躍促進会議の開催

・あいち女性の活躍促進サミット2015の開催

・女性の活躍企業認証及び奨励金の支給

・女性の活躍促進サイトの開設

課題2 保育サービスの一層の充実

・放課後児童クラブの整備促進

・病児・病後児保育促進モデル事業の実施

・病院内保育所の運営費への助成

課題3 ワーク・ライフ・バランスの推進

・あいちイクメン応援会議・イクボス養成講座等の開催

・ファミリー・フレンドリー企業の普及拡大

・イクメン応援キャラバンの実施

課題4 女性の再就職及び起業の支援

・あいち子育て女性再就職サポートセンターの運営

・看護職員の再就職支援(ナースセンターのサテライト展開)

課題5 女性の人材育成強化及び職域の拡大

・女性管理職養成セミナーの開催

・モノづくり女子の育成支援

・農業分野における女性起業家の育成

課題6 女性のキャリア形成のための環境整備

・男性管理職向けワークショップの開催

課題7 進路選択の支援

・理系女子進路選択支援シンポジウムの開催

・キャリア教育の推進

○女性職員の活躍促進(県職員)

 ・平成26年2月に、女性職員のさらなる活躍の実現に向け、県庁全体で実効性の高い取組を進めるため「女性職員の活躍促進に向けた取組指針」を策定

 ・平成27年3月に、職員が仕事と子育てを両立し、もてる能力を最大限に発揮できるよう「職員の子育て応援プログラム~仕事と子育てが両立できるよう職員みんなで応援します~」を策定

輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会 行動宣言

問合せ

愛知県 県民生活部 男女共同参画推進課
女性の活躍促進グループ
担当:風岡、則武
内線:2544、2497
ダイヤルイン:052-954-6657

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)